FC2ブログ

大久保忠隣の臣節

2012年10月04日 20:30

708 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 15:47:14.22 ID:2h63FlKR
徳川家の重臣・大久保忠隣が、本多正信・正純親子との政争に敗れ改易されたこと、これは有名である。
忠隣はその後、近江の井伊家において、流人として拘束されていた。

さて、元和2年(1616)4月17日、忠隣の改易を命じた徳川家康が死去した。
これにより名実ともに、かつて大久保忠隣が力強く補佐した将軍徳川秀忠の世となり、井伊家当主・直孝は
「もはや良き時分である」と、忠隣の元を訪れこの様に言った

「あなたはどうして将軍家に上書して、冤罪を雪がないのでしょうか?
もし、そう言った意志がおありなのなら、不肖ながら私も又、あなたの力になりたいと考えています。」

今や幕府有数の実力者でもある直孝の言葉であり、秀忠が忠隣に対し好意的であったこともあわせて、
直孝の後援があれば忠隣の名誉回復も容易ですらあっただろう。ところが

「お断り申す。」
忠隣は即座にそれを辞した

「昔から忠を以って退けられるということ、その例も多い。
私が今この様にあるのも、ただ天のなしたことであろう。

それにな、大御所様は既に身罷られた。なのに今更私が罪のないことを申し出るなど、これは
主人の過ちを天下に暴露するようなものであり、その様なこと私の素意ではない。

その上、強いて私の冤罪を雪ごうとすれば、今の将軍家に父である大御所様の過ちを認めさせるという不孝を
させてしまうことになる。そのような事をたかだか我が身一つと変えるなど、私には到底受け入れられない。

そうであるから、私は今のまま、このようにして臣節を全うすることが、最も良いのだよ。」

これを聞いて直孝は言葉も無く、ただ涙を流し忠隣の元を下がったと言う。


大久保忠隣の臣節、という逸話である。
(武士道美譚)




709 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 15:54:32.53 ID:DtyhL/pC
忠教・政宗・三河の方々「めんどくさ… 」

710 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 15:54:33.46 ID:k/RK6xoz
>>708
いい話
葉隠にものってるね

711 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 15:57:33.36 ID:FJiAJpCG
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1816.html
板倉勝重にも復権を勧められてるね。しかし頑固だな。さすが三河武士。
青山さんもそうだったが…

712 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 18:15:46.38 ID:H5EgBvVS
彦左衛門とどっちが面倒なんだろ?

714 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 18:45:50.82 ID:gGJhXDyW
彦左は性格が悪いだけだと思う

715 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 19:49:50.25 ID:k/RK6xoz
彦左は腹の中と行動が同じだから裏表のない好人物ともいえる

716 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 20:01:15.20 ID:iNkf8eRx
冤罪を晴らすのがダメなら罪を許されたという事にすれば良いと思うんだけど、そういう問題じゃないんだろうな。

719 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 20:48:14.44 ID:+r+WOQwx
>>715
裏表がないのと好人物かどうかは別だと思う
例えば石田三成や織田信長とか

720 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 20:49:03.07 ID:j1Bn/kwv
>>716
罪を許されたって形式を正式にとると
それはそれで罪を正式に認めたことになるので面白くないって言うのがある気がする

こうなんというか微妙なとこなんじゃないかな

721 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 21:24:19.51 ID:k/RK6xoz
>>719
そういうこともあるかな。
話変わるが彦左の性格悪く見える部分て、
武士として油断大敵を表現するための行動を、
嫌な奴と受けとられてる部分もあると思うんだ。
新撰組の斎藤一の息子たちの話なんだけど、
明治期に入っても息子たちを武士として教育してたみたいで、
子供のころから家に帰って戸を開けると斎藤が隠れていて、
新聞丸めたものでいきなり頭打たれたりしたらしい(笑)
多分、常識に期待するなよ。
なにがあるかわからないのが世の中だって教えなんだと思う。
それも現代でやったらただの嫌なオヤジとしか思われず、
子供にとって悪影響のが大きくなるわな。
彦左の逸話も時代と武士の価値観から見るべきと思う

722 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 22:55:44.25 ID:K+7a1/nL
>>721
いぽう新田宮流の和田平助は
跡継ぎの息子を鍛えるために不意打ちしまくってノイローゼで死なせた

723 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/04(木) 23:22:19.76 ID:k/RK6xoz
>>722
やりすぎたな…
斎藤一や和田平助は剣豪だから育て方も職人ぽいかな

