FC2ブログ

立花宗茂ちょっと良い話  赤館

2012年07月23日 20:51

546 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 19:53:31.75 ID:FUJq/t4F
立花宗茂ちょっと良い話  赤館(1)
慶長8年、御書院番頭、立花左近将監宗茂が5000石の加増を受け棚倉1万石に入部した。
城番より赤館城を引き継いだ宗茂は、城を一渡り検分すると若干の者を城番として残し、
麓の代官屋敷に入った。
その後、宗茂は、米の年貢を減免すると共に木材を年貢として徴収するなど、米の取れにくい
現地の実情と江戸城の大拡張と江戸城下の発展に伴う木材需要の増大を見込んだ政策を行い、
少しでも藩の財政を潤そうと努めた。領民にとっても米を年貢として搾り取られるより、日々の生活
で使う木材が年貢の代わりになるというのは思いもかけない話であり、新領主に対して安堵の思いを抱いた。
棚倉で1年を過ごした宗茂が、江戸に登ると棚倉藩の施政の評判が良いことを快く思わない三河者の某が
江戸城中で宗茂を詰問した。
「左近将監殿は、赤館の城に城番を置くのみで在城されないとのこと、津軽、南部の反目や上杉や伊達の
動きなど、奥州の世情が不安の折り、大樹様のご意向をどうお考えかか?ご存念をお伺いしたい」
「大御所様が大樹様に江戸をお譲りになってより、世はますます平穏となり蒲生様が会津に入り、厩橋に
榊原様が入られたことを考えれば、其れがし如き、小身が赤館に詰める意味はござらん」
「なんと申された!城を大樹様からお預かりする事をなんと考えられるのか!」
「赤館は押し出しの城にて詰の城ではござらん。思うに太樹様は、奥州に事あるときには、佐竹殿の前例に
基づき、水戸より大兵を赤館に送られ、会津の後詰を行われるはず。その折、速やかに城を明け渡すために
城番を置くだけにしたのでござる。我らは、代官所より電光のごとく発して会津への道を守るのが勤めと心得ており申す」


547 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 19:55:57.77 ID:FUJq/t4F
立花宗茂ちょっと良い話  赤館(2)
 宗茂の話は、某の口から瞬く間に江戸城中の大名の間に広がり、心得違いと難ずる者あり、
さすが西国無双と呼ばれただけはあると感心する者ありの有様になり、ついには忠義顔で
大御所家康に注進する者さえあった。
 そんなある日、江戸より駿府に来た本多佐渡守が幕府の庶政について、ひと通り報告を終えると
家康が口を開いた。
「佐渡、それだけか?」
「最後に、この度の左近将監の働きにより上杉、伊達も静まり、蒲生の脊骨にも芯が通り申した。
この功を賞し、太樹様より、来年には左近将監に1万5500石を加増するとのことを大御所様に
言上せよとのことでございます」
「ふむ、大樹も左近将監の使い所を心得たようだの。加増の件、大樹の意のままにせよ」
そう言うと家康は、本多佐渡を下がらせた。
 わずか一言で奥州に睨みを効かせた宗茂のちょっと良い話。





548 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 20:06:48.94 ID:pTzDPTSg
三河出の旗本以外に宗茂のことを悪く言う人達を思い出せない

549 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 20:27:10.16 ID:D36IGPfX
三河武士の中のレベルの低い奴らは敗軍の将を全く評価せずに蹴落とそうとするのが大好きだよな。
わが主君が一番偉い、あとは雑魚って感覚で行動してる。
いわゆる徳川中華思想だ。
上層部が人間できててまともなのが救い。

550 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 20:31:05.51 ID:Sv8EYo6C
つーか、当時の宗茂は将軍秀忠の寵愛深い一種の出頭人なので、そりゃどんな組織でも嫉妬はついてくるよ。

551 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 20:51:14.73 ID:bPehA7+Z
宗茂の逸話っていい話過ぎてうさんくさい

