FC2ブログ

毛利元就・土竜攻め

2012年04月28日 21:07

881 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 19:51:20.78 ID:3opbs+Zy
石見銀山の支配権を巡り、毛利氏と尼子氏が激しく争っていた永禄2年(1559)2月、毛利元就は次男・吉川元春に、
尼子に味方する小笠原長雄の居城・温湯城の攻略を命じた。

しかし、信濃守護家の流れを汲むという長雄の篭る要害は、元春の猛攻をも弾き返し、長男隆元・三男隆景そして
元就自身までもが温湯に出陣、毛利家総出で攻城に当たる事態に陥った。

「父上、申し訳ございませぬ・・・!」
「よい、元春。このまま、お前も攻め手に加われ。かくなる上は土竜攻めじゃ。金掘り衆をもって山腹を掘り進め、
城の本丸まで抜け穴を作り、一気に内側より奇襲をかけよ!」

元就号令のもと、石見銀山の鉱夫が集められ、連日に渡り坑道が掘り進められた、ある日のこと。

「おい、こっちに空洞があるぞ!」
「本当か!?よし、好都合じゃ。そっちを掘れ、掘れ!!」
工事がはかどる、とばかりに喜んだ鉱夫たちが空洞を掘り広げたその先には、

人がいた。

なんと城方でも同じ事を企て、坑道を掘っていたのだ。
「や、やぁ」「お、おぅ」予期せぬトンネル開通を祝い、感動のうちに両者は固い握手を交わし、
・・・となるハズもなく、文字通り日の当たらぬ場所で泥仕合が始まった。

結局毛利軍は城方に撃退され、土竜攻めに失敗。あきらめた元就は普通に兵糧攻めを行うことを決意、
半年近く経った7月下旬、城主・長雄の降伏により、毛利氏が1万2千余の軍勢を動員した城攻めは
ごく平凡な結末を見たという、珍しく元就の策が見事な空振りに終わった話。(毛利元就記より)


この土竜攻めの際、毛利軍は5ヶ所を基点に坑道を掘り進めたが、そのうち3ヶ所で城方との遭遇戦が
発生したそうな。どんだけ穴掘ったんだ。
というわけで邑智郡川本町にお住まいの方、謀神の遺産による突然の落盤にご注意ください。




882 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 19:58:46.34 ID:Gr9i8tXX
元就も特別城攻めが上手いわけでもないからなぁ

883 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 20:02:37.02 ID:zJ1GDEEy
墨攻とか大河ドラマの風林火山で見たけどこういうの”地聴”というんだっけ?

攻城側の土竜攻めへの籠城側対抗策として、水を溜めた壺の波紋や地面から
聴こえる音から穴を掘ってくる方向を推測して、籠城側は待ち構えたり自らも
穴を掘ったりして迎撃するってやつ

885 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 20:19:32.98 ID:eQGgxCp7
土竜攻め専門集団を描いた、森秀樹のコミック「ムカデ戦記(だったかな?)」は佳作
未完なのがアレだが

887 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 20:47:31.75 ID:pO/cu9x+
土竜が後のドリルの語源となったのは明白である

民明書房「戦国の土木工事とその影響」

888 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 21:00:41.58 ID:C0kjWfgU
民明書房ww

889 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 21:06:57.86 ID:DNYqN2Ej
>>887
ちょっと感心してしもた

891 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 21:16:59.06 ID:aRBLUkzS
>>881
尼子は晴久生存中は防衛頑張ってよく持ちこたえてたからなあ
晴久が死んで一気にパワーバランスが崩壊してしまった

894 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 22:20:57.27 ID:csVhjffg
>>891
義久も頑張った・・・ただ既に詰んでいただけ

895 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 22:54:11.64 ID:UxggQZCc
まあ頑張ってもどうしようも無い事ってのもあるからな

896 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 22:55:47.89 ID:cBvYqb8m
>>885
金堀衆の話で本当にあったのは松山城攻城戦のみ

