FC2ブログ

福島正則、後藤基次の要求に

2012年07月04日 21:00

234 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/03(火) 20:34:00.71 ID:WQYpVNut
後藤基次が黒田家を去り、京へ上る途中に宮島に立ち寄ったと
聞いた福島正則は老臣の福島治重を使いにして基次を招いた。
基次は「三万石なら仕える」と言い、治重はそれを復命した。

正則は頭をふって曰く「勲功あるお前でさえ三万石に及ばない
というのに、又兵衛に三万石も与えられるわけがない」と。


235 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/03(火) 20:39:40.66 ID:WQYpVNut
これに治重曰く
「又兵衛を三万石で召しだせば私も(尾関)石見も武名が上がる
というものです。

世間はこう考えるでしょう。
又兵衛でさえ三万石で召されたのだから丹波、石見は世間に出れば
四万石の士だ。譜代故に小禄だったのだ、と。所詮、私一人の面目です」
治重はそう言って勧めたが、やはり正則は聞き入れなかったという。




236 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/07/03(火) 21:21:12.39 ID:bzjMropD
中国の有名な逸話をしらんのか福島は

237 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/03(火) 21:28:28.05 ID:tky2Bg/7
先ず隗より始めよ だっけ?

238 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/03(火) 21:32:23.14 ID:HU9wdxzM
ここで市松が又兵衛を召抱えていたら又兵衛の大阪での活躍はなかった訳だよな
結果的に歴史に名を残したけど、又兵衛本人は安泰な人生とどっちが良かったんだろうか

239 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/03(火) 21:45:39.27 ID:ghqnfhMf
先ず隗より始めよ はちょっと逆の意味っぽくなるのかな?
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>238
    福島家に召し抱えられていても安泰じゃない。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    こういうところ、市松の情の深さが出てるよな。
    まあそれが武将としていいことなのかは別だけど。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    三万石って、ちょっと吹っ掛け過ぎじゃない?
    元は一万六千石だったんだから。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    「隗より始めよ」とはいえ郭隗先生も、政治に優れ、連合軍総大将を任せられ、大国斉をほぼ制圧した歴史に名を残す天才が現れたのには驚いたろうな 笑

  5. 人間七七四年 | URL | -

    米3
    お断りを遠回しに表現した過大要求だったとか。
    それに対して正則も家臣を持ち上げる体で断ったと

  6. 人間七七四年 | URL | -

    隗より始めよって
    んなことやるまえにまず俺の待遇よくしろよ
    って要求してる印象なんだが。本人が言ってるし。
    まぁ学生のころの陳舜臣十八史略よんだ印象だけど

  7. 人間七七四年 | URL | -

    時代に取り残された人達が大坂に集まったのだから、ある意味
    他家に仕官出来て居たとしても、トラブル起こして退転してた
    のでは無いでしょうか?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    仮に内心そう思ってても、自分の待遇改善を認めさせてしかも主君に損させなかったところがすごい。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    又兵衛は黒田家以外には仕えたくなかったんじゃ
    …と思ってしまうのは俺だけかな。

    正則「黒田家の字汚ねえなw^^プギャー」
    又「黒田家なめんなよ。てめえに合わせてやったんだよ(ビキビキ」
    という逸話もあるし、
    なんだかんだ黒田家が好きだったのかも。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    既出かな
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3342.html

  11. 人間七七四年 | URL | -

    かいより始めよじゃなくて
    劉邦のとこの韓信をdisって張飛を慰めた演義の話じゃないの?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    日本の戦国時代に大陸の話が簡単に当てはまるかよw向こうの話をそのまま実行して良くなるなら誰も苦労しねぇよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6572-2ec48e27
この記事へのトラックバック