FC2ブログ

武士としての心得を取り違えた者ども

2012年03月30日 21:44

456 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/30(金) 19:01:39.08 ID:Aj8EpCTf
山本常朝
『土山茂右衛門、大木次太夫、石井伊左衛門の四人が連れだち、
川上実相院の如法経会に参詣した。
川上宿の鉄タク長左衛門なる相撲取りも弟子数人を連れ参詣していた。
四人が相撲取りの弟子どもと口論となり、
相手が大勢であったのでフルボッコにされたうえ、
茂右衛門と弥市右衛門は棒で傷を負わされた。
この事件が知れて取り調べられ、
四人ともそれぞれの一門にお預けとなった。
次太夫は茂右衛門に、
「このままでは武士の面目が立たない。
明日明けきらぬうちに仕返ししたい」
と手紙した。
二人は明朝に屋敷を抜け出し長左衛門のところへ仕返しをしかけた。
二人は長左衛門の屋敷へ押し掛けて、
「茂右衛門、次太夫、仕返しに参った。出合え」
と、呼び掛けると家の中から、
「弟子はここにはいないがオレが相手をする」
と、長左衛門が裏口から出てきた。
そこを待ち受けていた茂右衛門が討ち果たした。
そして、
「喧嘩相手は数人いたので相手が誰かわからん。
こうなれば川上宿じゅう残らずなで斬りにしてくれる」
と大声で気を放ったので、他に出てくる者はいなかった。
両人は仕返しを果たして帰った。(1/2)

457 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/30(金) 19:11:29.42 ID:Aj8EpCTf
両人は仕返しを果たして帰った。
後日、茂右衛門と弥市右衛門は切腹。
次太夫は浪人、伊左衛門は閉門ときまった。
茂右衛門は手腹の願いを出して、
左の片腹へ刀を突き立てたとき、
向こう側にいた者が、
「深く突き立てると、腸が出て見苦しくなる。浅く立てられい」
と声をかけられた。
茂右衛門は笑って、
「その方は万事に詳しい情報強者だが、腹を切ったことはまだなかろう」
と答えた。
介錯は中島七左衛門。
茂右衛門は、刀を右に引き回そうとしたが、
回りきらなかったが、七左衛門がエイと気合いをかけ、
その勢いで茂右衛門は引き回したという。
このときの殿の考えは、如法経会の参詣に、
四人とも脇差だけで行ったのは、
武士としての心得を取り違えた者どもであるということだったそうだ』(2/2)




458 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/03/30(金) 20:31:34.92 ID:mt8S84+M
いい話なのか-?

459 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/03/30(金) 20:36:35.39 ID:Aj8EpCTf
私の主観ではいい話です(笑)
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    殿様は武士としての心得を取り違えた者と評価したけど、常朝さんと陣基さんは仕返した彼らに、なにか感じるものがあったから葉隠に収録したのだと思う

  2. 人間七七四年 | URL | Dj3FGJNU

    まさに「士道不覚悟」ってやつだな
    本来はその場で刀を持って返り討ちにすべきところを
    脇差一本ゆえそれができなかったと
    切腹の理由が明らかに傷を受けて帰ってきたからだし
    仕返しして相手を討ち果たしてもも一人は浪人ですんでるしね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    江戸時代前半の武士は本当にタチが悪い
    戦バカから戦を取り上げたらどうなるかが良く分かる

  4. 人間七七四年 | URL | -

    こういう苛烈な面が、常朝の時代にすでに時代遅れとみなされてたから、葉隠が禁書扱いされたんじゃないかな。
    常朝の時代って多分戦国の風紀が薄らいできたころだと思う(青年時代に元禄時代に入っている)。
    それが人間らしくなった事でもあるけど、常朝としては組織や武士の弛緩と映ったんだろうね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >土山茂右衛門、大木次太夫、石井伊左衛門の四人
    と言いながら3人だけだったので、後から弥市右衛門
    が出て来たので、ちょっと混乱したw

    しかし、武士と言えどやはり中々勝てない程力士の力
    が強かったってのは凄いな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    「武士たるものいついかなる時(主に門番に止められた時)にも迅速に対処(殺して放置)しろよ」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >6の武蔵さん
    いえ、貴方は特殊過ぎますからw

  8. 人間七七四年 | URL | aNn4.8kc

    幕末新撰組も相撲取りとトラブってたな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6290-0ebcbf21
この記事へのトラックバック