FC2ブログ

神々の争い

2012年09月08日 20:30

371 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/08(土) 05:18:47.30 ID:XGjCSYo5
神々の争い

 武士に戦神と崇められている八幡神を祭る宇佐八幡宮。
 その由来は謎な部分が多いが元はどうも渡来系の鍛冶の神らしく、弓削道鏡の野望を砕いた
宇佐八幡神託事件など朝廷の庇護も厚く、九州最大の荘園領主として君臨していた。
 という訳で、八幡神は天津神として扱われる事が多い。
 また、宇佐八幡は神仏混合政策を主導していた事もあって弥勒寺という寺を抱え、国東半島は
六郷満山という仏教の拠点にもなった。
 さて、今度は国津神である。
 豊後の国の南部、祖母山を中心とした山岳信仰から、とある一族が豊後国に台頭する。
 大神氏。
 この一族、その祖が蛇神という血統を有していた彼らは豊後南部に根を張り、土地は貧しいが
港に適した地形から海上交易によって富を築き勢力を拡大していた。
 そして、彼らが持つ水軍は平家台頭の時代の流れに乗り、源平以前から九州最大の荘園領主であった
宇佐八幡と必然的に利害が衝突する。
 大神氏の子孫である緒方惟義は平家を見限り源氏につき、平家が避難していた宇佐八幡宮を焼き討ち。
 だが、平家が壇ノ浦にて滅んだ後の源頼朝と源義経の対立に巻き込まれた大神氏は義経側について失脚。
 時代は下がり、豊後に下向してきた大友氏はこの神々の争いを徹底的に利用し、
宇佐八幡信仰を利用して地元国人衆であった大神系国人衆を粛清してゆく。
 ただ、宇佐八幡は豊前にあり豊後とは隣とはいえ国が違うために、その八幡信仰を担ったのは
国東半島にある奈多八幡宮である。
 この争いは戦国時代になるまで続けられてゆく。
 大友家が合戦や血縁政策にて大神系国人衆を取り込めば、大神系国人衆はやばくなったら船を使って
伊予に逃げ出しほとぼりが冷めたら豊後に帰還する始末。
 その戦いの決着は全てを否定するこの男の信じる神によってもたらされた。

 大友宗麟『主の為に』

 大神系国人衆は小原鑑元の乱を最後に無力化されるが、宇佐八幡をはじめとする旧態依然として
既得権益の塊だった寺社勢力全てをキリスト教信仰によって大友宗麟は敵に回した。
 
 1561年 宇佐八幡宮焼き討ち

 こうして神の国を作ろうとした男の夢は耳川合戦の大敗にて散り、大友家もその息子義統の代に
朝鮮出兵の不手際にて滅ぶ。
 その不手際の一説に名前があがったのがキリシタンだった志賀親次というのは何の因果だろうか。

 天津・国津・仏教にキリスト教、豊後にはこのような神々が流れた残滓が残り、20世紀その後豊後こと
大分県は国東半島を中心に仏の里をキャッチフレーズに観光資源としてPR。
 最後まで残ったのは仏教だったという神々の争いとその顛末の話。




372 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/08(土) 06:07:11.81 ID:aRY9MqBK
確かに信長っぽい
最終的にキリスト教に取り込まれてしまったが
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    宇佐八幡宮もキリシタン大名もPRしてるじゃない

  2. 人間七七四年 | URL | -

    大神の子孫は宮崎県に結構いますよw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    そうか次のメガテンの舞台は東京じゃなく大分に

  4. 人間七七四年 | URL | -

    宗麟はその名前のとおり禅宗に転んでからキリスト教に転んでる。
    で禅宗に転んだ原因は門司城の戦いで小早川隆景にフルボッコにされたから。
    これで宗教勢力に合力してもらい敵に対抗するという旨みを覚えてしまった。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    暇を持て余した神々の争い

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ところが現代の日ノ本では、
    神も仏も同じ釜の飯を食うような仲となりました。

    それどころか、
    ネットでは常に無駄な技術力を誇る、
    愛すべき馬鹿というネ申が生まれる始末。

    此処にもたまに今幽斎とも云うべき者が顕れるようだ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    詠むとこんな感じですね。
    封印の ほとけし如く 神あふれ 利発に過ぎしも 神と言うさい

  8. 人間七七四年 | URL | -

    なんなんだ一体、俺の周りには今幽斎なんぞ一人もおらんのに、
    ここには何故かわんさかとw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6771-49a7593c
この記事へのトラックバック