FC2ブログ

立花道雪「豊後もここまで…」

2012年05月28日 21:00

567 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 00:38:13.62 ID:p2y0Ubt2
耳川の戦いの後、筑後の国人たちは大友を見限り竜造寺・秋月勢に寝返るものが続出した。
そんな中、数少ない大友方に残っていた問註所統景より一族の問註所鑑景との戦いにさいし大友家に援軍要請が入る。

筑後回復の機は今とばかり宗麟次男・三男の田原親家・親盛を大将副将に約7千の軍勢で筑後になだれ込んだ。
が、初戦の猫尾城攻略から苦戦、黒木氏の猫尾城には竜造寺からの鉄砲隊が援軍として入場しており、城方の反撃悩まされていた。
豊後勢は耳川で歴戦の武将の多くが戦死しており、若い武将ばかりなのも苦戦に拍車をかけていたのだった。

城攻め1ヶ月で業を煮やした大友軍は立花道雪高橋紹運に出陣を要請、形勢は一気に逆転する。
両将は筑前より一直線に猫尾城へ進軍、立ちふさがる竜造寺・秋月連合軍を片っ端から蹴散らすのであった。
竜造寺からの増援軍も激戦の末に破り(この激戦で道雪の弟戸次次右衛門など戦死)、即猫尾城攻略に取りかかる。
そしてこの猫尾城もすぐに落城。城主黒木家永は13歳の娘に介錯され自害している。
その後も山下・谷川・辺春・兼松・鷹尾などいくつもの城を攻略。
そんな中、竜造寺もさらなる援軍を繰り出し柳川城で戦線は膠着するのだった。

そんな柳川での対陣中、いきなり田原親家・親盛兄弟が撤退してしまう。その理由は
「自分たちがどんだけ頑張っても手柄は道雪・紹運コンビのものになってしまうのでツマラナイ」
と言うものであった。そのまま豊後まで引き上げる田原勢。
さすがの道雪も
「豊後もここまで落ちぶれたか・・・」
と嘆くのであった。




568 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 00:48:02.49 ID:Ll6xSbPx
加藤清正「大友のボンボンどもはわかっていない。戦で名を上げるには目立ってなんぼよ!」

569 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 01:11:16.55 ID:Wd1uPV5f
>13歳の娘に介錯

これも凄いな。つか当時は山城ばっかで家族は城内に居ないと思ってたよ

570 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 01:19:26.09 ID:4lp7fMbE
真面目な人って他人にも真面目を強いることが多いからね

571 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 01:42:39.32 ID:aRqkqxJd
無理せず初めから立花さん呼び寄せとけよ

573 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 04:41:16.04 ID:cvjlR2ei
宗麟は1人くらい息子を道雪に預けて鍛えて貰えば良かったのに。

多分遠慮なく鍛えてくれる気がする。

574 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 12:11:14.36 ID:Nv1mXfCM
鬼のしごきに耐えられるならいいけど

575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 13:39:20.40 ID:qkqExfqv
>>574
なぜか完成したのは全部、量産型立花闇千代で温厚な宗茂がまさかのブチ切れ

576 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 13:55:54.50 ID:wyP/LwPV
でなぜか女癖がそーりんと同じだったりw

605 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/29(火) 22:28:37.11 ID:TOr99TMh
>>588
周りに敵抱えまくってる時の武将って一体いつ寝てるんだろう・・・
仕事は戦闘だけじゃないはずなのに
588 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/29(火) 00:23:44.82 ID:KzRGf17u
>>567
大友が遠征してきた筑後も当時大友方は長岩城主問註所統景と矢部高屋城主五条鎮定ぐらいで後は秋月・龍造寺方で大友勢に厳しい状況とはいえ、筑前だって道雪紹運以外は敵だらけの状況から無理して援軍に来てんだから僻むなと言いたいよ。

「両将は義統から出陣の命を受け直ちに兵を動員し、8月14日太宰府に集結軍議。
18日の夜半から太宰府から筑後川を渡り耳納山を越え道中敵地だらけの15里先の黒木領に向かい、
19日夕方黒木領に進入し、猫尾の支城高牟礼城前の山上で雨風激しく陣中を吹き濡らす中、両将は夜を徹して見回り兵を慰労し野営。
20日に豊後諸将こ到着を通達。内容工作を進め、
24日高牟礼城を内容にて降し、犬尾城主も降し、
そのまま佐賀勢を排除しつつ
28日には城島、大川の部落を焼き払いまた八女黒木に戻り猫尾城攻撃再開し、
9月5日黒木家永自刃。
9月8日には陣を西に移し八女山下城を攻撃
11日に山下城、和を乞い降る。
続き柳川城及び周辺を攻めるも苦戦。
10月3日いったん久留米高良山に移陣。
途中秋月他高良山より東側甘木辺りまでの敵方の領内を荒らしつつも柳川方面攻略はほぼ膠着状態になり高良山から麓平野部で筑後川に面する北野村一帯に布陣し越年。
そんな年末にW宗麟Jrら若い豊後勢が陣を払って引き揚げ。(ベテランの将は残ってるみたい)

