FC2ブログ

佐々成政の最期

2012年09月01日 20:57

239 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 01:37:12.60 ID:eWA0Nf07
肥後国人一揆も概ね制圧されると天正16年(1588)、秀吉は上意によって佐々成政に畿内に上がるよう命令した。
そこで成政は直ぐに尼崎まで上がり、その地の法華寺にて命を待っていた所、遺恨のある弾正殿(浅野長政)
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6740.html参照)が支障を申し立てたわけでは無いのだろうが、
藤堂和泉守(高虎)が検使として派遣され、秀吉の御意を伝えた。それには

『去年九州に馬を出し(九州征伐)、西国においてはめでたく相治まったはずなのに、そこで肥後に一揆が蜂起したのは、
すべて内蔵助(佐々成政)が時分をわきまえず厳しい施政を行ったためである。それにより天下の騒ぎを
起こしてしまった!
小早川隆景も統治の難しい国に遣わしたが、彼は何事も神妙に仕置きしたため、見事に鎮めたと聞いている!

私はやがて東国に出馬しようと考えているというのに、西国の統治が動揺しているように東国に伝わり、
東国に私の政権能力に対し疑問を抱かせた、そして諸大名への今後の見せしめのため!』

切腹を命じた。


成政はこれに従い、庭の泉水の所まで行き石に腰掛け家臣の主馬を呼び出し、金30枚、その他身の回りの衣装など
すべて主馬に渡し、自分の座っている石を見て

「この石は内蔵助腰掛岩と呼び伝えよ!!」

そう言うと腹を十文字に掻っ切り臓腑を掴み出し「時分は良いぞ!」と、己の頸を差し出した。
そこを、藤堂高虎が介錯したとも、また小姓が介錯したのだとも後に沙汰された。
(川角太閤記)

秀吉の言うことによれば、http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6744.htmlで小早川隆景が一揆を起こさなかった事も、
成政切腹の理由になったのですね。

佐々成政の最期についての逸話である





スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    織田の重臣がどんどん滅んでいく様は寂しいなぁ
    信長は改革者として扱われてるのに、その部下たちの散り様はどいつもこいつも時代に取り残された者の消え方と云うのがなんとも言えない

  2. 人間七七四年 | URL | -

    史実だとノブさんは言われるほど改革者じゃないんだよなあ(織田政権は既存のものをそのまま取り込む形で急速に大きくなってるし)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    改革つーより、最適化につぐ最適化の結果だよな、織田さんちは。政治も戦争も人材も、常に最適化を要求される、苛酷な現場だ。
    最適化に失敗した奴は、容赦なくふるい落とされる。それこそ、信長本人も例外じゃないくらいに。
    そこで成功しつづけてきたラスボスの家なんざ、織田家以上に失敗者には情け容赦ない気風だったろうよ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    神子田や尾藤に秀次への仕打ちを見ているとまさにその通りだと思う。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    つか「降伏すれば領地安堵!さらに今ならこんな特典が!」と調略して、
    九州平定終わったら容赦なく検地・領地没収だもんなあ・・・・・・
    誰が肥後に行っても一揆になってただろ。

  6. 人間七七四年 | URL | BUYKH9h.

    ※5
    というか、目障りな佐々成政を潰すために統治困難な肥後に追いやったんだろ。
    成政ははなからハメられてた。

  7. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    越中では僅かな期間で治水を成功させるなど、佐々成政は内政手腕に長けた武将だった
    その成政が一揆起こされるんだから肥後では相当無理なノルマを課されていた可能性はあるね

  8. 人間七七四年 | URL | -

    一揆を起こした連中の責任を問えるし、起こされた成政も排除できるし、
    領主不在の地を子飼いに任せられるし、秀吉にとっては都合のよい事の
    方が多いかな?

    仮に成政が有る程度の成果を出したとしても、旧織田家家臣系の人達の
    末路を考えると、多分何らかの因縁付けて排除されてたと思う。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    成政は越中統治の実績があったから、新封の三ヶ国(豊前、筑前、肥後)のうち、一番統治の難しい肥後をまかされたんだと思うけど。
    秀吉にとっちゃ成政がどんなに反感持ってたって関係ないよ。謀叛なんて起こせる状況じゃないし。来たるべき唐入りのために、速やかに肥後を領国化してくれれば、それでいいんだし。
    でも成政はそれに失敗したどころか、反乱を招いてそれを長期化させてしまった。秀吉の、やや過大ともいえる期待に背いてしまった。
    成政もまた、自己最適化に失敗し、あっというまに新時代に取り残されてしまったから、排除されたんだよ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9さんの視点はおもしろいですね

    秀吉が成政をはめ殺したって定説が刷り込まれてると
    そういう発想はぜんぜん出てこないものだなぁ
    気をつけよう

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    オレの目から鱗が落ちてしょうがない

  12. 人間七七四年 | URL | -

    米9
    それは誰かに向けての発言なのか?個人の考えの発露なのか?
    視点は確かに面白いけど、逸話内で言っても意味無く無い?

  13. ※9 | URL | -

    ※12
    もちろん個人的な感想だよ。議論するには史料的裏付けもない、状況からの推測でしかない。
    ただ、感心してくれてる人もいるようだから、それなりに面白い視点だったとは思ってるがね。

  14. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    成政を奥州とかへ配してたらどうなったろうね。
    政宗vs成政

  15. 人間七七四年 | URL | -

    蒲生となんら変わらん気が・・。
    まあ、伊達の奥州での地盤があるからか。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    石高制の開始
    一職支配の開始
    金銀の貨幣価値の制定
    転封

    軽く思いつく限りでこんだけやってるのに改革者じゃないとか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6748-343f5c3e
この記事へのトラックバック