552 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 20:53:49.72 ID:9nK253+4
三河譜代が御家人どまりなのに本気で文句言ってる奴らいるからな

553 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 20:59:28.00 ID:7XCPUeUR
立花宗茂のいい話しといえば

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6450.html
「我が立花家には、三箇条の掟がござる。それに照らしあわせて処断したまでのこと」
「して、その三箇条とは!」
「国法に背き、節義に欠け、表裏比興の振る舞いに及ぶものは斬、国法に背き、節義に欠けるものは切腹、
国法に背くものは放し討ちと決まっております。

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6379.html
「当家にて、武士の風上におけぬとは、国法を破り、節義に欠け、表裏比興の振る舞いに及ぶ者のこと。

元ネタの本が同じなのか、それか立花家?の家訓が有名だったのか
三つとも一致してるな

554 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 21:09:26.33 ID:GWX0pATe
このスレって出典は明記しなくてもいいの?
小説から抜き出してる人もたまにいるんじゃないかな


555 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 21:11:33.87 ID:V2m2g6AR
>>546
棚倉には宗茂が代官屋敷の草庵で茶会を催す際に、自ら屋敷付近の
桜木の下から湧き出る清水を汲みに出かけて客人をもてなしていたため、
その清水が桜清水と呼ばれるようになったって話もあるな。

556 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 21:19:42.03 ID:JrjtXvvt
>>554
別に明記しなくてもいいんじゃない?

どっかで見たり聞いたりしたけど出典は忘れたっていう人もいるだろうし

557 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 21:25:44.92 ID:8WIJwihP
天性のよい子に最善の環境を与えると宗茂さんが出来上がるのかもね。
ホントに絵に描いたような理想の侍だよな。

ただ、古今東西の天下人に必要だと思われる強烈なコンプレックスがなさそう

558 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 21:37:14.38 ID:iYjPe3h0
>>557
実父  : 高橋紹運
義父1 : 立花道雪
義父2 : 小早川隆景

DQNになる要素が全くない

559 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 21:42:29.88 ID:iYjPe3h0
>>554
小説どころか他の逸話を家康版に改変してやったぜと堂々公言する人もいたりする。
まあそのへんは各自で判断してくださいってこと。

560 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 21:51:40.81 ID:m/b7Hi1D
>>558
実父:島津義弘
祖父:島津貴久
祖父2:園田実明(貴久の忠臣)
叔父:島津義久ら優秀な人たち

DQNになる要素が・・・あれ?

561 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 22:05:46.32 ID:UJ7vJx7N
>>560
そこはほら… お国柄からして戦闘民族だし…

562 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 22:17:07.91 ID:0gyyQntj
宗茂さんは、ぶっちゃけ一家の頭としては灰汁がなさ過ぎるってか、純粋培養し過ぎな感が~
(悪)の人は、戦場での指揮官としてはどうだったのかね?


563 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/22(日) 22:18:59.28 ID:pTzDPTSg
戦国時代の島津家は家臣が暴走しすぎだろ・・・

564 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 00:14:38.54 ID:+sKn9grY
父:大田原資清
長男:高増
次男:資孝
三男:綱清

まぁ仕方あるまい

565 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 00:34:03.99 ID:oS7Mf47h
>>564
父の教育に忠実だったと言える

566 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 00:44:50.11 ID:TQBg7kCZ
父:宇喜t…

いや、何でも無い

567 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 00:53:35.60 ID:N30iMXxQ
秀家は父の顔も覚えてないだろうし実家ともすぐ離れたから…

568 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 00:56:23.51 ID:nGWEP6nZ
父:宇喜多直家
養父:豊臣秀吉
従兄弟:坂崎直盛

秀家さん、まっすぐ育ち過ぎじゃね?

569 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 01:35:48.60 ID:9E24BlGw
秀家は誰と仲良かったの?

