FC2ブログ

内藤某というとても狭量な者がいた

2012年10月08日 20:25

755 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/08(月) 17:03:37.41 ID:wpclnYUb

内藤某というとても狭量な者がいた。いつも人の言葉を咎めて、場合によっては
喧嘩に及ぶこともたびたびであった。ある時、徳川家康は彼を呼び出して戒めた。

「人は様々なことを口にするものだから、多い中には癇に障ることもあるだろう。
だが、そんなことを一々心にとめて咎めるのはよからぬことだ。

戦に臨んで明日は豪傑の某を討ってやるぞ、という心構えになれ。お前のいつも
人の言葉を咎める心と取り替えれば、無意味な言葉咎めなどする暇はないはずだ」

――『徳川実紀(君臣言行録)』




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    なるほど!彦左は口うるさいけど一級線しか相手にしないからな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    自分含むネット住人には耳の痛い話だ
    気をつけないとな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    これってもしかしたら自身の体験談だろうか?
    三河者を相手にして来た家康となると重みが
    感じるのだけど?w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6867-dd29e5db
この記事へのトラックバック