FC2ブログ

細川幽斎という人は高ぶる気性のない人であった

2012年07月24日 20:53

582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 16:25:49.16 ID:Chx9nd01
細川幽斎という人は高ぶる気性のない人であった。

ある時、連歌師の里村紹巴が、他人より常に優れようとする病を持っていると見て取って、

「人というものは心より、形、言葉に至るまで全てへりくだるべきものであるぞ。
お主は能くその心に立ち返らねばならない。」

と、懇ろに教訓した。

またある時、蒲生氏郷がこ幽斎に出会ってこんな事を言った

「貴殿は芸能の誉れがあるためか、あなたの武功について語る人は少ないですね。
であれば、武士にとって多芸に長ずるというのは要らざることではありませんか?」

これを聞いた幽斎、うち笑って

「私は確かに芸を嗜みますが、みな口すさび手遊びばかりで、しかも他人より優れたものなどありません。
いわんや武士としての働きにおいては、一体誰が私に劣るでしょうか?」

そう、返事をしたそうだ。これは、この場面を側にいて聞いた人の物語ったものである。
(関原軍記大成)

細川幽斎の謙譲
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2928.html


氏郷への返事、いかにも京都人らしい、真綿に棘がしっかり入っている言葉ですねw
そんな幽斎様の人格についてのお話

583 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 17:14:25.44 ID:IbZESrud
武功の事で蒲生氏郷ごときに言われたら、そりゃ腹も立つわな。

584 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 17:16:32.10 ID:ZhMUpG1o
こりゃうまく刺しかえしたな、さすが幽斎様

585 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 17:56:12.38 ID:aMTTgEaO
京の風流人の皮肉オソロシス(´・ω・`)

586 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 18:03:39.86 ID:+1NTIAmg
氏郷に幽斎をくさすつもりはなかったんだろうけどねえ。
有力者に可愛がられて育ってきたエリートの世間知らずのようなものを感じるな。

587 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 19:05:16.84 ID:+siyYB5f
>>582
言ってるそばから上から目線で説教してるやん
同じ穴の狢っすよ幽斎さん

588 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 19:09:24.97 ID:gthLpY0h
>>587
いやいや、説教なんてヒトコトも言ってないだろ?
文字通りものすごくへりくだってるだけで。

これはへりくだるというのがどれだけ恐ろしい技術かを言ってるんだよw

589 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 19:22:57.54 ID:+siyYB5f
>>588
前者の逸話のこといってるんですけど・・・。

まあ後者の逸話も言葉でへりくだっても心が全くへりくだってないので台無しっす。

590 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 19:32:58.06 ID:gthLpY0h
>>589
ああ、そのへんは、里村紹巴は同じ京都の古くからの教養人仲間という”ミウチ”で、
蒲生氏郷はミウチではない、という部分を感じないとわかりにくいかもしれないな。
ミウチにはちゃんと本音を言うのさw

591 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 19:38:59.19 ID:GW9DHHV3
工場長言うても幽斎様からすりゃ倅のダチ程度のもんだからなぁ

592 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 19:46:38.20 ID:yOkWmfnc
>>591
社長の娘婿だけどな(´・ω・`)

593 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 21:22:05.01 ID:+Hk6Ulcz
忠興があんな風に育っちゃったのがわかった気がする。

594 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 22:24:58.52 ID:cK+S3Ghl
三歳さんは幼少期に幽斎さんの薫陶をあまり受けてないんだっけ?

595 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/07/24(火) 22:31:17.50 ID:i8gfB5xJ
三斎様は礼儀正しくて人付き合いも丁寧だよ
ただ感情の振幅が大きすぎるだけで
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    細川三斎という人は荒ぶる気性のない人であった

  2. 人間七七四年 | URL | -

    信直「上方の人との会話難易度高すぎ死にそう…」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    長宗我部侍「上方の人と衣装を合わせるのは難易度高すぎ死にそう...」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    家久(善)「上方のお茶席難易度高すぎ死にそう...ま、いいわ。白湯貰お」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    直家「家久(善)さん、じゃあうちのお茶席どうですか?」

  6. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    工場長は若かりし頃、斎藤利三から「武士は道楽(特に茶の湯)にうつつを抜かさずに、武芸に精進せよ」とたしなめられたことがあったはず。
    聞いていなかったな。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    私の芸事は趣味の範囲で、どれもたいしたものではありませんよ。
    その芸事の中のうちの1つ、武芸に関しては(専門家の)あなた方のほうが(趣味の)私より劣った人なんているわけないじゃないですかwww

    ってことでしょ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    またまたご冗談を

  9. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    工場長だって武芸以外にもいろいろ手出してるじゃねえかwww

  10. 名無しさん | URL | -

    光秀「藤孝どのから色よい返事を頂いたぞ!謀反決行!」
    ~変後~
    光秀「言ってたことと違う…これが京都人か。」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    ガラシャ「そうです。私の父、明智光秀が選んだ殿方が気性が激しいなど…あら?」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    興元「兄上は穏やかだから」
    伊也「兄弟喧嘩なんかしませんしね」
    忠隆「親子喧嘩もね」
    興秋「そうそう」

    幽斎「…」

  13. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  14. 人間七七四年 | URL | 0Q3WCu86

    なんか前に見たエピソードに、

    ある家に『武の』『知の』と並び証された二大家臣がいたが、『知の』人曰く、
    「俺の方が戦歴は上なのに、なまじ政治が出来たせいで『知の~』なんて呼ばれてる。畜生が」

    ってのがあったような。
    誰だっけ。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    >武と知
    細川家臣の松井康之(知)と有吉立行(武)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6627-bd75e839
この記事へのトラックバック