FC2ブログ

榊原康政と井伊直政

2012年09月18日 20:26

500 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/17(月) 23:00:29.29 ID:Pg1WQe+C
レベルが足りないので3回に分けますorz

徳川四天王の榊原康政井伊直政の関係は初めは良好なものでは無かった。
武田家の遺臣が康政よりも13歳も年下で、まだ元服を終えたばかりの直政の付属部隊になった時は
「若造のくせに。こうなったら万千代と刺し違えてくれるわ」
と言い放ち、徳川四天王の長者である酒井忠次に叱責される有り様であった。

501 名前:500の続き[sage] 投稿日:2012/09/17(月) 23:05:59.55 ID:Pg1WQe+C
家康の為に心血を注いで働く直政を見るにつけ、康政も己を恥じて認めるようにる。
後に康政と直政は深い信頼関係で結ばれた間柄となった。
直政が先陣すると康政は安心し、康政が従軍するとあれば直政が安堵した。
「俺が直政より先立てば必ず直政は病気になり、直政が先立てば俺もすぐに死んでしまうだろう
そして家康様のお心を知るのは俺と直政だけだ」
康政は常々語っていたという。

502 名前:501の続き[sage] 投稿日:2012/09/17(月) 23:11:02.62 ID:Pg1WQe+C
関ヶ原合戦明け、本多忠勝を交えた徳川三傑の飲み会が開かれた。
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5007.html
その席で関ヶ原本戦に間に合わなくて凹んでいた康政を真摯に励ます直政の姿があった。
関ヶ原から1年半後に直政が没すると、井伊家の行く末に康政が心を砕き何くれとなく世話を焼いている。
そして直政の死から4年後、康政もその生を静かに閉じた。




503 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/17(月) 23:27:16.00 ID:hP+Fqc6y
そう言えば地味に康政さんって苦労人だよな

504 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/17(月) 23:43:55.42 ID:XlIBp+gt
安藤さんが涙目になる位いい話よの

505 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/17(月) 23:52:43.41 ID:motsuw+B
サド守が遠くからニヤニヤしつつ見守ってそう

506 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 00:10:50.90 ID:e0Z3PZXP
なるほど井伊美術館のホームページに
直政没後の井伊家を親身に守ってやろうとする康政からの書状があるね

507 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 00:45:01.31 ID:JIzIkwda
>>504
帯刀さんあんたは出てくんなw

508 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 00:56:47.27 ID:RSgyjJ8e
井伊家が彦根に居続けたのに榊原家は流浪の大名だったのは何でだ?

511 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 05:03:33.33 ID:4PyLIHdj
榊原さんは四天王の中ではどうにも地味だけど三河者らしい人物だよね
俺は好きだなぁ

512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 07:38:44.21 ID:Vz2pnaMF
榊原は照久の権現様膝枕のインパクトが強すぎてw

513 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 08:13:06.71 ID:9cLo9fyK
>>508
普通なら改易級のことを代々の藩主がやらかしたが、「榊原家は別格だから」許してもらえたけど、
代わりに転封になった。

あと、井伊家は京都の監視役として動かせない。

514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 08:17:17.78 ID:jNf2tLkU
>>508
栄転やら当主幼少とか乱行とか

515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 08:58:39.96 ID:O72/6u+N
そういえば安藤帯刀も直政亡き後の井伊の面倒をみていたな
息子だかが井伊家の家老になったんじゃなかったか

521 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 11:01:44.76 ID:JIzIkwda
>>515
安藤重勝だっけか
彦根藩士で木村重成討ち取ったと言われている人だな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    四角関係ですかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    直政の努力を認める、彦左みたいに新参ウゼーってなり続けない所が康政のいい所だと思う。

    忠勝との幼なじみコンビといい、地味だけど和む。余所者で孤立しがちな直政にとっては頼れる兄貴分だったんだろうな。

    そして安藤さんのライバル…なのか?
    四角関係って、家康様入れてですか(笑)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    誰も触れないが「差し違えてやる」って………

    いやー三河武士の忠義は天下一ですね(棒読み)

  4. 人間七七四年 | URL | -

    矢印の方向は家康と直政が中心だから
    元々気に入らなかったのって外から来た者が家康の寵愛を一身に受けていたからだと思うし

  5. 人間七七四年 | URL | -

    榊原家はむしろ幕末まで残ったのが不思議なレベル。

    ・2代康勝の死後、無嗣改易危機
    ・更にその無嗣改易は家老が嗣子を隠蔽した事件
    ・5代政倫の死後、無嗣改易危機
    ・7代政祐の死後、無嗣改易危機
    ・8代政岑の放蕩で吉宗の逆鱗に触れる

    よくこれで一度も減封されず白河14万石の後、ずっと表高15万石を維持したと思うわ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    康政と直政は榊原家の史料に
    「互いに語らわずして志を通ずる」、「誠の心友なり」と書かれているね

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >「家康様のお心を知るのは俺と直政だけだ」
    忠次・忠勝「え?」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    榊原小平太も家康の寵童だったと思う
    陪臣の小姓だったのを自分の小姓に貰い受け「御座直し」してんだよな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    それだからこその、家康様のお心を知るのは俺と直政だけというw
    康政は幕府が開かれてから重用された正信にも嫉妬してるしな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    忠次「クク…奴は徳川四天王の中でも一番の小者…」
    直政「フン…奴は徳川四天王の中でも一番の小者…」
    忠勝「フッ…奴は徳川四天王の中でも一番の小者…」
    康政「ふむ…奴は徳川四天王の中でも一番の小者…」
    家康「誰だよ」

