FC2ブログ

滅びの兆しは、大豆の味噌汁に白き飯

2012年05月07日 21:01

58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 20:32:08.32 ID:79jgw/fA
滅びの兆しは、大豆の味噌汁に白き飯
かって小田原攻めの際、三河武士の大久保忠教たちから糠味噌汁を振舞われ、溜り醤油を足して
味を調えれば味良くならんと言って、吊し上げを食らった井伊直政の息子、夜叉掃門こと井伊直孝
上野白井藩1万石の大名だった時、二代将軍秀忠の使いとして江戸から駿府に使いして大御所に
拝謁し、一連の報告を終えたあと大御所が尋ねた。
「何か面白き話でもあるか?」
「面白き話かどうかはともかく、近頃の小田原では、大豆の味噌汁が流行っております」
「ふむ・・・・・・大豆の味噌汁か。他には」
「城下の米が白くなりました」
「他には!」
「鯛の鱠と上方からのたまり醤油ももてはやされておりました」
「あいわかった。掃門、赤鰯に黒飯を忘れるなよ」
そういうと大御所は、井伊直孝との会見を終えた。
大久保忠隣没落の数年前の話である。
後年、井伊直孝は、「上に立つ者の心得は、兆しを捉えるの一事に尽きる。糠味噌が大豆味噌に
変わり、黒飯が白飯に、赤鰯が鯛の鱠に変わりしことに気づかぬようでは、家すら治められぬ。
ましてや天下をや」
夜叉掃門こと井伊直孝のちょっと良い話





62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 21:23:32.57 ID:cTDmFpmn
>>58
因縁のたまり醤油w
ひこにゃん学習したな
それに比べて大久保さんェ…

黄ばんだ褌の三河武士精神もダレはじめていたのか?


63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 22:59:06.48 ID:Qt2BuQow
>>62
ぱぱにゃんの溜り醤油の話ってまだ権現様の小姓やってた頃だから
小田原攻めの時ではないのでは?

しかし相変わらずひこにゃんは深い話をするな

64 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 23:09:05.56 ID:rOF6ksBV
というかひこにゃんは何で自分の領地でも江戸でもない小田原の食生活の話を報告したんだろう
小田原だけが奢侈に慣れていっていたのか?

65 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 23:20:13.71 ID:0Ofu/NYE
権現様の謎掛け論クオリティは晩年も健在か

66 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 23:55:03.00 ID:IFYPWXhY
>>64
江戸を出て小田原で休憩して箱根超えて駿府着いてだから、そこで知ったんじゃないの?

68 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/07(月) 09:30:01.64 ID:GSwfz9LS
豆味噌はまだ高級品だった時代だね

69 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/07(月) 09:34:02.20 ID:E5PWroQU
三河武士なら焼味噌ぞ

70 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/07(月) 14:22:40.04 ID:hIxx0Par
焼味噌とはなんと贅沢な・・・・
三河武士は普段の心構えがなっとらん!

71 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/07(月) 14:53:54.21 ID:+JIFFMG9
金持ってないのが使わないと景気が悪くなるけどな。その点尾張様はわかっておられるようだが
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    井伊直政に芋鍋の味を伝えたかったのが大久保忠世って話もあるんだよな。
    だとしたら、直政の嫡男にはしっかり伝わったのに、忠世自身の嫡男には伝わってなかった、
    ちょっと皮肉な話になってしまうよな…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    今だと質素であるはずの食材のほうがかえって高価だったりするな

  3. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    >>2
    貧乏人は麦を喰えッ!と言われても今や麦飯の方が高いなw

  4. 人間七七四年 | URL | t4BXKsVg


    永平寺の雲水さんのご飯は、米3麦7の割合で炊かれた麦飯らしい。米の精白度までは知らないが、玄米だったら慣れるまで結構時間がかかりそうだ…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    雑穀飯用に小袋に分けられた麦なら米より高いけど、
    キロ売りしている押麦は今でも米より安いよ。

    味は落ちるけど、炊飯器を使わなくてもいいから
    (鍋やフライパンで調理してもそれほど焦げ付かない)
    自炊用に使うことはそれなりにある。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    基本は家畜のえさだもんな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    先進国じゃ肥満=低所得者なんだよね
    新鮮な野菜が高くて、炭水化物と脂肪の塊なジャンクフードは安い
    ジムに行って運動出来るのも金持ちってことで

  8. 人間七七四年 | URL | -

    これぞ家康味噌テクニック

  9. 人間七七四年 | URL | -

    うむ、繁栄の兆しは家康の味噌とな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    尾張様の考えは一理あるんだよなぁ。
    まぁ時代ものでは宗春は黒幕ばっかですがね・・・・

  11. 人間七七四年 | URL | -

    統計取ると、刑務所の麦飯生活で糖尿病の受刑者の半分がインスリン注射不要になったとか、家康や昭和天皇は生涯麦飯(米7麦3)だったとか
    かなり体にいいらしいね。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    景気良くしても物価が上がってインフレになるから
    江戸期の倹約令は物価抑制政策なんだよ。
    消費税や法人税も無い時代だしね。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    日本の改革は節約質素昔に返ればっかりでかえって閉塞感が高まる

  14. 人間七七四年 | URL | t4BXKsVg

    日本は自前で貨幣という経済手段を打ち立てた国じゃないからねぇ。唐に倣って作ったはいいがろくに流通せずに中世を迎え、貨幣経済が育ってきたと思ったら、宋銭だったり明銭だったり…。
    政権が流通量を管理するという意識が未発達だと、とにかく貯め込みで倹約とか徳政令とかに走りやすいわな…

  15. 人間七七四年 | URL | bH1htKmU

    確かに貨幣統一してなきゃ貨幣経済自体が成り立たない訳で…

    どころか戦国期だと甲斐じゃ貨幣自体が完全には流通してないって言う、どこの秘境だよ状態な場所もあったり…

    それに元々日本って保守よりな考え方だから、貨幣経済から来る重商主義的な思想、思考が育たなかったのもある気がする
    結局貨幣経済を活性化させようとしたのは、僕には田沼さん位しか思い付かない(浅学な為もあるけど、尾張様は未遂?だと思ってます)

  16. 人間七七四年 | URL | -

    政宗が文句言ってた豆飯・焼き鰯・芋汁が粗末って言われてたけど
    単に華やかな席には相応しくないってだけで
    黒米と赤鰯が当時の粗食の代名詞だったのかな(汁すら無いし)
    盛親が「これ食べるほど落ちぶれてない」と拒否ってた気がする

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ちゃんと自前の貨幣が流通しだしたのって足尾とかの銅山みつけてからだっけ?日本産銅は輸送費考えても欧州産より安かったり

  18. 人生七七四年 | URL | -

    三國志Ⅴの辞典に
    「通貨は時の政権を今も昔も頭を悩ますモンスターだ。」
    と書かれてたのを思い出した。

    昔まだKOEIが光栄だった頃のお話。

  19. 人間七七四年 | URL | 7rOtuwVw

    象牙の箸が元ネタ?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6388-6c4f78db
この記事へのトラックバック