FC2ブログ

九条稙通の教養

2012年09月22日 20:30

564 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/21(金) 22:01:54.76 ID:LqlbWoBI
九条稙通といえば山科言継、近衛前久らと並ぶ戦国時代を代表する公家だが
いかんせんどんな人物だったか、まではよく知られていない
ウィキペディアですらわずか2行(ほとんど1行といってもいい)ほどしか記述がない
そんな稙通だが戴恩記にこんな話がある

あるとき稙通に色々物を習っていた松永貞徳が、4、5日出かけて戻ってきたときに
稙通が「どんなことがありましたか?」と聞いてきたので貞徳が
「いやあ聚楽第の毛利の屋敷で連歌の会がありまして
このとき里村紹巴殿(明智光秀の連歌の会の件でも有名な人)
が庭に咲いている梅花を見て
『梅の花 神代もきかぬ 色香かな』
(この梅の花の色や香りは 不思議なことだらけだったっていう神話の時代にも聞いたことないぜ!)
と呼んだのでみんな喝采の拍手でした」
と言ったらここで稙通
「おやおや、紹巴殿は連歌の腕は確かのようですが
いかんせん古歌には精通していないようですなあ」とご立腹だった
どうしてかと貞徳がわけをきくと
「いいですが、神話の時代にも聞いたことがないとは
在原業平がかつて
『ちはやぶる 神代もきかず たつたがわ からくれないに 水くくるとは』
(竜田川がまるで真っ赤に絞り染めしたように一面紅葉だらけで美しいぜ!
こんなのは不思議なことだらけだったっていう神話の時代も聞いたことがない!!)
と詠んだように具体的に竜田川の見たこともない美しい光景をとって
神話の時代にも聞いたことがないと言っております
同じように夢庵も
『冬咲くは神代も聞かぬ桜かな』
(冬に咲く桜なんて、不思議なことだらけだったていう神話(以下略))
と詠んでいます、これは冬に桜が咲く珍しさと、場所も伊勢ということもあって
神話の時代にも聞いたことがないと言うに相応しい
それにつけて紹巴殿は大して珍しくもない梅の花につけて「神話の時代にも聞いたことがない」
とおっしゃっています、一体何の根拠があってそんなことを言うのでしょう」

これには貞徳も「俺のような若輩者にもなんて分かりやすくて最もな説明……!!」
と感心したそうだ

九条稙通の教養のほどがうかがい知れる話






566 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/09/22(土) 00:09:56.87 ID:EB2SNDHC
時期が時期だけに戦国武将みたいな名前だな

567 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 02:21:26.19 ID:OMEEsOQL
幕末には「○麿」と名乗る武士が増えたらしいから時代ってあるかも(司馬ソース)。
でも基本、公家と武士って名前そんな違わないでしょ?

568 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 11:02:12.04 ID:hBrVEyEn
名前が何を指しているかにもよるけれど、
諱の場合は好んで使われる使われる漢字(含む通字)に差があるな
言継とか雅庸とか実条とか武士ではなかなかお目にかからない

569 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 11:12:38.65 ID:Rak/zI8J
五摂家の当主でも将軍から偏諱を受ける感じなので武士っぽさも増すんだよな

570 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 11:23:18.44 ID:qRdHmeZi
>>569
それは二条さんのとこだろ

571 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 11:49:15.02 ID:xhLZRFUp
>>566
義稙の偏諱だし
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    意外にも九条稙通は初出か。
    天狗の修行したり、放浪中に戦場に出たり、公家とは思えぬ波乱万丈の人なのに。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    神代勝利「呼ばれた気がして」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ファンキーな和歌の訳し方に吹いたw
    確かに梅の香りくらいで「神代もきかぬ」は大げさかもしれん「」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    米2
    ヘイユー
    ミーは「くましろ」とコールしてきたが、
    トゥルーはなんて呼んだらいいんだい?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    「千早振る」って、元相撲取りの豆腐屋の歌じゃ無かったんだ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    いつか書こうと思うも規制で書けなかったが、米1さんが言った様にこの人も細川政元みたいなことしてるんですよね。
    ただ、僕の知ってる出典が幸田露伴の「魔法修行者」っていうやつなんですが。

    ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000051/files/1437_28794.html

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    「神代も聞かず」というのですしせめて、

    刀振る 神代も聞かず 忠興の 唐紅に 庭くくるとは

    ぐらいでなければ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    「血はやぶる 神代もきかず 高遠城 鉛の雨が 内に降るとは」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    鬼武蔵「そんなよくある風景なのに、神代などと大袈裟にしてもらっては困るな!」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    里村紹巴「はぁ?梅は日本に原生種はなく渡来したものだから神代の時代には無かったのですが?無知乙www」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    >米8
    >よくある風景
    いや、どう考えてもあんたの周りだけだよ!!www

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6817-5f8bc02e
この記事へのトラックバック