FC2ブログ

佐久間盛政の処刑

2012年09月22日 20:29

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 07:34:28.08 ID:/3atuCBe
柴田勝家を滅ぼした羽柴秀吉は、越前を丹羽長秀に、加賀を前田利家に与え戦後処理を終えると帰洛。
捕縛された佐久間盛政も山口甚兵衞、副田甚左衞門に警護され京へとその身を移された。

秀吉は浅野長政を使いに立て盛政にこう言った
「私はお主の大功を知っているので、殺すに忍びない。そこで怨敵と言う思いをひるがえして、私に従ってはくれないか?
九州の諸大名は未だ服属していない。私はお主に肥後を与え、九州の討伐を任せたいと考えているのだ。」

盛政はこれを聞くと
「命を助けてもらい、その上大国を与えられるということ、これは後代までの名誉である。
私が九州に行けば1年のうちに平定するだろう。平定を終えて上洛をして、秀吉に対面すれば、
その時私は必ず憤怒の感情が生じて、思わずとも秀吉を斬り捨てるだろう。
そうでなくても肥後に下って、反乱を起こすだろう。私は秀吉とはそれほど相容れないのだ。

命を助けてもらった恩、国主としてもらった恩を返すこと無く却って災いになるというのはどうかと思うだろう?
恩というなら、速やかに死罪にしてもらいたい!」

長政は帰って秀吉にこれを報告すると、秀吉は再び長政を盛政の元に使いさせた

「もしかしてお主は、私が何かはかりごとをお主に対して企んでいると考えているのではないか?
私はそんなことはしない!その事は天のご照覧に任せる!とにかく、早く私に従って欲しい。」

盛政は答えた
「私は秀吉にはかりごとが有ると考えてはいない。そもそもそういう話ではない。
勇者たるもの発した言葉を、再び翻すべきではない!
私に対しては明日、必ず車に乗せて洛中を一見させて、河原にて殺されるのが良いだろう。」

秀吉もこれには
「勇者の一言というものは俚諺にもあるように、もはやとても、私に従うような事はないだろう。」
と、ついに盛政の助命を諦め、彼に最期の衣装を与えた。

佐久間盛政は自らの小袖の上に染物の赤い大広袖を着て車に乗った。
その姿は、身長六尺(約180センチ)、顔は紅潮し、頬髭があったと云う。

天正11年(1583)5月12日、年齢は30、車にて洛中を引き回れた。
世に聞こえた鬼玄蕃を見ようと貴賎上下を問わず馬車道に横たわり、
男女が巷に立ち並んでこれを見た。

盛政は引き回されながら彼らを睨みつけ、河原において処刑されたとの事である。
(佐久間軍記)

以上、佐久間軍記に見える、佐久間盛政の処刑に至る様子である。





517 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 08:51:18.05 ID:lu9U/Xis
肥後はアカン

518 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 09:24:56.87 ID:LIK4VB4Q
ここで素直に部下になっても、佐々のようになるのがオチか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    成政といい小西といい佐久間といい、段々肥後派遣がフラグの一種に見えてきた…(熊本の方すみません)

    あと
    秀吉「もしかして、お主は私が何かはかりごとをお主に対して企んでいると考えているのではないか?」
    の部分が……いやまともな頃の殿下ならまだ……

  2. 人間七七四年 | URL | -

    大きな勢力が無かったおかけで、小領主達が5、60もワラワラと肥後の鍬形でいたわけだからなぁ。
    我が県ながら、その連中を治めようとすれば、そりゃあ難治の国だろうなあとw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    全然違うけど、従姉妹の旦那は延岡出身。某松山中学校の先生が転勤していった先だけど、左遷先のイメージがついてしまった点、金之助君を訴えてもいい気がする。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    賤ヶ岳で急に出てきた印象だから、いまいち鬼玄蕃の勇猛さがわからないんだよなぁ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    そのころから第六師団の土壌は出来ていたかもしれない。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    米4
    賤ヶ岳以前から、かなりの数の合戦に参加してるよ
    一向一揆とか、上杉相手にも活躍してるし
    そもそも加賀もらうような人間がぽっと出なわけ無いっていう

  7. 人間七七四年 | URL | -

    米4,6
    鬼玄蕃の功績は抹消されたって感じなのかなぁ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ちなみに、熊本五高で、夏目漱石の前任者が、小泉八雲。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    延岡は譜代大名にとって南の最前線だったからね
    しかも対島津を想定した捨石だし

  10. 人間七七四年 | URL | -

    盛政は男前な逸話が結構あるね

  11. 人間七七四年 | URL | -

    他の逸話に有る長政とのやり取りは、この逸話の前の出来事なのかな?
    あのやり取りが無いだけで、ただの使い役と言うのは珍しい。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >1
    大大名が出現しなかった地域は土豪の支配力が強いわけで・・・
    大友・島津・竜造寺も、こいつらの統制には手を焼いてる。
    それをいきなり「丸ごと検地して、まとめて家臣団に組み込む」んだから、誰がやっても火がついたと思う。
    かといって、検地して、家臣の列に組み込まないと肥後を預けられた意味が無く、職務怠慢で結局は処分。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    義宣「そういう連中は酒宴に招けばいいんだよ」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    成政が肥後統治失敗の責任をとって切腹した

    だから秀吉が最初から成政を殺す気だったとか
    だから盛政も殺す気だったとか

    結果から逆算しすぎなんじゃないの

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6816-eef70693
この記事へのトラックバック