FC2ブログ

大坂落城の日、堀田図書助は

2012年06月27日 21:01

165 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/27(水) 01:09:15.93 ID:cOiRsS2g
いい話か悪い話か微妙だが、とりあえずこっちに投稿。

大坂落城の日、大坂方の将堀田図書助は深手を負い、城内に引き返した。
これは主君豊臣秀頼の御供をするためであったらしい。

ところが途中で加賀前田家の軍勢が殺到し、そのうちの1人と槍を合わせることとなった。
深手を負った図書助は勝てるわけもなく、あっさり負けてしまう。

166 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/27(水) 01:12:28.10 ID:cOiRsS2g
と、その時、相手から突然「名を名乗れ」と言われた。
せめて相手の名前だけでも聞いておこうという意図だったのかもしれない。
図書助は「堀田図書助」と答えた。

すると、相手はとたんに槍をおろしたのであった。

167 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/27(水) 01:15:33.78 ID:cOiRsS2g
槍を下した相手は、図書助に向かって、
「おお、貴殿が我がいとこの堀田図書助殿か」と言ったのである。

なんと、相手は図書助のいとこの堀田与右衛門であった。
これまでは互いに文通をしていただけであり、実際に顔を合わせたことは今までなかったのである。

168 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/27(水) 01:18:09.50 ID:cOiRsS2g
それを聞いた図書助は笑って、
「さて、縁者の手にかかって死ぬのは幸いである。首を取られよ」
と言い、そこにどっかりと胡坐をかいて座った。

与右衛門は助けたいと思ったものの、図書助の傷を見て泣く泣く首を打ったのであった。




169 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/27(水) 02:03:19.23 ID:zVr+6kbs
と、図書助(´・ω・`)
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >169はずしょのすけ、じゃないのカナ?カナ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉「ワシも泣く泣く甥の首を打ったよ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    並河「私も炎の中から嫌がる信長様を無理矢理引きずり出して泣く泣く首を打ちました。」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >としょのすけ
     なんか、図書委員会の2年生、って感じがする…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    忍たま乱太郎あたりに出てきそうなキャラだな(笑)

  6. 人間七七四年 | URL | -

    図書庄左衛門(ずしょしょうざえもん)
    忍たまにいそうな名前だ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >図書助
    官位に東百官じゃなくてちゃんと有るのね。
    図書寮て紙や墨造るのが仕事らしい。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    こういう話はなんていうか、しびれるね。悲壮だとは思うが、武士とい
    うは、斯くの如し、て感じ。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    もはや苦笑いしかできん・・・

  10. 人間七七四年 | URL | -

    身内同士での戦いか。辛いね。
    平和な時代に生まれて良かった。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    読みボケにマジレスとか
    初々しいなw
    か、漢の中の漢だなw

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >6
    調所笑左衛門なら、現実に存在したが。薩摩に。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    としょすけぇぇええぇええええ(´;ω;`)!!
    父君はとしょすけといふ名前にどういう意味を込めたのか。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    喜んでるから当時の感覚では文句なく「いい話」だが…
    安楽死といい死刑といい、現代人は「人を殺す」時点でいい話に分類できなくなるんだよな。

    米12
    しょうざえもん、まで一致してるんだし、知っててもじったんだろ。

  15. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    「ずしょ」な。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ディオメデスとグラウコスよろしく、笑って別れるのかと思ったら、甘かった。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6551-3a4e588a
この記事へのトラックバック