北条氏政「関八州無双の剛民である。」

2012年04月02日 21:31

497 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/04/01(日) 20:31:18.29 ID:Lws+kWvc
1571年、北条軍が対陣していた佐竹義重の軍勢による夜襲を受けた際、戦場となった地の農民の一人が
北条方として参戦し、敵の首を取る武功を立てた。そこで氏政は、この農民を

「関八州無双の剛民である。」

と称賛し、『岩井兵庫助』の名前と領地を与えて武士に取り立てた。またこの戦いでは、

「北条軍の武士に助太刀して敵を倒したが、その武士に首を奪われた。」

と訴える農民もおり、氏政はその農民にも褒美を与えるとともに、

「農民ですらこの様な心構えをしているのだ。諸士も自らを省みて恥じ入るであろう。」

と語って家臣を戒めたという。農民から首を奪った武士は恥をかく事となったが、戦勝で機嫌の良かった氏政は

「若輩の身に加え、初陣でもあるから褒めて遣わす。真っ先に切り込んだのは手柄である。」

と声をかける心構えを見せたという。 氏政が部下にプロ意識の徹底を促した逸話である。




498 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 21:04:45.40 ID:e+pB7/I0
戦国の農民は怖いな

499 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 21:24:55.44 ID:i+qru6Cu
宣教師に戦闘民族と書かれたのも納得。

500 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 21:55:36.84 ID:8VnEpluP
合戦の度に落ち武者狩りが跋扈するからなぁ

501 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 22:10:07.17 ID:hZbxTPZh
秀吉の九州攻めの真っ最中に、たまたま少数でいた秀吉の兵を襲った命知らずな百姓たちがいた、と
フロイスさんが書き残している

502 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 22:28:52.09 ID:MKDuo9Yq
戦国期の百姓なんて山賊と紙一重だもんな

503 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 23:21:57.46 ID:WVnUks5a
七人の侍でも農家の床の下から武器も鎧も酒もどんどん出てくるもんな(笑)
あの映画の時代設定は戦国時代末期だったっけ?
久蔵と菊千代カッコいい
観てない人は是非観たほうがいいと思う
黒澤明の代表作とされるだけのことはあるから

504 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 23:25:29.73 ID:ZV3FBf7J
百姓に限らず、京都市民も合戦で没落した側に対し、隊列を組んで襲いかかることもあった。
まあ戦国期の日本人はみんな危険だということだw

505 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/01(日) 23:33:49.03 ID:WHFrz//e
農民は日和見菌みたいなもんだし
普段は中立だが弱っていると牙をむく

506 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/02(月) 00:24:13.71 ID:WdOtsat7
貴重な収入源だもの
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    収入源というか、現地民は農地荒らされてたりするからその代償みたいなもんだろ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >戦闘民族
    どこのサイヤ人だよ…。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    農民は武士から虐げられるか弱い存在・・・
    そう信じていた時期が私にもありました・・・・

  4. 人間七七四年 | URL | -

    日本の農民って昔から統治者泣かせの酷い奴らだからな。

    平安時代「税重すぎ、ワロエナイ。だから荘園に逃げ込むお!」
    鎌倉時代「なんか武装したらいつの間にか武士になってました。税取りたきゃ力尽くで取ってみろや」
    南北朝~室町時代「ヒャッハー! 今日も楽しく一揆だぜ~」
    戦国時代「俺たちを守ってくれないような能無しには税納めてやんねぇwwwあ、落ち武者さんの首は容赦無く刈らせてもらうんでよろしく」
    江戸時代「農村では一揆、都市では打ちこわし。これが最近のトレンド。あんまし俺たちに暴れられると殿様も困るんだろ? 減税よろしくwww」

    なんてむかつく奴らなんだ・・・。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    現代のサラリーマンにはヒャッハー精神が足りないのか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    サラリーマンは武士階級だと騙されてるから一輝しないんだよ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    農民は弱者のようによく言われるけど、
    落ち武者狩りはもちろん、
    村単独で隣村攻めるとかよくやってたらしいなー

