FC2ブログ

真田信之「一首吟ずれば金をくれようぞ」

2012年03月21日 21:51

353 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/21(水) 16:02:31.65 ID:KxEtJOQ+
ある時真田信之の近習児玉三助という者が紙子の服で出仕したことがあった。
信之がそれを咎めると、三助は小身ゆえに絹布を調えることもできないと答えた。

そこで信之が「一首吟ずれば金をくれようぞ」と言うと
三助は「いにしへの鎧にまさる紙子には、風のいる矢は通らざりけり」と高吟した。
「約束の金をくれよう」と小判五枚を遣わしたが三助は「約束と違いまする」と言う。
何が違うという信之に三助は「はじめには金を九両と有りしかど、その場になりて五両けんかな」とやり返した。
「くれよう(くりゃう)」と「九両(くりゃう)」を掛けたわけである。

「なるほどそうであった」と打ち興じた信之はさらに四両を遣わした。





355 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/21(水) 16:23:18.56 ID:UDDredp/
>>353
五両じゃなかったらどう返してたのか気になるな

356 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/21(水) 16:24:37.38 ID:+HX7vOm6
>>353
まとめにあったのと同じかな

357 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/21(水) 16:27:54.93 ID:Z16l+VIV
>>353
あの・・・屁理屈で金たかってません?(笑)
しかもその歌、熊谷直実さんだよね?
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    そこであげちゃう信之さんはさすがの器量人だwww

  2. 人間七七四年 | URL | -

    概出ネタですな

  3. 人間七七四年 | URL | m.2.LkcQ

    やっぱ仕えるならお兄ちゃんだね。
    これが鬼ぃちゃんだったら、
    「よし、ならば金を供養!」ズバッ「ギャー!」
    ってなコトになってただろう。
    いや、そもそも「一首」の意味が違ってたか。
    「一首斬じれば金で供養」ズバッ「ギャー!」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    おにいちゃん「うん…じゃあこれで九両ね」
    サンスケ  「約束と違いまする」
    おにいちゃん「えっ」
    サンスケ  「これで二首になりましたゆえ、十八両に相成りましてござりまする」
    おにいちゃん「えっ」
    サンスケ  「苦労して九両を倍にふやせども給料やすき身では空寥」
    おにいちゃん「えっ」
    サンスケ  「一朱銀で頂戴つかまつる」
    おにいちゃん「えっ」
    昌幸    「ほほう見事じゃのう…では儂からは黒金(の刃)をくれようぞ」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    頼朝「9両とはせこいのう、わしなら美濃尾張をくれてやるぞ」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    兼続「足りない分は地獄の閻魔様のところにあるので貰ってきてくれ(ズバッ」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    利常「金がほしいとな?」
    モゾモゾ…

    政重「義父上、やっぱ直江の家督ください」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    信之さんて普段は倹約家だけど、戦働き頑張った部下への褒美とかは奮発してたって何処かで見た気がする

  9. 人間七七四年 | URL | -

    雪下「金を九両? 否、『金より栗よ』と言うたのじゃあ フーハハハハハハハ!!!」
    宗茂「逃げて!三助超逃げてぇぇぇ!!」

  10. これが利家だったら「本当にあげると思ったの?馬鹿なの?アフォなの?」的な事を言って金をしまい
    呆れた松に「あんたって本当に…(-_-;)」と白い目で見られた事だろう。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※3吹いた

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >しかもその歌、熊谷直実さんだよね?
    「吟じろ」だから自作を詠めってことじゃなくね?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6268-0a663a85
この記事へのトラックバック