570 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 02:13:08.17 ID:s2FTi/pD
豪姫

571 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 04:52:19.21 ID:jHFm9IJN
祖父:元就
父:隆元
子:輝元

どうしてこうなった

572 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 05:56:09.39 ID:zplBjgZc
毛利家は頼りないのを折檻&説教育でよく矯正してる方

573 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 08:42:59.15 ID:YgDGHCdd
>>568
叔父に似たんだよ

574 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 10:07:50.98 ID:kRTDyVmi
秀家はもったいなかったな
直家がもう少し長生きしてたら直家から謀略の指南受けてすごい武将になったのにな
天下も取れたかもしれんよ直家のような人物なら秀吉は相当警戒しただろうけどw

575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 10:23:08.27 ID:s4fhGLHD
まあ秀吉の時代に政敵をじゃんじゃん毒殺とかやばすぎるからなw

576 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 11:13:31.81 ID:z5e4np2F
>>572
手紙で延々と説教を垂れ流所まで似てしまったのはご愛嬌。

579 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 20:06:18.04 ID:WAU8icpn
>>546
ホント三河者の某はうっぜーなあ

580 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 21:00:54.39 ID:s4fhGLHD
まあ譜代の三河武士でも家格低いのや有能でなければ冷遇されてるよね。
それが天下を取るってことなんだろうけど。

581 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/23(月) 21:44:58.26 ID:h0Jx8QpT
大久保家は本家がああなったから僻み根性の塊になるのはしょうがない気もするがそれでもちょっとなw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    信政・信重「ダビスタじゃねーんだから、アテになるかよ、…血統とか」

    父の父 安房守昌幸 父 伊豆守信之
    母の父 中務大輔忠勝 母…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    祖父 水野忠政
    叔父 水野信元
    親父 水野忠重
    息子 水野成貞、水野勝俊
    嫡孫 水野十郎左衛門

    勝俊以外はどれも一癖も二癖もある人物ばかり

  3. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    秀忠は立花以外にも、上杉と佐竹と丹羽といった、関ヶ原の西軍の面々を、重用したのは何故だか解る方いますか?
    秀忠と言えば、関ヶ原のトラウマで某一族を恨んでいたから、前々から不思議に思っていたんですよ。
    隠し子の養子先も、某一族の姻族だし…。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ちなみに勝成の従兄弟
    土井利勝(伯父信元の子)
    徳川家康(伯母於大の子)

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    突っ込むのも無粋かとは思うけど、某一族を恨んでたというのは俗説では

    政情安定のためには恭順したかつての敵を許すのも大事なことだし、
    それが立花や上杉といった(危険な)大物であれば、秀忠の器も大きく見える
    そんな感じじゃないかと

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※3,5
    劉邦も天下統一後は仇敵を取り立てたり反勢力の頭となりそうなのを積極的に政権内部に入れているよね。
    秀忠のこの対応は大阪の陣の豊臣方の顔触れを見ると成功したと言っていいんじゃないかな?
    大物と言っていいのが長曾我部盛親しかいないもんね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    それで父上、難ずる者、感心する者、忠義顔で大御所に注進する者というのはそれぞれ誰だったのですかな?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    明治維新後も賊軍出身者を登用してたりしてたから、それと似たようなもんだろうな。

  9. 三 | URL | -

    赤館は佐竹氏の最前線だったからなぁ。
    使われ方は間違ってない。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    宗茂さん話は、考え方も切り返し方も上手いなぁ。読んでいてスカっとします。

    秀家さんは、あの性格だからこそ皆から愛されたし、大事にされたのだと思う
    けどなぁ?あの時代に余りに謀略巡らせるかの様な事すれば、幾ら豪姫の夫と
    は言え、諸大名が警戒感示すだろう。また時代的に見て、誰に使うのかね?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    棚倉!地元だ。そんな政策してたとは知らなかった。