  8. 人間七七四年 | URL | -

    つまり気に食わないスレに攻め込むVIPPERはネット農民か

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >4
    農民一揆は、現代の感覚でいうと、ストライキとかサボタージュに近い。労働事件よろしく法廷闘争もありで、文書がいろいろ残ってる。
    ただ、江戸時代には、農具として火縄銃があって(害獣駆除用)、農民側の方が、そこらの藩より大量の武器弾薬をもっていたりした。
    だから、藩側は、普段、火縄銃の届け出をさせておいて、一揆が起きたときは、火縄銃の所有者を集めて一揆に参加させないようにしたり、火薬の販売を禁止したりして、結構気を使っていた。
    まあ、農民側の火縄銃と云っても、人に向かって撃つわけではなくて、威し用や合図のために空砲を撃ったそうだけど。このため、藩側も銃撃戦は避けたそうな。まともにやったら負けるから。
    ただ、一例だけ、藩側が、誤って農民側を撃った例があって、それはもめにもめたそうな。
    この統制に失敗して、農民側が火縄銃を持ち出して銃撃戦になっちまったのが、明治時代の秩父事件。まあ、このときは、村田銃vs火縄銃で勝負にならなかったけど。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    朝廷には北面の武士、社家も武装、仏家も武装、農家も武装・・・戦闘民族すぎる

  11. 人間七七四年 | URL | -

    501の農民の末路が気になる

  12. 人間七七四年 | URL | -

    *8
    水争いで隣村に殴り込みとか江戸時代にもあったしな
    そこ!昭和でもあったとか言わない

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    日照りになると雨じゃなくて血の雨が降るて言われていた様な気が。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※4、9
    しかし「自分たちが政権を奪おう」という革命には繋がらなかった不思議
    さしもの戦闘農民も官軍には適わないってことなのだろうか…

  15. 人間七七四年 | URL | -

    米14
    加賀の一向一揆が国人領主倒してるでしょ

  16. 人間七七四年 | URL | wZ.hFnaU

    米15
    むしろ国人地侍が加賀一向一揆の構成員

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    その百姓たちの村の男性300人が斬首、道に首を晒されたそうだ。

  18. 三 | URL | -

    このころの常陸は農民とはいえ武装している。
    武士と変わらないし、いくつもの領主と主従関係を結んでいたりする。

    というか、これ史料的にはあやしいけどね。
    江戸時代に家系図を偽造したときにエピソードを創作した可能性が高い。

  19. 名無しさん | URL | -

    ※6
    あぁ。すげぇ納得いくw 確かにそうだな

  20. 人間七七四年 | URL | -

    農民だって聖人君子じゃないから家系図捏造もするだろうな

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    サンクス。
    揺るぎないラスボスクオリティ・・・と一瞬思ったが
    まぁ天下人襲うんじゃ秀吉じゃなくとも苛烈な処置にはなるか。

  22. 人間七七四年 | URL | -

    勝って居る軍でも小荷駄に付けた兵を追撃に回したら、手薄になったのを狙って百姓一揆に奪われいるからなあ。
    負け戦だと落武者狩から逃れるのが大変だわな。よく関ヶ原から維新公達は少数しか生き残れ無かったのに大坂の屋敷迄辿り付けたもんだ。有栄さんや中馬さん凄かっただな。

  23. 人間七七四年 | URL | -

    ※21
    村人全員根こそぎ始末するんじゃなくて男手300人に止めた時点でむしろ配慮を感じる

  24. 人間七七四年 | URL | -

    今年不作だから皆で隣国に略奪に行くけど、お殿様、武将貸してくれよ武将!
    とか上訴する農民が出てくる始末だからな、戦国日本は・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6297-82d97897
この記事へのトラックバック