FC2ブログ

伊勢神軍遷宮と織田信長

2012年05月19日 21:00

212 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 10:15:49.99 ID:po3u6E58

じゃあ信長と宗教がらみでひとつ。

伊勢神宮といえば、現在でも日本の神社の代表格。ここには、一定期間で全ての社殿を造りなおす、遷宮という独特の行事がある。
が、南北朝から戦国時代にかけての乱世、その風習は廃れていた。
時の伊勢神宮の上部大夫は、遷宮を復活させたいと織田信長に援助を願い出た。天正十年の事である。
これを聞いて信長は上部大夫に会い、「費用はいかほど必要なのか?」と聞いた。
大夫は「千貫あれば、あとは勧進(寄付)でなんとかなると思います」と伝えると……。

信長「いや、それは甘い。一昨年に八幡宮を直したのだが。そのときも見積もりは三百貫程度だったんだが……。最終的には、千貫以上かかった」
上部大夫「は、はぁ」
信長「だから今回もその程度じゃ足りないだろう」
上部大夫「……」
信長「費用が不足して、民百姓の迷惑になるような事は、あってはならないだろう」

神社の行事で民百姓が困る、とは現代の感覚だとちょっと奇妙だが。これは造営で労力を負担する者達を心配したのか。
いずれにせよ信長は、気前よく三千貫という申し出の三倍の資金を提示した。
その上、必要があればさらに資金を出すと伝えたから、上部大夫は大喜びであった。

しかも信長は、息子の信忠にまで「岐阜城の鳥目銭の縄目を結び直す際、伊勢神宮の遷宮にまだ資金が必要なら分けてやれ」と命じている。
(当時は銭を縄でまとめていたため、縄が悪くなる度に取り替える必要があった)

「魔王」イメージと違い宗教に理解があり庶民の事にも気が回る信長、とても気前がいい話……。

なのだが、実は綺麗には終わらなかった。
そう、この年の六月に本能寺の変が起こり、信長は死んでしまうのだ。
結局、伊勢神宮の遷宮復活は、天正13年にまでずれ込んでようやく成った。

悪い話のほうがいいかもしれんが、流れという事で。




213 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 10:26:13.42 ID:RMf+1gf7
間が悪かった話…かねえ

214 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 10:50:20.76 ID:CxDgdK6J
信長さんは、宗教というよりも人の信心を利用して儲けてる連中が大嫌いだったんだろうな~

215 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 11:38:38.68 ID:ut2qXt/1
信長の良い話が続いているけど本当に激しい落差のある多面性だよね。
若い頃の信さんの良い話を読むと魅力的ナ人だったんだよなと思う。
晩年の頃と変わらない短気で冷酷な所はあるんだろうけど、結構人の心のツボを
押えていて心酔する人間の気持ちもわかる。

信長はよく裏切られているけど、尾張時代の家臣が裏切らなかったのは
信長の苛烈な部分だけではなく「情」の部分も知ってたからかだろうか。

でも浅井の裏切りから変わっていくんだよな。。。。

216 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 11:59:08.40 ID:RMf+1gf7
こんなに苦しいなら愛などいらぬの方向に行ったのかね
退くし媚びるし省みるけどw

217 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 12:00:51.26 ID:gd14u5cN
>>215
爆弾正の扱いとか見ると
惚れた相手への入れ込みようとか相変わらずな気もするんだがw

218 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 12:13:37.31 ID:OosgR+uL
なんか筋は通ってる気がするんだよな
気がするだけかもしれんが

219 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 13:11:47.67 ID:lAYN7gI0
怠け者→氏ね
働き者→がんばれ
癖のある才人→甘い対応
森家→無条件許可

220 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 13:27:30.33 ID:puPzjtkv
信長本人が、働き者で多才だからな。周りが馬鹿か微妙に見えたのかもね。
四十歳過ぎの大大名が、三千ぽっちの兵の陣頭に立って一万五千余の敵に突撃して勝つ、とかいい年齢になってもはっちゃけてるし。

221 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 14:56:01.30 ID:Vc+OVCBR
・・・・本能寺の時まで「永遠の14歳(精神年齢)」だったのかもしれん。

まあそれぐらい大ばくち打た続けないと、だめなんだろうな。

222 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 15:44:04.86 ID:EgYXo03R
>>220
前田利常「周りが某に見えたですと!?」

224 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 17:49:18.47 ID:ut2qXt/1
>>216
聖帝サウザーやね。似てるかも。。。

>>217
信長は基本「ジジ専」だと思う。
斉藤道三、山科なんとか、松井夕閑等。。。。

256 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 15:23:11.06 ID:798dDKPV
汚物は消毒だー
238 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 22:33:55.92 ID:XfJXiG6h
>>224
武井夕庵を忘れんな

239 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 22:48:10.93 ID:j4HPiVE6
林秀貞さんが何か言いたそうにそっちを見ています

240 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 23:26:53.58 ID:ut2qXt/1
>>238
あっ、そやった。ホントに信さんジジ好きだね。

241 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 23:28:56.23 ID:kuwym7X/
信長のジジコンの根っこは平手爺じゃね?

242 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 23:43:03.25 ID:oVCHqmsV
すごく腑に落ちた

243 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 23:59:54.14 ID:ut2qXt/1
>>241
ああ、なる。今日の殊勲賞だ!!!