  12. 人間七七四年 | URL | LMs.iqQA

    >>553
    伊豆守夫妻「うちの親父と愚弟を再教育して欲しいです…」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    父・細川忠興
    母・明智玉(ガラシャ)
    父方の祖父・細川幽斎
    母方の祖父・明智光秀

    …この面子でビックリするくらい良い意味で常識人かつ幕府からも重宝される優等生に育った忠利は本当に名君だと思うわ…

  14. 人間七七四年 | URL | CoR2gMDI

    宗茂さんのこの種の逸話の抗弁って、他に言い方が思い付かないのだけど…のらりくらりと言うか…
    あぁ!相手を怒らせない様に、相手の面子を潰さないように正論を言う感じだよね

    それでいて、自分が変にへりくだっている様にも聞こえないから、本当に上手いなぁと思う

    そのスキルを是非私に!

  15. 人間七七四年 | URL | -

    年を取ると譜代の歯軋りもわかるんだけどな

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    ただ、表高は一緒でも肥沃な上田から痩せた松代に真田家を移封したのを見ると、やっぱり真田家を目の敵にしてたんじゃないかと思ってしまう。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    このスレ見てると551が末端三河武士の末裔に思えてくる

  18. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  19. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    ※17
    そんな無茶苦茶な言いがかりを付けて如何にも「宗茂ファンはケツの穴が小さい」と人々に思わせる17こそ、三河武士の回し者であろう。

    つまり、宗茂をdisる奴は彦左だ! disらないのは訓練された彦左だ!!
    ホントいい話スレは地獄だz(ry

  20. 人間七七四年 | URL | -

    秀家は、能家に似たんじゃないか?

    というか、一緒に苦難を耐えた家臣は絶対に悪く扱わなかった直家も、色々あったかもしれんが結局兄貴を支え続けた詮家も結構、能家に似てる気がする。

    宇喜多の人間て特別なことでもなければ、忠義者で仁に厚いタイプに育つように思える。

  21. 人間七七四年 | URL | bH1htKmU

    ※20
    直家公の弟君は忠家公…詮家殿は坂崎直盛(忠家の子、千姫事件の人…唯一忠義(笑)って感じのお方)

    間違えた貴殿に話があると直家公が茶室へお呼びです

  22. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    直家と秀家が正反対の性格になったのはわかる気がするんだけど、詮家(坂崎直盛)だけは謎だわ
    どうしてああなった・・・

  23. 人間七七四年 | URL | -

    >>※8
    統治に対するノウハウ持ってなかった人材を高位につけるわけにもいかんし。
    まあ、関が原もそんなとこでしょう。

  24. 人間七七四年 | URL | bH1htKmU

    ※23
    あとは使える駒(家臣)の多さだろうね

    優秀かどうかは別として、ある程度頭数揃えらんなきゃ統治出来ないし

    元の領地がデカければ元々家臣一杯だし、有名だったら多少少なくとも集められる

    逆の話すればそれだけの人数がひとまとめ(家丸ごと)に無職になったら…

    それは困るだろうし

  25. 人間七七四年 | URL | -

    >>本スレ560さん
    実父:島津義弘
    祖父:島津貴久
    祖父2:園田実明(貴久の忠臣)
    叔父:島津義久ら優秀な人たち

    DQNになる要素が・・・ないですね。久保はDQNじゃないもの。

    アクヒサ?ソンナヒトイマシタッケ?

  26. 人間七七四年 | URL | -

    悪久「東郷。※25を斬れ」
    東郷(なんという男だ)ザクッ

  27. 人間七七四年 | URL | -

    こーゆー血統の話で
    なんで氏真が出てこないのか

  28. 人間七七四年 | URL | -

    >27殿
    実父 今川義元
    叔父1 武田信玄
    叔父2 武田信繁
    祖父 武田信虎

    たしかに凄いメンバーだわ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6625-66548ec6
この記事へのトラックバック