  11. 人間七七四年 | URL | jtwaJ13Q

    正信「今、誰が大御所様を愛してるかの話題だったと思うが・・」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    三河武士の三河武士たる原動力はやっぱり殿様への激愛だった訳だ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※8は家臣の小姓だった

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ぐぐったら『甲陽軍鑑』に榊原小平太は家康の御座直しをしたと書いてあるね
    家康の「康」の字も貰っているし榊原家の優遇や
    関ヶ原後の家康の加増の申し出の話などを考えると
    井伊と同様に家康とは衆道の関係だったのかもしれないね

  15. 人間七七四年 | URL | -

    榊原小平太 是家康御座をなをしたる者也

  16. 人間七七四年 | URL | -

    マジか…軽くショックなんだがvv
    井伊が絡むと安藤さんといい自分が渋いと思った武将のイメージが崩壊するのは何故…(´・ω・`)

  17. 人間七七四年 | URL | -

    魔性の男ということでFA

  18. 人間七七四年 | URL | -

    つまり衆道が嫌いなもののふはやっぱりいないということか…(ラスボス除く)

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    鍋島勝茂も直政に言葉に出来ないほどボケーっと見惚れていたんだよな

  20. 人間七七四年 | URL | jtwaJ13Q

    むしろ、権現様が魔性の男

  21. 人間七七四年 | URL | -

    なぜか井伊直政が「パタリロ!」のマライヒのイメージになってしまった…。そしてパタリロ権現、直政と密通する榊原番虎蘭…。

  22. 人間七七四年 | URL | he0KMWO2

    >>21
    安藤「…俺は?」

  23. 人間七七四年 | URL | -

    たちそふる千代の緑の色ふかき 松の齢を君もへぬべし

    直政が聚楽第で秀吉に名指しされて天皇の前で詠んだ和歌だが
    さりげなく竹千代の「千代」と松平の「松」を絡めてるw

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ツイート二桁w

  25. 人間七七四年 | URL | -

    康政は関が原の功で粗略にしないって決まったんじゃなかったっけか。
    まとめの榊原康勝のところにやや詳し目で乗ってる
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6273.html

    南北朝時代の天皇家で両統迭立が続いたような形で、榊原家は進行してるね。たぶん唯一の大名だろこんなの・・。

  26. 人間七七四年 | URL | -

    >>22
    安藤は…タマネギの一人で良いや

  27. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    >>22
    僕と言うものがありながら! by永井万千代直勝

  28. 人間七七四年 | URL | -

    実は、ぱぱにゃんと永井直勝も親友です・・・

  29. 人間七七四年 | URL | -

    美少年ハンターだったとどこぞの本に書かれちゃってるが
    安藤さんはそれすら清々しいよな

  30. 人間七七四年 | URL | -

    といっても安藤さんの名誉のために
    一応手を出した(出そうとしたのは)(わかっているだけで)
    万千代ズだけだけど

  31. 人間七七四年 | URL | -

    29殿に同意。安藤さんは衆道関係でもできる男前な印象w。

  32. 人間七七四年 | URL | -

    えー結局、何角関係…

  33. 人間七七四年 | URL | -

    ぱぱにゃんにも友達がいたんだね・・・

  34. 人間七七四年 | URL | -

    永井と親友ってのは初耳なんだが…むしろ仲悪いと思ってた。

    この逸話も榊原サイドの語りばかりで榊原の方が勝手に親友呼ばわりしてるんだと…なんかぱぱにゃん外面いいけど心開かないキャラだと勝手に思ってた。

  35. 人間七七四年 | URL | -

    永井家に代々伝った名宝の唐物茶入れは直政から譲り受けたものらしい
    確かに家康以外には(外交相手は別)ツンケンしていて自分からは心を開かないイメージだけど
    25年も一緒に仕えているしそこは、ね

    安藤を含めたこの3人の親交も面白い関係だけど基本みんな家康第一な所が徳川であり
    直政に対する安藤の衆道的恋愛感情は一方的なもだっただろうしね
    それでも安藤は伊奈図書事件の時も一も二も無く直政の力になっているし
    直孝や井伊家にも親身になっている所とかすごくカッコいい

  36. 人間七七四年 | URL | 8kSX63fM

    安藤さんは康政の長男が大須賀を継いだ時に後見人になってて、息子世代の面倒も見てた印象。

  37. 人間七七四年 | URL | -

    それぞれ個性が強くて纏まっていないようでいてスゴく番纏まっている
    絆が強いね

  38. 人間七七四年 | URL | -

    米34
    女王様体質というか家康にだけデレるツンデレというかw
    なので米6とかみても決して康政の一方通行ではないだろう

  39. 人間七七四年 | URL | -

    榊原としちゃ13歳も年上の余裕で
    こいつまーたツンツンしちゃってかーいい奴めw的に思ってたと

  40. 人間七七四年 | URL | -

    >直政が先陣すると康政は安心し、康政が従軍するとあれば直政が安堵した

    関ヶ原ではお互いに譜代と外様の軍監として別ルートを進んだけど
    そのルートが康政と直政の双方が逆だった場合、
    なんとなくだが、徳川本隊は関ヶ原に間に合い
    康政もそして直政も島津の銃弾を受ける事は無かった気がする

  41. 人間七七四年 | URL | -

    康政ラブなせいしょこさんがパパにゃんに嫉妬

  42. 人間七七四年 | URL | -

    これ、なんで殿堂入りしてないの?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6804-d56dd16e
この記事へのトラックバック