FC2ブログ

徳川軍団、水口城下行進!

2012年10月03日 20:28

699 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/10/03(水) 06:02:14.76 ID:VeVuyAD+
関が原の直前、京から関東に上杉征伐しに行く時の家康がとても狙われていたらしい。
なんせ征伐されそうな上杉派、挙兵する反家康派が石田三成をはじめウヨウヨいるのだ。
家康が江戸に帰る時の、佐和山付近での家康暗殺計画を三成が検討していたり、
長束正家の家康暗殺未遂という話があるが、
(伏見にいた頃から三成が襲撃を検討していて、それを榊原康政が食い止めたという話まである
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5671.html

さて、↑の長束正家による家康暗殺未遂(?)は失敗に終わり、甲賀衆の知らせで
家康はふらふら~とうまいこと正家の城下水口を通過することに成功した。
この時長束軍が家康を取り逃がした後、軍勢を繰り出したという話がある。
家康は諦めるが、後ろに来る徳川軍(といっても少数)を通過させないように邪魔をしようとしたのだ。
ここで合戦が起これば当然、徳川不利な情勢になるのを見据えて。
かといってとぼとぼ伏見に帰っても鳥居元忠に怒られるだけである。待機していてもそれはそれで困るだろう。

後ろの徳川軍を率いていたのは本多忠勝を筆頭に服部正成成瀬正成水野勝成
錚々たる三河武士。当然帰るなんて選択肢はないし、家康の身が危ない以上一刻も早く合流したい。
忠勝は彼らに命じ火縄銃に火を灯し臨戦態勢をとった。
すわ合戦、かとおもいきや忠勝は兵に掛け声を叫ばせながら、水口城下を行進した。
臨戦態勢でやる気満々で城下を練り歩いているのだ。
さすがに長束勢もこれには手が出せず、結果忠勝率いる徳川軍も無事に江戸に行くことができたのである。

出典は家康の侍医板垣卜斎の「慶長年中卜斎記」だそうだが、ネットのあちらこちらから
適当に抜き出してきた話なので信憑性は低いかも。
・・・しかし、長束正家の妻は忠勝の妹(姪とも)なのだが。




700 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/03(水) 10:18:42.88 ID:Lo7jkwgW
このメンバーでは臨戦態勢とってなくても仕掛けるのに相当勇気がいるぞ。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    3年前に病死してる服部正成が見えてる時点で長束勢怯えすぎだろ笑

    ていうか家康を諦める意味がわからん。徳川の後軍相手に大損害出すなら、
    家康を討てる可能性に賭けて玉砕した方がよっぽどましだろうに。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    そうでした(’’;正成じゃなくて子の服部 正就が正解かも。
    半蔵って書いてあったので無意識に正成にしたけど子も半蔵名乗ってましたね。
    家康を諦めたのはさすがに軍勢引き連れて大老を追いかけるような真似して失敗したら自分だけ滅ぼされるからじゃないですかねぇ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    某真田「そうだそうだ玉砕覚悟で家康の首をとるべきだ!」
    忠勝「こっちもわしの縁者なんだよな・・・」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この話の半蔵はたしか渡辺半蔵守綱だった気がする

  5. 人間七七四年 | URL | -

    自国の城下で敵軍がやる気満々で行軍しているのを攻めかかるって選択肢は…城下を抜けてから殿に出血を強いる程度しかやることなかったりして?>長束

  6. 人間七七四年 | URL | -

    何気に長束さんって官僚武将なのにやる事が大胆な事が結構多いですね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    渡辺守綱でも十分おっかないなw

  8. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    文字通り一騎当千の武将ばかりじゃないですかやだー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6850-ad278259
この記事へのトラックバック