FC2ブログ

立花道雪・矢音について

2012年04月01日 21:31

514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 14:12:53.25 ID:ZV3FBf7J
四月一日なので、こんなお話を。あ、内容は実際にあるものねw


戸次鑑連(立花道雪)の家臣はみな弓法の心得が深かったが、中でも
四月一日(わたぬき)長蔵、佐藤十三郎、藤村小十郎がその上手とされた。
ある時この三人がうち寄って、矢を当てた時のことについて語り合っていた。

四月一日(わたぬき)長蔵が言うには、「私は26・7間(約50メートル)離れた鳩を、さし矢でもって
『ひゃうふっ』と射殺したぞ!」

次に佐藤十三郎が言うには「私は昨日、屋根にいた雀を、18間(約33メートル)離れた場所から
ふくら矢をもって『ひゃうっは』と射殺したるぞ!」

最期に藤村小十郎は「それがしも、桜馬場にて四寸角(の杭)を、18間離れた場所から剣先の鏃の矢でもって、
矢七筋のうち六つを『ひし』と当てました。そのうち五つは角に当てましたぞ!」

戸次鑑連はこの会話を物ごしに聞いていて、それぞれの矢音の表現がまるで違うことを面白く思い、広間に出ると、
主君が出てきたことに三人はその座を下がって畏まった。
鑑連は彼らにこんな話を始めた

「お前たちが弓の上手であり、細密に命中させる技術を磨いていること、大変良いことである。今後もいよいよ
稽古をして欲しい。ところで先ほどのお前たちの話の中で、矢音の表現が三人とも違っていたな。
しかし、人の聞いている所でそのように間違った事を言っていては恥となる。平家物語などの表現を、
きちんと使って言うべきである。お前たちは記憶力がよく一度聞いたことは忘れない者たちだ。
このついでに習いなさい。

矢音の事は、剣先の鏃の矢で物を射て命中したときは『ひゃうっは』と表現する。射抜いた場合も同様である。
外れたときは『ひゃうする』という音を発したと言う。

狩又の鏃の矢で物を射て当たった場合は『ひゃうふっ』という。射切った場合も同様である。
外れた場合は『ひゃうすか』と言う。

鏑矢にて物を射た時は『ひゃうふっ』と言う。外れた時は『ひすつと言わずして』と言う。

矢頭にて当たった時は『ひゃうし』と射たと言い、外した時は『ひゃうすか』と言う。
矢頭に挟み物をして射た時は『ひゃふはた』と射たと言う。外れた時は『ひすっ』と言う。

四目の鏃にて物を射当てたのは『ひしと射て』と言う。外れは『ひすっと外して』と言う。

匹目の鏃で物を射て当てた場合は『とき射て』と言う。笠懸の矢音、『へし』と射て、と言う。小的の矢音は
『ふしと射て』と言う。三つ的も同様である。大的の矢音は『はたと射て』と言うのだ。

この様な事も、専ら侍の知るべきことである。よくよく覚えておくように。」

これに三人は、殿がこのように親しく座に来てお教えいただき、本当に忝い事だと大いに喜んだという。
(大友興廃記)

しかし矢音だけでこんなに種類があるのですね。こんなの覚えなきゃいけないというのも、
お侍も大変だw


関連
立花道雪、弓を教える
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5521.html


515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 14:23:10.29 ID:bSnAl1rL
外れをスカという語源かな

519 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 16:33:12.72 ID:MJ/ZJQnF
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5521.html
こっちでは四月一日の名前はないけど

522 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 19:24:10.11 ID:Yhiv/g4y
元弓道部だが矢音にこれだけの種類が有ったとは知らなかった・・・

523 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 19:42:44.84 ID:hZbxTPZh
>>514
当たった!


 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   ひゃぅふぅぅぅううぅううっ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||

524 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 21:18:37.42 ID:6RCFa9yw
信玄公『ひゃうっは』

525 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 21:27:50.55 ID:fj+OnCsL
鳩「ぎゃーーー」
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    「ひゃう」が風切り音で、「はっ」「する」が命中音なのかな?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    古田織部「擬音を使うな」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>524が「ひゃっはー」に見えた俺は間違いなくこのスレに毒されてるな…

    しかし道雪てこういう擬音使うイメージないから、ちょっと意外だわ
    殿いつで脳内再生したら、余計にイメージできない

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ひゃうっは が ひゃっはあに見えた

  5. 人間七七四年 | URL | -

    後半、あまりの事に茶ぁ吹いたwww

  6. 人間七七四年 | URL | -

    覚えきれない(´;ω;`)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    似たような話を見た気がする
    たしか、小姓達が弓の腕自慢(ホラ)をしていると、どうも擬音がおかしいので、雷神様が本当はこういう音がするよって言ったみたいな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ひゃっはーが真っ先に思い浮かんだよ…
    もうだめだ俺www

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    関連リンクの「立花道雪、弓を教える」では

  10. 人間七七四年 | URL | -

    なるほど
    矢音がヒャッハーと聞こえたら
    それは死亡フラグということか

  11. 人間七七四年 | URL | -

    この各表現は、当時の日本語の語呂が少なくての表現方法
    だったのでしょうか?

    現代のメディアで出てくる、「シュパやスパーン」「ヒュー」
    等の表現を作った先人達って、以外に凄い事だったりしてw

  12. 人間七七四年 | URL | t4BXKsVg

    音の表現といえば、時代劇で刀で斬るときのあのズバッという音。作るために人を斬るわけにもいかないし、野菜を斬ってあの音を編み出したという先人は凄いものだ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    与一「よっぴいで ひゃふ(ひょう)とはなつ」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    逸話自体は知ってたけどこんなに微妙すぎる違いを羅列してたのかw

  15. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱや教科書にあった那須与一を思い出すなあ

  16. 人間七七四年 | URL | ZXFTkmVo

    515が言ってるけど、スカの語源なのかな?
    漫画でも、それこそ矢が外れた時なんか横に「スカッ」て書いてあったりするけど
    そんな歴史のあるオノマトペだったなんて

  17. 人間七七四年 | URL | -

    道雪「何?道が分からぬとな…、あぁそこへはな、この道をグーッといって奥の十字路を右へバーッと曲がってそのまま建物の間をスゥーッと抜ければつくはずじゃ。」

  18. 人間七七四年 | URL | -

    長島じゃないんだからw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6293-453af782
この記事へのトラックバック