FC2ブログ

本願寺、東西分裂顛末

2012年06月14日 21:07

842 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 18:53:40.69 ID:yAAWdolZ
慶長5年、7月。
石田三成が挙兵し畿内を順調に制圧していたころ、一路東海道を下る一向宗僧侶の一団があった。
彼らの目的は、前年の凶作により困窮した関東の門徒たちの見舞いである。
とはいうものの、勿論これは表向きの話。
その真の目的は、上方での変事の情報をいち早く江戸の家康に伝えることだった。
一団を率いているのは、かつての本願寺12代目法主、教如上人その人である。

石田三成は彼を何とか畿内から出すまいと様々な手管を使ったが、
教如は追手を振り切り畿内を脱出。同月中には江戸にて家康に謁見した。

もちろん親切心からこんな行動に出たのではない。
教如には、ある思惑があった。
それは、今回の大乱に乗じた自身の復権だ。
教如は先代法主顕如の長男であり、本来ならば今も法主の地位に就いている筈の男である。
しかし彼は秀吉の勘気を被り、わずか一年で弟の准如にその地位を譲らされたのだ。
それから七年の間鬱屈とした日々を過ごしていた教如であったが、この度石田三成が挙兵
するに及んで、次の天下人候補筆頭である家康に接近せんがため危険を冒して江戸まで
下向してきたのである。

教如は家康に西軍の情報を伝えると、こんな提案をした
「上様のご命令さえあれば、西国の全門徒達に決起を呼びかけ、西軍を撹乱してみせましょう」
そう、教如は天正年間以来久しく絶えていた全国規模の一向一揆を再び画策していたのだ。
さすがに本願寺きっての武闘派は言う事が違う。法主の座を退いたとはいえ未だ彼の影響力は
大きく、もし本当に一揆が蜂起すれば西軍の作戦行動に多大な支障をきたす事は明白だった。

843 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 18:58:49.37 ID:yAAWdolZ
だが、かつて三河一向一揆に散々苦しめられた経験のある家康の反応は芳しくなかった。
そもそも教如がもたらした情報は既に別筋から手に入れていた物であったし、この件で
本願寺に借りを作ってしまうのも面白くない。
結局の所、家康は礼として名馬を贈り尾張までの道中の安全を保障したものの、
教如の提案は受け入れなかった。


家康に恩を売ることこそ失敗した教如だったが、心証は大分よくなったようであり
家康は関ヶ原の戦いに勝利した後、教如を法主に再任させようとしていたようだ。
…が、一向宗門徒でもある家康の謀友・本多正信がこの人事に異を唱えた。
彼の献策により、教如は新たに設立された「東本願寺」の法主に任命された。
既存の本願寺は後に西本願寺と称される事となり、現在に至っても
統合は行われていない。
顕如時代の全盛期とは比にならないとはいえ、この時期にあっても本願寺は
依然として全国の門徒に強い影響力を持っていた。
その力を削ぐ為の、徳川氏らしい巧妙な政治的手法といえよう。

こうして本願寺は西本願寺(准如系)と東本願寺(教如系)に二分され力を失い、
徳川幕府の支配体制下に組み込まれていったのである。

…石山本願寺から顕如が退去してから20年、まだまだ血気盛んだった
教如上人(及び門徒達)と、佐渡さんの老獪な智恵の光る逸話である。






844 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 19:34:05.11 ID:Rt9IXDL3
今の政治家なら後先考えず喜んで受け入れるだろうな
国内最大門徒数を誇る一向衆を票田に出来るのだから(笑)

845 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 19:48:28.00 ID:34y5LReT
さすがサドの神
自身が一向宗でも容赦しないぜ

846 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 19:52:11.25 ID:9XcvV/+Y
「殿と喧嘩するぐらいなら、真宗やめて教義の似た浄土宗に変えるねー」というほど殿様大好き三河武士だぜ。
サドさんも本音じゃあ……。

847 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 19:56:36.44 ID:RwD1SLQO
三河一向一揆が泥沼化しなかったのは他の例を見ると本当に特別

848 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 19:57:48.97 ID:32WPZJIG
過激派の教如の脅しに屈したともとれるけどね
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    家康が最も恐れた男

    本願寺教如←New!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    サドの守、一向宗相手にこんな老獪な手を打つくせになんで浪人してたんだ?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    サドも若い頃は血気盛んだったんだよ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>844
    一向宗の反主流派を味方にできる代わりに
    一向宗の主流派を敵に回しかねないわけだから、
    取り引きしか頭にない政治家でも受け入れるとは限らないよ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    三河一向一揆は信徒だけが加わってたわけじゃないんだよな
    今川代官時代に食ってけなくて、寺に食わせて貰ったり家族の面倒見てもらったりしたのがかなりいた
    そういう連中が義理立てして一揆に加わったっていう経緯もあったから、家康も頑なにならず、帰参を許した面がある
    その代わり、そういう奴らを利用した寺側には容赦しなかった

  6. 人間七七四年 | URL | -

    本多の存在は家康もさど頼もしかったろうなぁ、なんてね(笑)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    家康「うむ、見事な洒落じゃ!今日からは洒落衛門と名を改めるが良い!」

  8. 名無しさん | URL | -

    こいつが近衛前久の猶子だと知ってから
    同じ猶子の義兄弟である
    秀吉、為信、教如が
    劉備、関羽、張飛に思えてならない

  9. 人間七七四年 | URL | -

    茨城の牛久大仏は東本願寺が建てた。
    青銅製の像としては世界最大。全長120m。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6507-2909f69c
この記事へのトラックバック