FC2ブログ

天正12年・羽柴筑前殿に関すること

2012年08月28日 20:52

199 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 06:47:12.43 ID:aOmWG0Hq
『ここに羽柴筑前(秀吉)殿に関して、尊師が知りたいと思われるであろうことを少々述べます。

筑前殿は日本六十五カ国において、内裏に次いで、最も富み、かつ強勢によって日本全国より尊崇を受ける大身です。
一般の噂に寄れば、彼は何事においてもその前任者信長と比べ、遥かに優越しています。

彼は単にデウスの教えに反対しないのみならず、大いに我等が聖教を尊ぶ姿勢を示し、
坊主の欺瞞の宗旨(仏教)よりも真理であることを認め、キリシタンを信頼し、常に側近にある大身等の子息が
キリシタンとなるのを見て喜ばれます。

ジェスト(高山)右近殿に対しては、毎日城中において語り、彼を賞賛し、青年にしてかくも欲を制する者はいないと
考えておられるそうです。

他にもまた、デウスの教えに対する羽柴殿の愛情と行為を我等が信じるべき、多くの確実な理由があります。
その主なものは、彼が親類及び異教徒である親友よりも、キリシタンの方を信用しているという事です。

例えば、大坂に次いで彼が有する最も良き城は信長を殺害した明智の居た城ですが、ここは彼の地位にとって
重要なものの一つであるため、彼は稀な才能を有するキリシタンの老貴族(不明)を同城の守将としました。
彼の書記官(安威五左衛門尉志門)もキリシタンです。

また海の司令官にして塩飽諸島(瀬戸内)から堺に至るまでを監督するのは、尊師もご存知の(小西)隆佐の子、
アゴスチニョ(小西行長)です。彼は今、五畿内の地方において大いなる名声と収入を有しております。

さらに羽柴殿がその身辺を守るために常にその側近においているジュスト右近殿は、この地方において
最も槍術における達人として知られています。

ジョーチン隆佐はその収入の管理者にして、茶の湯の道具を保管しています。
尊師がご存知のようにこの道具は日本の宝物であり富です。

シメアン池田丹後(池田教正)殿に対しては大いなる名誉を与え、過ぐる戦争において為したことに対し、
その地位を引き上げ収入を増やすことを約束しました。

また大和国に逐われた三箇(サンチョ)殿の子マンショを呼び戻し、その戦争における勇猛さを見て、
多くの恩恵を与えて自分に仕えさせました。』
ルイス・フロイス、天正12年次日本耶蘇会年報)

後に禁教令を受けて大いに非難するフロイスも、この頃は秀吉をキリスト教の外護者としていたのである。





200 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/08/28(火) 08:07:35.30 ID:RaXf7quw
さすがの神もラスボスの豹変までは予知できなかったか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    フロイスから保護者扱いされたやつってたいてい破滅するよな。

    高山右近
    大友親子とキリシタン家臣団の皆さん
    肥前の有馬

    黒勘さんは別格かな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    反キリスト教に切り替えたのは
    秀吉の晩年の豹変つか耄碌とはまた別の話でしょー
    例え現場の宣教師たちがどれだけ立派であったとしても
    結果侵略の橋頭堡になっちゃうんじゃ、ねぇ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2

    そもそも秀吉が態度変えたのも、九州の宣教師たちが徹底的に状況を読むことができずに、完璧に秀吉の不信感を煽った結果だしなぁ。
    そういやフロイスも空気を全く読まずに、コエリョの発言をそのまま訳するだけしかせずに、オルガンティノから叱責を受けていなかったっけ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも伴天連追放令ってまずはキリシタン大名らに命じたんじゃなかった?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    易経「君子豹変す」
    秀吉「君子豹変す」

    うん…だいぶ違うな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉のキリスト教禁教は、本来の意味の「君子豹変す」でしょ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6733-37652780
この記事へのトラックバック