FC2ブログ

天野源右衛門(安田国継)、出奔経緯

2012年09月18日 20:26

475 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/17(月) 19:57:44.06 ID:bjO5ydSC
明智光秀の家臣であった天野源右衛門と言えば当時、名の知れた豪傑であった。
彼は本能寺の時、織田信長に槍を付けたとされたが、これにより豊臣秀吉から、
主君の敵であると大いに憎まれ、さしもの武名燦然たる勇者も逼塞の生活を余儀なくされていた。

そんな中関白豊臣秀次が、未だ三好治兵衛と称していた頃であったが、秀吉に許可をもらって
召抱えることとなった。

ある時の事、秀次が殿舎の建設をするとして、天野にも家人を召しだしてこの普請に当たらせよと
命じた。普請役というものである。天野は「承り候」と答えたものの、内心にこう思った

『私は国に大事のあった時、一方の先陣を駆けて敵を挫く事こそを仕事として、この人に仕えたのである。
普請などということをさせられるとは聞いていない!そのような作業は足軽などがするものではないか。」

そして屋敷に帰ると、すぐさま自分の士卒2,300人に弓鉄砲を持たせ、自分は槍を掴み、
その姿で普請場へと押しかけた!

この完全武装の集団を見た秀次は大いに驚き、
「天野は狂乱したのか!?どうしてこんな事をするのか、理由を聞いてこい!」
と、叫ぶと、側衆が出てそのとおりに天野に聞いた。これに天野曰く

「それはですな、私はここに家人を召し連れて来るようにとの御下知を受けました。
これはきっと、謀反人などがあって、それを討てという事があるのだと判断しました。
そのためこのように武装して馳せ参じたのです。」

秀次家臣の田中兵部はそれを聞くと大いに驚き
「そ、その様なことではない!急ぎの普請があるから家人を召し遣わし、この作業の功を励ませとの
仰せであったのだ!」

天野、この言葉にカラカラと大笑した

「私は、普請をするような家人は持ってはおらぬ!私は家人たちにいつも、槍を付き太刀を打つ業こそ
心掛けよと言っておるのだ!」

秀次はこの天野の言葉に激怒した

「このような傍若無人の行為を成すような者、頸を刎ね獄門に懸け。諸人に対する見せしめとせよ!」

そういって天野に対し討手を差し向けようとしているのを見て取った天野は、
「もはやこの様な暗君に仕えていかにするというのか」
と、直ぐ様その場より出奔した。

ちなみにこの天野の出奔がこのあと、
↓この話のように福島正則と立花宗茂を大いに対立させる事になる

福島正則と立花統虎(宗茂)、胃が痛くなりそうな
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2654.html

そんな天野源右衛門、秀次家出奔の経緯である。
(陰徳太平記)




476 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/17(月) 21:35:29.70 ID:+5ZV8qHw
誰かと思ったが改名後の安田国継

478 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 21:11:42.22 ID:xz19Y2AV
>>475
当時の価値観的には専門外の事をさせようとした秀次にも非はあるのかもしれんが
それに対して反論より先にこんな態度取っちゃうのはどうなのこれ
命じられたその場でハッキリ無理って言う方が男らしいと思うんだが

てか他の逸話も見たけどこいつ部下として滅茶苦茶使いづらそうな奴だなw

479 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 21:18:41.11 ID:toLLw6L8
鬼武蔵のとこが一番あってた気が

480 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/09/18(火) 21:22:13.78 ID:wEtAUHrf
足軽がするものだと思うなら足軽を提供すればよかったのでは…
この時代は平時だと雇ってないのかな?

481 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 23:32:31.21 ID:juvbnCgD
ていうか、重臣なら知行に応じて普請役を行うのは当たり前だろう。
本当なら所詮は葉武者だったってことだね。

482 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 23:37:34.49 ID:Y7wJegr+
普請役って軍役だからなあ・・・
士卒2-300も支配していても気分は一騎駆けの猪武者か

483 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 04:02:35.25 ID:0GaEnQMr
最後の寺沢さん以外、仕えた主があんまりいい死に方してないってなんだかなぁ…

484 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 18:06:07.20 ID:XGxRcsUX
まあこういう連中も使いこなしてこそ、なんだろうけどね。
それにしても一応主君相手にどうなのそれ、という感じだなあ

485 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 18:55:00.88 ID:jswBSx1i
>>481
市松さんちでの可児才蔵みたいに「少禄で構わないから普請免除ヨロ」なら角も立たなかったんだろうけどなあ

486 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 21:06:41.65 ID:/8EH4R/P
>>485
しかしそれだと寄騎つけられないから実際少禄になっちゃいそうだなあ
最も戦以外のあらゆる役目を免除されたら意外とそれでも裕福に暮らせるのかもしれん

487 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 23:14:55.41 ID:XGxRcsUX
「俺を妬む小人だらけの家中にいられるか!俺は下野させてもらう!」
ってなるだけな気も

488 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/20(木) 10:35:38.54 ID:t8Y1Nqsz
>>487
フラグっぽく感じるのはなぜだろう。


489 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/20(木) 11:02:12.15 ID:SHb5RPY5
三河武士だと家出しても結局戻ってくるイメージが

490 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/20(木) 11:36:01.00 ID:jFNwSsNH
>>487
下野した後、上野へ向かう…と見せかけて平野に改名