897 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/28(土) 01:03:23.64 ID:yJBmqSaU
どこ松山城? ○○松山城多すぎるわw

900 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/28(土) 03:26:55.87 ID:Cwtarezc
現代でも水道管の水漏れは地面の音聞いて調べてるんじゃなかったかな?
まぁ、20年位前の話だから今はどうなってるかわからんが~

901 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/28(土) 08:29:03.00 ID:ADAx9Xiz
水道管のパイプを叩いてその反響音で水漏れを確認するんじゃなかったか

902 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/28(土) 08:36:15.50 ID:XkUnnREn
>>897
武蔵松山城だろ
今は東松山になっているけど

903 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/28(土) 11:32:30.94 ID:GllQPPuK
>>902
東松山と言えば、20年くらい前に見た「さいたま軒」という
ラーメン屋だけは忘れられん。

埼玉県とは言え、コテコテすぎるネーミングだろw

926 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/30(月) 03:55:42.38 ID:WH887MC1
>>881
三国志だけど、曹操が官渡の戦いであらかじめ深い塹壕掘っておいて、地下から攻めようとする袁紹軍が
その塹壕に堀り当たって顔出してきたとこを撃退してるし古典的な攻防なのかな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    穴掘られたら掘り返して撃退するってのは正攻法だな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    温湯城とは、いかにも温泉が湧いていそうな名前なんだが、
    そうだとすると穴の掘り合いって結構怖い気がする。
    熱湯やら火山性ガスやら。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    トンネル内で大乱闘か
    ふとした拍子に灯りが消えたら敵味方もわからん完全な暗闇…
    暗所・閉所恐怖症でなくても地獄だな

  4. 人間七七四年 | URL | t4BXKsVg

    車道や鉄道のトンネルみたいに十分な高さ広さを持って掘ってるわけではないだろうから、奥底で松明灯して乱闘などしたら、低酸素で双方倒れなかったんだろうか?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    こないだ第1次大戦の坑道戦の映画観たけど、あの人らは聴診器で敵の坑道の位置を探ってたな
    んで敵が掘ってる位置を見つけたら、自分もその近くまで掘り進んで、ダイナマイトで敵ごと坑道を潰しちゃうという…

    この頃だと敵が掘り進む先にあらかじめ水を貯めて、坑道を水攻めにしちゃうのもあったよね

  6. 人間七七四年 | URL | WJ9iU69.

    近世の城が水掘を多用しているのは、坑道戦対策の意味も有るみたいですね。
    全周を水掘で固めてしまえば、掘る前から失敗するのは見えていますし。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    穴掘り中に、敵方の人とかち会うのもあれだけどさ。
    大坂の陣の時に、藤堂高虎が大坂城へトンネル掘ってた時に、城方が。
    トンネルの出口付近にくぼみを作って、ゴミとうんこを溜めてたというのが。
    なんというか、もう・・・言葉を失いましたね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    米見てたら偶然かち会ったわけではないのねww
    たまたまかち会って戦闘開始とか有り得んと思った俺…情けないwww

  9. 人間七七四年 | URL | -

    土竜攻めが失敗してもしっかり城を落とすのが元就らしい。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    信玄「穴掘りは得意でな」

  11. 人間七七四年 | URL | bH1htKmU

    坑道戦略って結構見破り易い…らしいよ

    掘り始めから真っ直ぐ城に向かって掘るしかないから、掘り始めの位置さえ分かれば簡単にかち合ってしまうみたい

  12. 人間七七四年 | URL | -

    第一次大戦の時にもよくあったらしい。どこかでは坑道ほって爆薬を埋めて、要塞一つ吹き飛ばしたりしたとか。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    第一次大戦は知らないけど、日露戦争の時の日本軍の戦略であったな。旅順攻めの時。
    2回やって両方大成功だって

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6360-db6292c9
この記事へのトラックバック