FC2ブログ

中野神右衛門は、朝鮮から子供一人を連れ帰ってきたが

2012年10月06日 20:26

742 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/06(土) 16:10:20.39 ID:PP1criPH
中野神右衛門は、朝鮮から子供一人を連れ帰ってきたが、
のちに槙忠左衛門と名のらせ足軽とした。
忠左衛門の子供の長右衛門は直参に昇進し、
秀島長右衛門と名乗るようになった。
長右衛門の子は秀島五左衛門という 【葉隠】




743 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/06(土) 16:21:37.62 ID:PP1criPH
異国から来て二代目で直参の侍。
本人の資質もあったんだと思うけど、
江戸時代は暗黒の身分制社会などの大げさ言う人がいるので、
こんな例もあるのだよ、という立身出世のいい話

744 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/06(土) 16:28:56.44 ID:s58dGmDO
三浦按針がアップを始めました

745 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/06(土) 16:49:18.10 ID:PP1criPH
>>744
三浦按針のWiki読んできたのだけど、
按針が海賊公ドレイクの指揮下でアルマダ海戦参加してたの知らなかった・・
権現様に気に入られたのわかる気がする

746 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/06(土) 16:55:33.07 ID:e9mpLpCm
イエズス会がリーフデ号は海賊船と難癖つけてたが
あながち間違いでもなかったのか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    まあそれを言うならば川路聖謨とか>江戸時代は暗黒の身分制社会.小普請組の養子から一世代で勘定奉行まで出世.

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >暗黒の身分制社会
    それまでがフリーダム過ぎただけだろ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    江戸時代は、時期にかかわらず、法律、予算関係(勘定方)の人は、結構身分関係が流動的であった。しかも、実力主義だった。
    馬鹿じゃ勤まらんので、優秀なのを登用したり、養子で迎え入れたりしたからだそうな。だから、割合低い身分から、勘定奉行とか、勘定吟味役とかになる人がいる。
    川路聖謨もこの系統の人。
    あと、代官所には、下吏がいて、幕臣(御家人)を手付、現地採用の一般人(といっても庄屋の関係者とかだが)を手代といった。手代から、手付(御家人)になって正規の武士になった人もいる。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    江戸暗黒史観は根強いなぁ

  5. 人間七七四年 | URL | m.2.LkcQ

    あの三浦按針がドレイク配下で参戦してたとはな。
    ココはマジためになるわ。
    ちなみにドレイクって「世界で二番目に世界一周した提督」なんだよな。
    マゼランはフィリピンあたりで死んでるから、本当の世界初はドレイクってコトになる。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    マゼランは昔フィリピンの方へ行ったことがあるという説もあるらしいから
    実は世界一周してたかもしれない

  7. 人間七七四年 | URL | -

    マゼランのwikiによるとマゼラン付きの奴隷がフィリピンの方の出身なので
    現地ではその奴隷が最初に世界一周をした人という風になってるみたい。

    って話が戦国時代から話がずれましたね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >>743
    朝鮮に連れてこられて、京の八百屋(か、公家に仕える青侍の家)ではした女に。
    主人に手籠めにされ娘を産むが、その子がなんの縁か将軍の妾になって
    将軍の母に・・・


    立身出世のいい話のような、絶対いい話じゃないような・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6860-319b9fc4
この記事へのトラックバック