491 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/20(木) 11:36:35.24 ID:wUnYQsSP
家康が大大名になって最終的に天下を取ったからだろ。
滅んだり小大名で終わったりしてたら殆ど戻って来なかったと思うぞ。

492 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/20(木) 13:59:32.40 ID:/XjT+PGh
>>491
まぁそういう、勝ち馬に乗ろうとした奴もいただろうけど、一向一揆の時に一揆に参加して
終息後に降伏せずに一旦は出奔した連中とか、結局ほんの数年で帰参した奴も結構いた
当然、当時の家康は、天下どころかなんとか三河一国を平定っていう段階

たぶん、「どうせ降伏しても冷や飯喰わされるんだろ!」と思って出奔したものの、あとで
降伏組が意外に冷遇されてなかったりする様子を聞いて、「なんだ、じゃ帰ろ」ってことに
なったのではないかと


493 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/20(木) 14:37:30.40 ID:uiUVCiFl
>>492
おいおい、三河者の前でそんな事いったら
面倒くさい話になるぜ?

494 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/20(木) 15:16:58.50 ID:ufXKlLDX
>>492
つうか一揆側って次男坊以下や分家とかが多かったって昔の群像かなんかで書かれてるのを読んだ記憶があるんじゃが
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    剛の者の扱い方を知らないボスは戦国時代では通用しないな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    戦国ではそうかもな。

    でも泰平の時代が見えてきた頃には要らないかも?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    だがしかし、平和になったから武断派はリストラしますだと、主君への疑問が家臣団の中に生まれ内乱の危険が・・・

  4. 人間七七四年 | URL | -

    さすが作兵衛、どこまでも脳筋だ
    でも秀次が怒るのは当たり前w

  5. 人間七七四年 | URL | -

    そうか・・・八割方秀次が悪いと感じる私はさぞ上の人間からは使いにくい奴だと思われているのだろう(悲)

  6. 人間七七四年 | URL | -

    つか古今東西普請も軍事活動のうちのはずなんだがなあ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    作兵衛って経歴の割に知名度低いよね
    小説の主人公とかにピッタリだと思うんだけどなあ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    この時代は自分の属する家の戦でも気に入らないものには参加しない侍の逸話なんてのも結構あるんだよな。
    現代なら「晋請も軍事活動のうちだから我が儘言うな」と上司が理屈を言えば通る感覚とは、ちと違う感覚もある時代

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    >「秀次が殿舎の建設をするとして、天野にも家人を召しだしてこの普請に当たらせよと命じた」

    城とかならともかく、秀次の御殿の普請ってのが気に食わなかったんじゃない?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    >小説の主人公とかにピッタリだと思うんだけどなあ
    短編だが、新宮正春著「作兵衛の管槍」があるね

  11. 人間七七四年 | URL | -

    えっと、天野さんって三河のご出身ですか?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    天野さんが普請作業気に喰わんからやらん、やらせるなら主君じゃ無いと
    戦国武士スキルの発動話か。

    光秀と言えば、14年度大河に光秀をって話が有るみたいだね。
    元ネタ何にするんだコレ?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    大河「光秀」ってNHKがどうやるか容易に想像できる。
    軍事力で日本統一を図る全体主義者がいよいよ暴走して自身を神格化。で、心優しい戦嫌いの光秀様が泣く泣く討つ展開になると・・・
    別にこんなストーリーでも良いんだけど、毎回毎回こんなんだから嫌になってくる

  14. 人間七七四年 | URL | -

    個人的には、

    主君の命を断る気概もなく
    家臣ではない武者であると下手な喧伝をし
    機転の利いた返しもできず
    かといって武者としての意地もみせず
    挙句の果てに自分の暗愚を顧みず遁走した

    天野さんの恰好悪い話としか思えない。

  15. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | Hl2V6mkc

    時代感覚違うから仕方がないけど
    自分の部下にこんな口答えされたら
    そりゃ普通に怒るだろww

    可児才蔵といい、武辺の人とは
    あんまり合わなかったんだな、秀次。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    長久手でしくじってから、なんか武辺者には軽んじられてる感がするんだよね、秀次。それまでの秀次は、努力してるけどなんか勘違いしてるって感じだったのが、長久手で負けてからは、もう無理して背伸びしなくなってんのに。それが逆にメッキ剥げたみたいな言われ方して、本人もめっちゃ気にしてて、過剰に反応するからまたいろいろ言われてって感じで。長久手以後大きな失敗してないだけに、気の毒だよね。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    普請ってどの程度まで参加できるんだろう?
    材料運びとかくらいしかできないのじゃないのか?
    大工さんはかなりの専門職だし

  18. 人間七七四年 | URL | -

    建てる前の整地とか組み上げる時の材木持ちとか指示できるひとがいればいいって仕事たくさんあるし

  19. 人間七七四年 | URL | -

    秀次の目立つ失敗って小牧長久手だけなんだろ?
    それであの最期だし、後世では暗愚とされて人間性まで否定されるし…
    これほど気の毒な歴史上の人物も珍しい

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    小早川秀秋「本当に珍しい事だな。」

  21. 人間七七四年 | URL | -

    >>483
    雪下「お前それウチの殿の前で同じこと言えんの?(栗を片手に」

    ※14
    まぁ一事が万事こういう人じゃあないんだろうけれども
    一歩間違えば逆に情けないと受け取られかねないめんどくさい話もちょっと目立つ人ではあるね
    碧蹄館の時の握り飯の逸話といい・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6802-6d3a16f3
この記事へのトラックバック