FC2ブログ

鈴木右近はケチだった。三話

2012年07月17日 20:50

533 名前:1/3[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:46:54.86 ID:LdB3vkF6
鈴木右近はケチだった。
主君の真田信之に似た(?)のか、広大な屋敷地を拝領したは良いが、敷地にぐるりと竹垣を巡らして他人の
出入りを禁じ、季節ごとに行う垣根の補修も人足を雇わず、中間や領民をコキ使っていた。

「そんな中で八助よ、お前はこの右近の心に叶い、律儀に働いてくれるのう。」
「へへーっ!有り難うございます。」
「よし、この際だ。お前に加増してつかわす。年末を楽しみにしておれ。」

そして、その年の暮れ。右近に呼び出され、ワクワクして主人のもとにまかり出た八助の前に、
年給と別の包みが差し出された。「そら、加増分じゃ。」

包みには銭が百文、入っていた。

「・・・・・・」
「なんじゃ、その顔は。あのな、我が殿は十数万石の大名なれど、侍の加増は十石二十石よ。それを思えば、
わしなんぞが百文の加増をつかわすなど、おびただしき事ぞ。有り難く思えよ。」
「・・・・・・」




534 名前:2/3[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:47:52.71 ID:LdB3vkF6
鈴木右近はケチだった。
餅が間食に・携帯食にと、年中作っておくのが当たり前だった時代に『米の費えが、かさむ』と
正月以外は餅つきを許さない、という有様だった。

若党八人、中間等二十数人、下女等十数人を使い、若い者も多い右近の家中がそれで収まるはずもなく、
見かねた右近の妻が用人の一場太兵衛に命じて、深夜二時ごろにコッソリ餅をついて配っていた。


さて、右近は毎朝五時に起きて支度し、六時に食事、家内の所用・指示を済ませて八時に登城、という
規則正しい生活を送っていたが、ある日のこと、餅をつく音に気づき、深夜目覚めてしまった。

「太兵衛よ、あれは何の物音じゃ?」
「・・・ははっ、あれは中間どもが、薪を割る音にございます。」
「こんな遅くまで働いておるとは感心だのう。中間に酒を振る舞ってやれ。猪口で三杯、な。」

太兵衛に振る舞い酒を命じた右近は再び眠ると、翌朝はいつも通りの規則正しい生活に戻り、登城していった。


「太兵衛、旦那様はもう、ご登城されましたか?」
「はっ、奥方様。」
「よろしい。では、あとで皆に酒を振る舞ってあげなさい。茶碗や木椀で、ね。」
「はっ、奥方様。」




535 名前:3/3[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:48:41.38 ID:LdB3vkF6
鈴木右近はケチだった。
それなりの給金を出して中間等を雇ってはいたが、金銭・物品の出し入れの細部に至るまで右近の監視を受け、
『どうにも気が詰まる』と、年季が明けるとすぐ辞めてしまい、二年と雇われる者は稀だった。

「そんな中で八助よ、お前は良く続けて働いてくれるのう。」
「そりゃあ、一応加増していただいておきながら、人並みに辞める、なんてマネはできませんや。」
「うーむ。その心意気、見事!これをくれてやろう。着物の一つも作るが良い。」

右近が褒美として八助に、目にも鮮やかな反物を与えてやった、しばらく後のこと。

「どうじゃ八助よ、あの反物は仕立ててみたか?」
「・・・はっ。」
「歯切れが悪いの。・・・まさかお前、主人からの拝領品を売ってはおるまいな?仕立てた着物を持って来い!」

さっそく八助は、仕立てた着物を着込んで戻ってきた。

「なんじゃ、その着物の丈は。ツンツルテンではないか。やはりお前・・・」
「い、いえ!この通り!」
八助は懐から一尺四寸ほどの、着物と同じ柄の手ぬぐいを取り出して見せた。

「それでも、これほど着物が短くはなるまい。有り体に申せ!」
「お、恐れながら!」

八助が前をくつろげた。そこには着物と同じ柄の、目にも鮮やかな六尺フンドシが締めこまれていた。
「・・・なんちゅうケチじゃ。お前のような者は日本に二人とおるまい。」

『流石質素の右近も、此八助には及ばざると思ひたるとみえたり』と、真田家御事蹟稿は結んでいる。




536 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:08.96 ID:kx+wRB9H
反物を全部着物に使ってたらそれはそれでなんだかんだ言いそうな気がw

537 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 00:50:05.76 ID:+GMXheMF
右近さん禄高どんだけ貰ってたんだろ?
あと柳生新陰流は松代で披露したんかね?


538 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 06:09:10.37 ID:aej02PQb
>>537
1657年の分限帳には500石と書かれている

539 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 09:53:53.00 ID:rYLXF28X
>>538
500石の割に人は多い…のかな?

540 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 12:14:55.73 ID:QOJ15MRf
十万石クラスの大名の家老が500石ってかなり少ないような

541 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 12:25:52.98 ID:QOJ15MRf
と思ったけど調べてみたらそうでもなかった
忘れてください

542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 18:29:53.43 ID:jpO8CV/W
いつの時代も類は友を呼ぶんだね

543 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 20:53:29.45 ID:DiOFImt+
これケチじゃなくて贅沢だろw

544 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 21:48:59.41 ID:3+YgdTAA
江戸っ子は見えないところに金を使うって話だ(落語の蛙茶番とか)
信州っ子はしらんが

545 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 22:12:20.34 ID:YDLOSd8z
右近は上州っ子


546 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 22:50:25.07 ID:JOyTGdHS
>>535
のちの勝負下着か
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    兄「だってうちんちは色々とお金がかさむんだもん…」
    弟「兄貴!また子供生まれた!」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    昌幸「仕送りが少ないぞ!」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    利家「なんたるドケチなんじゃ。使うべき金は使わねばならんぞ!」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    如水「うーむ。その心意気、見事!これを売ってやろう!」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    K〇MATSU「…源二郎殿と義父上の所、何か別のモノ送りたくなってきたんだけど、我慢した方が良いかしら、伊豆守様?」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    まつ「バカ旦那っ、使うタイミングを知らネーのは、しみったれじゃヴォケがぁっ」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    伊豆守「大名行列からかっぱらうのだけヤメテ!!!!!」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    伊豆守「それじゃ小松! 父上達に備前の茶を送ることにしよう!」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    忠家「ついでに、うちの優しいお兄ちゃんも送るよ」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    高虎「ちゃんと評価してくらなから、転職しよう!」

  11. 人間七七四年 | URL | uv1J38xk

    革新で楽進っぽい顔グラの人の息子かな?
    そこそこ使ってたわ懐かしい

  12. 人間七七四年 | URL | -

    政宗「すばらしいオイラには、名門の忠興君や家久君などの友達がいる。まさに類が友を呼ぶ!」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    忠宗(&忠利&光久)
    「こんなDQNが私の父上な筈がない」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    庭師「うちの奥方様も旦那様に内緒で、餅や酒を振舞ってくれないかな」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    門番「こんな暑い日には差し入れが欲しいよね。おっ、誰か来たから仕事に戻らなきゃ」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    作左「旦那様に無断で薪持って来ましたよ!」

  17. 人間七七四年 | URL | -

    氏郷「家康はケチ過ぎるから天下は取れない。天下を取れるのは利家!」

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    またまたご冗談をwww

  19. 人間七七四年 | URL | -

    米13殿
    「ごめんねー、私も母である前に、あの人の嫁なんだよねー、
     やっぱさー、することはしたかったじゃんねー、勘弁ね。」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6606-d966a79c
この記事へのトラックバック