山本常朝の武士の子育て論はまた違うから面白い
武士の子育ては町人とは違う
卑屈になるから絶対に脅したり恐がらすしつけはするなと言ってるんだよ
まあ、どんなやり方にも成功例、失敗例はあるだろう
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    戻って巻き返しを図るにも、今更遅すぎたってのが本音じゃね?
    細々と暮らすだけなら、そのままでも良いんだし

  2. 人間七七四年 | URL | -

    家康本人が復権させてくれるなら喜んで応じたんじゃないかな。
    このタイミングだと、家康が死ぬのを待っていたような気分になって、
    そこに後ろめたさを感じたんだろう。

  3. 忠教はwikiにも浪人達の再仕官のために奔走した義侠の徒とあるのに、勝手なイメージで性格悪いだけの人物にしようとしてる奴なんなの?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ヤンキーが捨て猫にミルクやってるとこだけ見て「いいやつ」と判断するか?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    〉4
    その例え全然適切じゃない。彦左は自分なりの武士の考えとして立花宗茂その他につっかかるけど、裏で悪事働いてるわけじゃないんだから。
    別にヤンキーでも捨て猫にミルクやったんならそこは評価してもいいとも思うしw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    彦左の逸話をみて面倒くさいと感じるのは理解できるが
    性格が悪いと感じるのはどんな色眼鏡で見てるんだろうか

  7. 人間七七四年 | URL | -

    60を超えて、不本意な形で表舞台から退場させられて、恩のある主君が病死して、
    もう復帰して政務をこなすだけの気力がなくなっていたんじゃないかな。
    なんか単純に忠義だけ、とかよりも、もっと大きな虚無感みたいなものがある気がする。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    確かに言ってる事は分かるのだけど。でも大久保家の長老的ポジの忠隣が
    復帰してくれれば、他の大久保家に属する人達も一定の回復になったんじゃ
    ないのかな?とも思うのですよ。
    嫡男も死んでしまってやる気がなくなったのかな?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    許してくれるのが家康本人なら、家康は過去の裁定が誤りだったと認めて正す事のできる名君、って事になる。でも許すのが秀忠なら、家康は死ぬまで誤りを認めなかった主、という事になってしまう。さらに、子の秀忠に、親の家康を否定するという不孝をさせる事になる。こういう理屈かと。
    後に失脚した本多正純なんかも、秀忠からの温情を「罪人になった以上はそういうのもらう資格ない、必要ない」って突っぱねてるし、忠隣も正純も本質は、めんどくさい三河武士なんだなと、思ったりする。

  10. ※9 | URL | -

    って、本文にも書いてあるなwまあともかく、俺の家康公を、俺の徳川家を、これ以上俺におとしめさせるな!って気分だったんじゃないかと。なんたって、大久保七代にわたる忠勲!大久保七代にわたり君に背くまじき忠節!ってのが、大久保忠隣に最後に残された誇りな訳だし。


    忠隣「俺がこんな目にあってんのは家康公に叛いたからじゃない俺の働きが足りなかったせいで家康公に誤解させてしまったからなのだ家康公と徳川家は間違ってないのだ俺は死罪を免れただけで充分に君恩を施されているんだから家康公と徳(ryだから大久保七代の忠勲は不滅なのだつまり家康公(ry

    土井「……はい」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    青山忠俊もそんなようなこと言ってたな
    上様(家光)がわかってくれただけで結構ですだっけ?

  12. ※9 | URL | -

    なお、この大久保七代にわたる忠勲!は、大久保忠教こと彦左にもめっちゃ効きます。


    忠佐「家康公に申し上げて禄高を上げてもらうから、じゃなくて、大久保七代にわたる忠勲のため、ここで討ち死にしてくれ!」

    彦左「おう!」


    小栗「本多佐渡の屋敷に討ち入ってはならんぞ!おぬし一人のせいで!大久保七代にわたる忠勲を!無にするおつもりか!」

    彦左「う、うおおう!(号泣


    こんな感じ。……呪い?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    彦左カッコカワイイw

  14. 人間七七四年 | URL | -

    大久保七代という緊箍呪
    関係ないが猫は七代祟るとかいうよな。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    この事を肝に銘じて、将軍家はこれからの政を間違いの無いように頑張ってな」 by 大久保忠隣

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6854-37bf0756
この記事へのトラックバック