FC2ブログ

虎姫の戦い

2012年04月26日 21:14

841 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/25(水) 20:57:25.11 ID:sev6+b2r
虎姫の戦い

賤ヶ岳で有名な鬼玄蕃・佐久間盛政が滅んだ時、一人娘である虎姫が残された。

盛政を高く評価していた秀吉は、この虎姫の結婚の仲立ちをした。
結婚相手は何と、その佐久間盛政が賤ヶ岳においてその陣を急襲し討ち死にさせた中川清秀の次男、
中川秀成であった。
秀成の兄、播州三木城・6万6千石の中川秀正が文禄二年(1594)、朝鮮水原城のほとりで
鷹狩りをしていたところを毒矢で射かけられて没すると、秀吉は秀成に家督を継ぐことを
認めると同時に、この結婚を命じたのだ。

中川家では佐久間盛政との戦いで、清秀を始めとして多数の死者を出したこともあって、この結婚に
大いに不満であったが、秀吉の命には逆らえず、秀成は虎姫を迎えた。

しかしこの夫婦の仲は至って良く、嫡男久盛をはじめ、多くの子宝に恵まれた。

慶長15年(1610)1月、7人目の子を妊娠した虎姫は、夫・秀成に願い事をした

「もし今度の子供が男子ならば、その子に盛政の佐久間家を継がせたいのです。」

はたして生まれた子は男子であった。ところが虎姫は産後の肥立ちが悪く、間もなく死んでしまう。
しかし秀成は妻との約束を守った。彼は生まれた子を内記と名付けると、これを佐久間盛政の弟、勝之
(鬼玄蕃の弟たちのその後http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6335.htmlこの話の佐久間源六)
に養子に出した。勝之はこの甥を養育し、元服すると『佐久間勝成』を名乗らせ、自分の娘と結婚させた。
ここに盛政流佐久間家の復興は成った。

この後、この新生佐久間家は中川家の親族衆として存続、明治まで至る。

余談だが、虎姫は息子である嫡男の中川久盛にも一つ頼みごとをしていた。それは父、佐久間盛政
菩提寺を建立して欲しい、ということであった。

彼も母の死後、その約束を果たした。その菩提寺の名は『英雄寺』という。


佐久間盛政の娘、虎姫の、佐久間家のための戦いであった。





842 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/25(水) 21:26:20.78 ID:esZJkMB/
またもイイ話

映画化されてもいいくらいだと思うが
賤ヶ岳の戦犯にされてるから
あまり世間受けしないのかな?

843 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/25(水) 21:41:29.74 ID:GEiclbes
シエや山内妻の活躍なんかが捏造されるのに比べて
こういう実際にあった女性の働きが埋もれるのはもどかしいな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱり三英傑と深く関わる(江や茶々)か、夫を内助の功で支えて出世させる(まつや千代)女性でないと厳しいのかなぁ……
    個人的には今川の寿桂尼、武田の北条夫人、龍造寺の慶ぎん尼、島津の梅窓院あたりの地方のマイナーな女傑も結構面白いと思うから、もっと逸話増えて欲しいんだけどな……

  2. 人間七七四年 | URL | -

    滋賀県に虎姫駅があるけど、この人だったのね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    米2
    別人ではないでしょうか。滋賀の虎姫の由来である虎御前の話は伝承とか神話のようなものですよ。
    「虎御前と世々開長者の物語」でググると読めます

  4. 人間七七四年 | URL | -

    やる夫真田家 であった話だね。あれはユーモラスながら実にいい話にまとめ上げていた。
    出自のせいで播磨三木・豊後岡ともに領国へ行くことは叶わなかったけど夫・子供が彼女を大事にしたことが伝わるいい逸話ですね。
    後、上※であるけど中川清秀って賤ヶ岳の戦犯扱いされていましたっけ?秀吉も清秀の奮戦は激賞していますし、秀長・高山右近の援軍躊躇を非難していたような。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    賤ヶ岳の戦いの戦犯扱いってのは佐久間盛政ではないかと
    小瀬甫庵の息子が前田家の家臣だったから、「甫庵太閤記」で敗戦の責任を
    前田利家の裏切りから佐久間盛政の突撃にすりかえたとかなんとか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    虎姫が良妻賢母だからこそ為しえた佐久間家復興と父の菩提寺建立だったわけだね.

  7. 人間七七四年 | URL | -

    字面と良妻そうな様子から虎子で想像してしまった

  8. 人間七七四年 | URL | -

    何と言うか、因果は巡るものなんだ
    後は受け取りかた次第だよ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    虎姫駅の由来の虎御前山は小谷城真っ正面の山で、小谷城攻めの時に織田信長が本陣にしたところ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    しかし英雄寺とかいう恥ずかしい名前はどうなんだ?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    大河ドラマは一年やるからそれなりに捏造しやすい人の方がやり易いんじゃないか
    一年で様々な女傑のオムニバス、とかでも面白いと思うけどね
    まあ色んな意味で金がかかるからやらないと思うが

    こういう話も知られるようになるといいな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    佐久間の人間は律義で健気よなぁ…

  13. 人間七七四年 | URL | -

    大河化決定

    するわけないか

  14. 人間七七四年 | URL | sO.jHPec

    ちょっと涙出た@当方女

  15. 人間七七四年 | URL | -

    でも確かこの奥さん、中川の領地にはなかなか行けなかったんじゃなかったっけ
    戦のならいとは言え大激戦で死者多数出した相手の娘ってことで、中川の領地に連れて帰ったら「事故」が起きかねないと旦那の判断だったらしいけど…

  16. 人間七七四年 | URL | bH1htKmU

    これ、虎姫は勿論凄いと思うけど…旦那と息子も偉いよな

    律義にかみさん、おっかさんの願いを叶えた訳だし、なかなか出来ない事だよな~

    何せ、自分の娘の嫁ぎ先攻め滅ぼす人がいる時代だもの…あの人よりかはちょっと後の事だけど

    おや、誰だか知らないけど、お茶ありがとー

    ちょうど喉ガ…ガ…

  17. 人間七七四年 | URL | -

    「ほう、それで二人の初夜の様子はどうだったのですかな?」

  18. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    *10
    盛政の法名「英叟晟雄」からとってるかららしいよ
    *15
    やっぱり清秀の奥さんがかなり嫌っていたみたいで京屋敷に留まってたそうな

  19. 人間七七四年 | URL | -

    >※17
    正信「正純。これ以上、本多の恥を晒すでない」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    英雄寺といい
    虎姫という名前といい
    某作品を想像したのは私だけでいい
    でも、そのネタ抜きで本当にいい話だな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6355-aec5cc42
この記事へのトラックバック