244 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 01:00:44.06 ID:bYDcnGe2
宗滴のじっちゃんにも一方的に期待寄せられてたっけ

245 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 01:10:44.97 ID:50V2Y3sl
宗滴のじっちゃんの信長評というかあの逸話は本当にあった話なのかな?
子孫が捏造とかしたんじゃないかと疑ってみる。
何か出来過ぎな話だからさ。

246 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 01:33:17.38 ID:vr6+Vswy
>>245
「朝倉宗滴話記」自体が江戸時代の創作、という見方が今は主流。

247 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 02:07:21.38 ID:50V2Y3sl
>>246
おお!!ありがとう!!!
やっぱりそうか。

248 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 08:12:43.06 ID:X3RyHdBq
古事記もそうだけど、単なる写本ではなく推敲再編集出来るだけの教養時代背景があったのが江戸期だったのでは?  

249 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 08:59:12.59 ID:tXzS72Y3
>>248
て言うか教養人、武士とか貴族、が暇になって金銭的余裕が出来た。
平安時代にも貴族階級が暇で金持ちだったので、文芸ブームになった。

250 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 11:19:19.00 ID:dDiLE+Ij
ノブには線引きあるんだろうけど
坊主はどう思ってるんだろう?


251 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 13:23:56.67 ID:9ejhEOBU
信長の坊主への不信は、若い頃に「信秀の病気、祈祷で治す(キリッ」といった
似非坊主に騙された事が根本かなあ?
だから素直に「金が無くて寺がやっていけないから、怪しいとわかっている坊主を泊めました」と
自白した寺社は許した上に金もやっている。

252 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 13:34:36.64 ID:MI6AVIXI
叡山焼き討ちにしろ安土宗論にしろ、生臭坊主には厳しいな

253 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 13:51:26.65 ID:QPFmaYER
生臭っつーか、純粋に政治的な対立をしていた本願寺(Not一向宗)と
他宗派に対して攻撃的でトラブルのもとの法華宗不施受派だろ?
宗教が嫌いだから、ってくくりはおかしいと思う。

254 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 14:12:15.94 ID:50V2Y3sl
信長さんは潔癖なんだろ。
だから嘘くさ坊主が嫌い。
対立した宗教でも家臣が信仰するのは止めていないし。

255 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 15:14:14.07 ID:dDiLE+Ij
ああ、加熱消毒良くやるもんね。

259 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 16:22:31.68 ID:K8CaHQP1
>>255
信長はモヒカンだったんだなぁw
スポンサーサイト





コメント

  1. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    伊勢神軍って何かと思えば伊勢神宮のことか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この場合は爺専と言うより、爺転がしかと思われw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    お伊勢さんは御神体が移動すると聞いたことがあるけど、この遷宮のことなのかな。

  4. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    信長は朝廷には(基本的には)親切だから

  5. 人間七七四年 | URL | -

    信長も神様の一人だからな。山形県天童市に神社あるし・・・

  6. 人間七七四年 | URL | -

    建勲神社かな?
    しかしまたなんでそんな所に……

  7. 人間七七四年 | URL | -

    天童藩主が信雄の系統だったはず。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    政秀寺=聖帝十字陵だったのか

  9. 人間七七四年 | URL | -

    信長って俗世間の政治や戦争にどんどん介入してくるとこ以外は、
    むしろ積極的に寺でも神社でも信仰してるのな
    家来や一族に対しては大事に思ってるんだなーって感じの逸話も多いし、
    世間に伝わってるひたすら冷酷、伝統の破壊者ってイメージと結構違うんだね

  10. 人間七七四年 | URL | -

    一般的に信長=冷酷、秀吉=ひとたらし、家康=忍耐ってイメージあるけど
    実際は秀吉=冷酷、家康=ひとたらし、信長=忍耐なんだよねえ

    三要素みんな持ってないと戦国大名やってらんないとも言えるけど

  11. 人間七七四年 | URL | -

    氏真や天庵は戦弱かったけど「ひとたらし」の要素だけは持ってたから生き残れたのかな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >氏真さんと天庵さん
    う~ん、アレも人たらしって言うのかな?w
    何と言うか「放って置けないなぁ、守ってあげなきゃね」
    って庇護欲だと思ってますw

  13. 人間七七四年 | URL | -

    氏真は天庵様レベルまで戦弱くない・・・・
    というか全力で信玄と家康が領土奪いにくるとか無理ゲー

  14. 人間七七四年 | URL | -

    今川の防衛線は三河か尾張の占領地に構築されていただろうからね。
    遠江での防衛戦は朝比奈頼りとはいえ粘ったし、駿河のほうは武田お得意の裏切りで迎撃態勢の整え様がなかった事を考慮すると氏真はそこそこ戦えているよね。
    ただ、外交や家中統制は上手くないし大名の器ではなかったんだろうね。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    >224

    中日の落合監督みたいにベテラン重視なんだな

    ※12
    TERUとかと同じ系譜だなw

  16. 人間七七四年 | URL | -

    米13
    信玄も最初は「一緒に弔い合戦やろうぜ!」
    だったんだよな。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    信長や秀吉が何故あんなにも成功したのかようやくわかった
    要するに思いきりの良さだよ

    今更←

  18. 人間七七四年 | URL | t4BXKsVg

    叡山焼き討ちと伊勢神宮式年遷宮の復興は、確かに世間一般でのイメージ上ギャップがあるように見える…。
    まあ今じゃ関西の神仏霊場の起点(神宮)と結願(叡山)だもんな。逸話には関係ないけど。

  19.   | URL | -

    比叡山焼き討ちを未だに「宗教弾圧」と教えてる教師は何とかするべきだよなぁ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6421-38351f49
この記事へのトラックバック