FC2ブログ

信州中塔城、馬売り問答

2012年05月20日 21:17

272 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 21:54:04.31 ID:5zjZgNq0
天文21年(1552)9月、武田信玄は小笠原軍の籠る信州中塔城を攻めた。
この時、武田軍の南の口の大将は、小笠原長時を裏切り武田に寝返った三村十兵衛であった。

さて、中塔城の東の尾根では、そこの郭を守る小笠原方の武将、二木善右衛門が、実に見事な
黒い馬に乗っていた。
これを見た攻め手の武田軍・飯富虎昌の手のものが声をかける

「その馬は実に良い馬だな!わしに売ってはくれないか!?」

これを聞いた善右衛門、相手が敵方にもかかわらず

「よし、売ろう。」

と答えた。これを聞いて武田方のこの者

「敵味方であっても商いはある!互いに一人ずつ出して、馬と代金の受け渡しをしよう!」

すると善右衛門

「いかにも売ろう!しかし拙者は金銀には望みがない。代わりの物をお前が取ってきてくれたなら、
これを売ろう!」

「代わりのもの?それは武具か?馬具か?太刀か?やはり籠城しているのだから兵糧か!?
なんでもいい、望み次第に持ってこよう!」

「そちが言うようなものではない!私がほしいのは…」

と、善右衛門

「武田晴信と三村入道(十兵衛)の首だ!!その二つをくれるのなら、この馬など安いものだ!」

これを聞いた武田方の者たちは皆驚き呆れ、怒った

「おい!それは我々への悪口であるぞ!」

「少しも悪口なものか!前の諏訪峠の合戦は、本来は我々小笠原軍の勝ちであった!それなのに三村入道が
裏切ったために負けた。
この遺恨によって三村の首を馬の代物として取り、また晴信の首さえ取れば、馬がなくても楽々と
在所に帰れるというものだ!であるから、この2つの首をくれれば、馬を売ろう。」

武田軍はこの言葉に激怒し、二木善右衛門に向かって矢を射かけた。そこからここでの戦が始まった。


信州中塔城、馬売り問答である
(二木家記)


類似
二木善右衛門の交換条件
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3697.html


273 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 11:47:35.82 ID:CHM1z5aw
>>272
二木善右衛門、言合戦上手いなw

274 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 12:15:47.49 ID:6yWpkEg0
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3697.html

275 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 13:08:40.73 ID:FHyW84qH
小笠原長時の首と交換してやれば満足しただろうに

276 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/20(日) 13:39:25.41 ID:g0Xsl+xM
こういう口の達者な男は敵から狙われるだろうけど名前も売れるだろうな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    景勝「………」
    兼続「『口下手なわしはどこかの暴れん坊と違って敵をつくらぬぞ』と申しております」

    ○○「こうして口達者な直江のおかげで無用な敵をつくっていくのだな」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    官兵衛「直江山城守殿、口は災いの元、対人関係を悪化させる原因になりますぞ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    三河武士「くちはわざわいのもと・・・?」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    半左衛門正治「口は災いの元とはよく言った物に御座るなあ、上司との折り合いも悪うなってしまうため方々もどうぞ要らぬ事は言わぬように」

  5. 人間七七四年 | URL | Pnsj6K02

    …「この茶で口をすすげば、少しはその舌も静かになろう」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    一木 二木 三木 …八木

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >5
    「この石田冶部少三成、全身全穴を持って茶を飲み干さん!!!」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6423-48a6aa57
この記事へのトラックバック