FC2ブログ

朽網宗暦の報われぬ奮戦

2012年08月26日 20:45

181 名前:名無しさん@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/08/26(日) 14:27:50.60 ID:ZuSXXKgS
天正14年の豊薩合戦で大友方は入田義実・志賀親守・同親度・南志賀鑑隆・同鎮隆ら南郡衆の多くが
島津氏に通じた。
いずれも主君の大友義統や先代の宗麟に対して含むところがあったらしくそこを島津方に付けこまれた。
特に入田義実や志賀親度は率先して先導役を務めており豊後方面の守備は崩壊していった。

・朽網宗暦(85歳)の報われぬ奮戦

山野城は豊後南部の久住連山「黒岳」南の麓、標高750mの山中にあった大友家臣朽網氏の居城である。
これを攻めるは島津家中でも名高き「親指武蔵」新納忠元。守るは朽網鑑康入道宗暦、当年85歳。
この宗暦は「二階崩れの変」後に大友宗麟の差し金で阿蘇惟豊に殺された入田親誠(義実の父)の弟である。
朽網親満謀反で途絶えていた朽網家を継いでいた。兄の一件があったにも関わらずよく用いられていたらしい。

支城の三船城を落とされて兵達は意気消沈、自身は病床にあったにも関わらず宗暦は采配を取り
新納勢に立ち向かっていった。しかし病身かつ高齢で采配をしたのが災いしたのか12月23日に病死。
嫡子・鎮則から和睦論を聞かされ憤死したとも言われている。鎮則は父と違って島津勢と立ち戦う
意思は薄かったらしく、父が病死した翌日に降伏開城を決めている。
また宗暦の死は鎮則が山野城を開城降伏したことへの責任を感じて自刃したとの説もある。

・朽網鎮則たちの後日談

秀吉の九州征伐後、大友義統は島津に降伏したり開城した連中をSATSUGAIする気マンマンだった。
重臣の一萬田鑑実すらも一族の紹伝が島津に寝返ったことをケチつけられ自身は関係ないのに
切腹させられている。
そんな義統ゆえに朽網氏へも当然討伐軍を向ける。これに対し鎮則や子・統直は義統への怒りがあったのか
逆に敢然と戦い鎮則は自害し統直は討死した。
ちなみに入田義実は島津義久の元に逃げ込み日向に所領を与えられ、子の氏虎は関ヶ原に参陣し
島津義弘や豊久と一緒に戦っている。




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    何で義統って、こういう後味悪いというか残念な逸話に事欠かないんだろ…
    親父の宗麟どころか、世間から同じ「家没落させたダメ息子」みたいな印象もたれてる氏真や勝頼と比べても、何だかなぁ…

    まあ朝鮮や関ヶ原での失態もあるから、氏真や勝頼と同列には語れない気もするが

  2. 人間七七四年 | URL | -

    義統の性格の悪さと状況判断の出来なさはどんな良い状況をもダメにしてしまうタイプ。暗君ぶりでは一条兼定といい勝負じゃないかな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    義統って本当にダメな子だね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    勝頼、氏真は先代の負の遺産を背負い込まされながら出来ることはやったけど、
    義統は先代の負の遺産に、更に自分でマイナスを追加していってる感じよな。

  5. 人間七七四年 | URL | tKQf3S82

    これを見ると高橋紹運は玉砕するしか道はなかったんだな…と思ってしまう。
    降伏してたら義統に報復されていた可能性が大きいし…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    大友さんとこは他家に養子に行った当主の弟がネックになるんだよなあ(笑)伊達さんとこよりヒドい(苦笑)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    親子、兄弟、夫婦のすべて仲が悪くて、それがお家の滅亡にまで影響してる大名って他にある?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    義統は生母で宗麟先妻の奈多夫人とは仲が良かった。宗麟との不仲になった原因の一つは奈多夫人との離別もあるとしたら後妻のジュスタやその兄弟の紹運にあの義統が良い感情は持つとは考えられない。さぞ紹運も厳しい立場だったろうね。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    パッと見朽木元綱さんと間違えた

  10. 人間七七四年 | URL | -

    基本的にオオトモ家臣は悲惨だが

  11. 人間七七四年 | URL | -

    なお、入田義実は朽網鎮則の従兄。

    入田親廉┬親誠(長男)─義実
        └鑑康(次男)─鎮則(長男)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6728-aa1f1bc9
この記事へのトラックバック