FC2ブログ

黒田長政は常々こうぼやいていた

2012年09月22日 20:29

528 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 12:28:22.84 ID:96f3VvAj
黒田長政は常々こうぼやいていたという。
「オレは14歳で初陣して以来、手柄を何度も取った。
しかし、人は皆『如水の子だから当然だ』という目をしている。
その点、幸長はさして武辺者でもない弾正(浅野長政)の子だから、
あまねく天下から武勇をもてはやされている」と。





530 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 12:56:45.43 ID:F7XLBAkn
>>528
10歳くらい年下の幸長に嫉妬するとは

531 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 13:07:52.18 ID:QuUwL04t
>>528
え?クロカンの方が無辺者のイメージ無いけど...

532 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 13:23:50.56 ID:F7XLBAkn
武辺者ってのは個人の武勇だけじゃなくて戦場での采配巧者も含むから如水は武辺者で良いんじゃない?
それも同時代の人から見ればとびきりの武辺者だと思うけど

533 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 13:43:27.23 ID:uCrdzVEh
クロカンが武辺者だからというよりは
あのクロカンの息子なんだからさぞ出来がいいんだろう、
とか思われてたんじゃないかと
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    浅野長政は小物じみた逸話には事欠かない人ではあるが秀吉の親族で重鎮なのにNGMSに軽んじられてたんだな。逆にNGMSは年下の幸長を相当意識してたんだな。

  2. ゆとりある名無し | URL | -

    父親は黒田官兵衛
    父親行方不明時の保護者は竹中半兵衛
    父親が依頼した指導教官が小早川隆景
    という、豊臣系知将揃い踏みの豪華指導陣だったから
    NGMSさんは有能なのに、それ以上に期待されすぎたんじゃあるまいか。

  3. 忠之「如水の孫である僕は間違いなく天才軍略家だね^^親父には悪いけど、隔世遺伝だよ。」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    秀吉の懐刀だった如水の家なのに、大藩として生き残らせただけも十分賞賛されるべきなのにね。
    全く関係ないけど、500本塁打打っても育成失敗って言われる清原と同じ雰囲気を感じたわ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    如水は二十歳過ぎに寡兵で赤松の大軍を撃破してるな。
    後、赤松救援に来た織田軍も凌いだし。

    毛利水軍も寡兵で相手の上陸ポイントを看破して撃破。
    足が悪くなるまで陣頭突撃してたじゃん。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    一度付いてしまったイメージは、他人は中々払拭出来ませんからね。
    この人の場合は、他人の目と言うよりは家臣団から色々言われてた人
    だから、余計に他人が気になったのかも?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば、クロカンは対浦上家でも地味にでかい戦功があったよな。
    妹殺された復讐戦で。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6814-fe878374
この記事へのトラックバック