そりゃあ道雪も紹運も嘆くよ(´・ω・`)

因みに勝手にこっそり帰った自分の部下を受け入れた家族もろとも道雪が処断した逸話(ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/?mode=m&no=876)もこの戦だったりする。

その年の6月初めに陣中で発病、9月11日陣中で73歳の生涯を閉じる。

>>571
名将つっても高齢なんだからあんまし無理はさせたくなかったんじゃないか。
約一年間の転戦とかそりゃしんどいよ。

589 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/29(火) 00:32:33.39 ID:KzRGf17u
>>588
リンクで大失態に候。
確認もせずにやらかして申し訳ござらぬ。

雷神様に報告して処罰されてくる。

591 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/29(火) 01:31:48.79 ID:5TH8/hvd
>>588
確か、大友軍が帰った理由に、秋月あたりだったかが豊後本国を狙っていたから、という理由があったんじゃなかったかな。
だから、実際に道雪や紹運が嘆く状況にあったかは微妙じゃないかと。

もちろん、逸話にいちゃもんつけても仕方ないんだけども。

592 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/29(火) 02:19:11.98 ID:sPZ2hmjX
>>591
そういえば、この戦いで
百武の奥さんの円久尼が蒲船津城を指揮して大友勢を追い払ったんだよね。
円久尼は荒馬を乗りこなして薙刀を振り回す女傑だったらしい。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    マジで大友家の傅役の選定基準が気になる。
    道雪はともかくとしても、吉弘鑑理あたりに鍛えてもらっても十分だったと思う。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    『毛利秀包記』に「黒木、三番目娘歳十三に罷成候を召連、二階へ取上り数人切臥、其後切腹仕候。彼娘父が介錯仕、其刀にて敵壱人切父の首と刀を二階より下へなげ申候。」ってあるみたいだけど、この13歳の少女介錯しただけじゃないよね。首と刀投げつけてるよね((( ;゜Д゜)))戦国少女すげえ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    道雪さんは戦になるとのめり込んで気配りが疎かになるタイプなのかな?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    これ、沖田畷の戦いから数ヶ月後の話なんだよね
    龍造寺も大打撃を蒙った後なのに、大友の内情より全然マシという・・・

  5. 人間七七四年 | URL | -

    で、このまま道雪は戦地で亡くなる訳だが
    …これ位の愚痴は言っていいよなぁ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    問註所って面白い名字だな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    祖先が役職、官職を誉として名前にしたパターンんじゃね。>問註所

  8. 人間七七四年 | URL | t4BXKsVg

    政所さんとかもそうかな。寡聞なので評定所さんがいるかどうかは知らないが、御器所さんならいるな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    金玉「たまに変な名字のやついるよな」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    むしろ軍規を厳しく守る方向にギンギンと気を張り巡らせるタイプかと

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    龍造寺は隆信や四天王なんかの重臣は失ったけど、鍋島さんがいたからなぁ。隆信のあとを鍋さんがうまく引き継いで、ギリギリ踏みとどまって最悪を回避して、豊臣徳川の世を渡り歩いた感じがする
    大友も重臣や若手失ったけど、宗麟のあとを引き継いだ義統が、宗麟以上に残念だったのが…いや大友家の家中見てたら、義統ひとりだけの責任じゃないとも思うが…

    でも道雪や紹運たちみたいな忠臣がいたのは、本当大友家にとって数少ない幸運だったろうな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    これは完璧に大友兄弟が悪い逸話でしょ。
    自分達が役に立たないからこそ、出張って貰ったのに「頑張ってるのに~」
    なんて理由で勝手に撤退。子供か君等はw
    要は自分達自身が将足る器じゃ無いのでしょうね。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    主君にとって功績あげすぎる部下は敵よりも疎ましい

  14. 人間七七四年 | URL | -

    >>591や>>592みたいなフォローがあることにホッとした
    立花とか島津系の逸話は一方的な勧善懲悪ものみたいでなんか…
    「否定することは許されない!」的な雰囲気もちょっとこわいし

  15. 人間七七四年 | URL | -

    有楽「勝手に撤退とかあり得ない!!」

  16. 人間七七四年 | URL | Hble4PXk

    ※14
    実際に無断で陣払いとかしたら謀反と取られても仕方ないからね。
    まあ逸話は逸話として受け入れとこうよ。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ま、大友家の乱脈を嘆く役はどうしても道雪さんに仮託されますからな

  18. 人間七七四年 | URL | -

    秋月勢に狙われたって言う本国の都合もあると思うが、若い武将が帰りベテランが残ったって事象を見ると「道雪紹運コンビばかり目立ってつまらん」って空気が若手武将の間にあったのは事実だと思うよ。
    これ幸いとさっさと撤退

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6453-43553e54
この記事へのトラックバック