FC2ブログ

淀は密かに城を抜け出し友人の秋元長朝の陣を訪れ

2012年04月13日 21:34

淀殿   
626 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/04/12(木) 23:36:53.15 ID:oLfSKLbh
大坂城落城前夜、淀は密かに城を抜け出し友人の秋元長朝の陣を訪れ命を乞うた。
長朝はこれを認め自身の領地である総社に兵糧を運ぶ部隊に淀を紛れさせ送り出した。
淀が総社の地に辿り着くと秋元の手厚い庇護の下、総社の地で何不自由なく暮らしたという。
そんな幸せな日々が続いていたある夜のこと、何を思ったのか淀は一人城を抜け出し、
フラフラと利根川へと向かって行った。
そして利根川の土手の上に立つとそのまま、身を投げて死んでしまったという。
身を投げた理由について地元では、
豊臣家に対する良心の呵責に苦しみ絶望したため身を投げた、とする説や
淀の美貌にハァハァした秋元長朝が無理矢理淀を犯したため、
これを恥じて身を投げた等、さまざまな説が伝わっているのだそうな。

さすがに二人の年齢的に後者の説は無いと思うが…




627 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/13(金) 03:36:56.45 ID:DncWcSEU
元北条家臣で井伊の赤鬼旗下に入った人と淀にどんな接点が?というのは無粋か


628 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/13(金) 12:33:41.86 ID:rYeLWVbw
秋元さんのご近所で、淀の側室仲間の成田の甲斐姫が介在すればなんとか・・・

いやそれも苦しい

629 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/13(金) 14:54:36.55 ID:bhWIZuFB
その淀どののお墓が建っているお寺には、淀どのが使った駕籠と着物があるそうな
いったい誰のものなのやら

630 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/13(金) 15:00:51.27 ID:vO0ydZH9
それ、うちのかあちゃんの、というのはさておき、
生前にそのお寺とか近所に行き来があれば、雨とかで汚れた時のために
着物と駕籠を置いておくというのはあったかもしれない。

淀お茶々は盛大に寄進しまくっているので
そういうお寺は多そうだけど、徳川治世になったあとでもゆかりの品を
とっておいてくれるお寺というのはなかなか。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    側室の淀殿(茶々)の逸話はこうしてポツリポツリと見かけるんだけど
    正室の高台院(ねね)の逸話って、秀吉と家臣の前で関西弁?で喧嘩したって以外は見ないなぁ
    不仲説ある淀殿とも実際は仲良かったっぽいし、もう少し何かないかなぁ
    ここに載ってたかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    尾張弁だぎゃ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    まあ、豊臣家ゆかりの女性がいて自殺した、まではあるかもね。
    尾ひれがついて淀殿ということになっただけで。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    淀は地名であって、「淀殿」で初めて人を指す呼称だろ。

    淀が人名だと勘違いしてるのか?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    日本にはキリストの墓があるくらいですしねw

    ここで死んだとかいう逸話があると宣伝になるんでしょうかねえ
    今では町おこしのネタになってますが

  6. 人間七七四年 | URL | -

    まあ、淀の侍女、ってところが真相だったりして。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6321-756e2b8d
この記事へのトラックバック