FC2ブログ

真田地蔵・いい話

2008年12月03日 00:07

966 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/02(火) 20:27:24 ID:ReNWe8eD
真田地蔵  ~真田信繁を討った男~

大坂夏の陣、それは戦国最期の大合戦。この合戦のヒーローと
言えば、真田信繁(幸村)であろう。現代でもその名をとどろ
かせている彼だが、では彼を討ち取った人物は?と訊かれて、
即答できる人は、何人居るだろうか…

男の名は西尾仁左衛門宗次。結城秀康に仕え、二代目の松平忠直
の時は七百石取りの下級武士であった。
講談では彼の評価は散々である。家康に首実検の際、あまりに戦果
を粉飾したため不興をかい、「お主のような端武者に討たれる将で
はない!大方、拾い首でもしてきたのであろう!」と罵られ、主の
忠直と宗次には、ほとんど恩賞を与えなかったとされている。
だが宗次については別の言い伝えがある。首実検の際、彼は家康の
問いにまったく応じず、ただ黙って平伏し、むしろ忠直が多弁だった
為、主従共々不興をかった、と言う物だ。いったいどちらが真実か…

宗次の菩提寺には「真田地蔵」という地蔵がある。
大功を挙げるも、大した恩賞を貰えず国許に帰った宗次は、己の菩提寺
に地蔵を建立して懇ろに供養し、それは今も続けられている。地蔵の下に
幸村の鎧が埋められていると伝えられ、宗次は武士として礼を尽くし、
代々の西尾家当主も、これを黙々と受け継いできたのである。

宗次は1635年に病没。世間は「幸村の祟り」と嘲った。戦国一の勇将と
して後世まで名を残した真田信繁。一方、彼を討ち取り、世間で悪者に
されながらも、黙して菩提を弔い続けた西尾宗次。彼こそ戦国で「実」
のある武士だったのではないだろうか。「真田地蔵」こそ、戦国に二人
の素晴らしい武士が居た事の証しである。



967 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 20:30:17 ID:Xw7C+ne+
七百石取りって下級武士?

968 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 20:32:41 ID:aGp0KHNP
へえ
真田地蔵なんてあったのか

きちんと伝承されてなかったら、何かよく分からん古い墓を一つのでかい墓まとめるとかやっちゃいそう。

969 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 20:36:12 ID:aGp0KHNP
>>967
相対的なもんだろうけど、たしかに下級とは言いがたいな。
でも世間的には、上級=殿様・家老クラス、中級=武将、下級=それ以下かもしれんね。

こんな記述を見つけた
ttp://ziddy.japan.zdnet.com/qa1892868.html
>今日付けのある地方紙に「ここ手取は二百石から三百石の知行取りの下級武士の住まいだった・・・」とありますが、正しい記述でしょうか、お尋ねします

970 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 20:44:53 ID:Xw7C+ne+
ttp://www.page.sannet.ne.jp/kuranosuke/bugen-t.html
忠直の家臣で700石って結構凄くね?と思って調べたら、こんなだった。
つか、これ、藩の財政大丈夫かw?

971 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 20:48:40 ID:jGzSQ5WP
徳川本家からすると西尾宗次は陪臣だし
徳川の旗本連中なんかと比べると下級にあたるんじゃないかな
旗本は数千石もらってるのが多いし

972 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 20:51:14 ID:aGp0KHNP
万石取が多いな
本多は付家老かもしれないけど、他のやつらは付家老や元・与力、一門とかじゃないよね

973 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/02(火) 20:59:44 ID:inoB5iZ3
西尾宗次って確か、足軽大将だから正確には中級武士か。
でもこの階級の武士って今で言う、下士官だろ?>>966の表現も、まあ一般的な感覚だし、
重箱の隅をつつく程の事では無いな。良い話だと思うよ。

974 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 21:07:41 ID:Xw7C+ne+
>>971
まあ、相対的にはそうなのかなぁ。
700石の騎士が端武者扱いか・・・。なんか悲しいね。

>>973
いや、下士官でなくて一応士官と考えてもよいかと。
別に文句つけてるわけじゃないんだ。興味をもっただけ。
話自体文句なしのいい話だよ。

975 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 21:47:18 ID:TQ/E5puk
700石なんて上級だぞ

976 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 22:04:00 ID:KphK7Fvx
例えると、県の係長は公務員全体から見て下級か?ってのはどうかな。
県の中では上級だが、国全体で見たら微妙という。
個人の主観によってまちまちだと思う。

977 名前:973[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 22:21:07 ID:inoB5iZ3
>>976に同意
>>975
そんなにこだわる事かな…?まあこれ以上はスレ違いだから、他所でやってくれ。

978 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 22:27:05 ID:zBh5HXIf
なんかの本で読んだが50石ぐらいが上級武士と呼べるギリギリの線らしい。

982 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/02(火) 23:16:19 ID:i8dRXk1T
>宗次は1635年に病没。世間は「幸村の祟り」と嘲った

随分しょぼい祟りだなw
時間かかりすぎだろう

985 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/02(火) 23:20:40 ID:/nfrcFb3
>>970
越前松平の場合は財政よりも派閥争いのほうが深刻

永見派(親族)やら旧結城家臣派閥やら秀康が後のこと考えずにかき集めた家臣とかに
幕府付家老派やら…

そら、忠直も乱行したくなるだろうw

孕石一宿…神君に切腹させられた輩の縁者なのかと思うがどうなんだろ

990 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/03(水) 09:52:40 ID:iydbbjsw
>>985
可能性はあるんじゃないかな。>孕石一宿
遠州ではそれなりに栄えていた家のようだから。

孕石氏のその後だけど
例の孕石さんの子である元成は小田原攻めで井伊直政に従い、そのご大坂夏の陣で戦死している。その子孫は彦根藩に仕えた。
もう一つ例の孕石さんの孫が孕石村のある掛川を領した山内一豊に仕え、その子孫は土佐藩に仕えた。
孕石氏自体が邪険に扱われたわけではないんfだよね…それなりにいい話?

992 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/03(水) 12:32:59 ID:XJbX7Nim
しかし凄い名だな孕石って
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/682-35a5500f
    この記事へのトラックバック