FC2ブログ

「我、松平忠一である!」

2012年10月22日 20:31

27 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/10/21(日) 22:45:54.77 ID:BrmEIYHG
南龍公こと徳川頼宣が14歳で初陣した大坂の役で先陣を望むも許されず「14歳の私は、今しかない!」と
嘆いたのはここのスレでは有名な話。
この役で同じように先陣を望み許されなかった男がいた。松平忠利である。

松平忠利はかの「家忠日記」で有名な松平家忠の息子で深溝松平5代目当主である。
深溝松平家の当主は2代目好景、3代目伊忠と徳川の重要な合戦で当主が討ち死にして宗家に
忠義を示してきた壮烈な家柄である。
忠利は天下分け目の合戦の際の伏見城の合戦で覚悟の討ち死にをした父・家忠の仇討ちを願うも
結城秀康に従い、上杉の抑えとして関が原の戦勝を聞いた経緯もあり、大坂の陣では先陣を
切望したのは当たり前の事だと思われる。

しかし、大坂の陣でも忠利は先陣を許されるどころか徳川頼宣の補佐を命じられ前線での
槍働きを制限されたのである。
これに対し、忠利の実弟、松平忠一が兄の気持ちを代弁するかのように、深溝松平隊にこのように訓辞をした
「大坂方は必ずや打ち破られるであろう。そうすれば天下に戦はなくなる。今もし
激を励まさないということであれば、何時することができるであろうか。
 しかし、忠利は先鋒を望むもその命は下されない。しかし、自分、忠一は幸いに前線に属する事になった。
必ずや先陣を切り、父祖に地下へと会いに行こうぞ。」と。

その言葉どおり忠一は大坂の陣の5月7日の激戦に最前線へ躍り出て、突撃を繰り返し、大坂方を押し返し、
騎上にて「我、松平忠一である!」と高らかに名乗り上げ勇戦し、乱戦の中で己の命を散らしていったのである。
享年は26歳であったという。

ソースは深溝松平家菩提寺、本光寺の碑文です。




28 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/21(日) 23:02:51.09 ID:IjcwR6BQ
悶々と生きるより華々しく生きたいよなー

29 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/22(月) 00:35:48.42 ID:uQjn0ZtC
>父祖に地下へと会いに行こうぞ
とか言っちゃうのがなんとも厨二というかボンボンとうか軽い気がする

30 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/22(月) 00:56:21.51 ID:5y4FUJBo
本当に会いに行ったんだから軽くはないだろ

31 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/22(月) 04:50:19.76 ID:ry7XifB+
そもそも隊の訓示だ
司令官の覚悟と父祖もそうだったと忠義の血を示してる
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | 3/VKSDZ2

    >父祖に地下へと会いに行こうぞ。
    >地下へと

    この時代の人達は死んだらどこに行くと考えていたのか気になった
    極楽は空の上で、黄泉の国は地下、西方浄土は海の向こう?
    信じる宗教によって、また自分達の生前の行いによって違うのだろうか

  2. 人間七七四年 | URL | J7Ti0pLo

    朝から泣けた…。
    いい弟を持ったな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    忠一なのに厨二…

    いやいやいやいやそんなことないよね壮絶な意志の立派な若武者だよねそうだよね、はははは

  4. 人間七七四年 | URL | uaIRrcRw

    秀頼も父上に会いに行くって出陣してたらよかったのにね
    負けたとしても少なくとも勇名は残っただろうに

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    秀頼「よし、今こそ父から受け継いだ旗や武具と共に出陣だ!」
    淀「だめぇぇぇ秀頼はママから離れちゃだめぇぇぇ!!」
    秀頼「…ごめん、皆、頼む。かーちゃん放っておけないわ…」

    俺の中では秀頼はこういうおかん想いないい息子として扱ってる。男は何歳になっても男の子で、とかく意地を張りたがる生き物だけれど、自分の意地を折ってかーちゃんを1人にしなかった秀頼は大将としてはともかくいい息子だと思うんだ。でも大将って立場ありきの秀頼でもあるんだよね…。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    これは当時の戦国武士らしい叱咤激励でしょう。しかもその後の活躍から言って
    も、実に覚悟を示している素晴らしい活躍ぶり。戦死が残念です。

    秀頼の出陣取り止めは、「城内で反乱が起こる可能性が有るから」って理由も
    あったと記憶して居るのですが、情報古いのかな?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    >秀頼の出陣取り止め
    真相は、まさに『藪の中』じゃね
    好きなように妄想すれば良いと思う。

    そもそも、秀頼がマトモな神経してたら、何としてでも出家するか、
    それが叶わないなら(徳川の娘婿を是が非でも責め殺す理由はわからんがな。)自裁してるだろ。
    出家後に、お茶飲んで病死する可能性は別にしても。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    利家「持っていく銭が重くて空には昇れんし海も渡れん。消去法で地下かな」

  9. 人間七七四年 | URL | ssipyxQM

    家康もできたら殺したくなかっただろうよ
    大事な大事な孫娘を嫁にやりいくら健康に自信あっても
    高齢なのに15年も待ったんだし

    ただ老人の自分が戦に何度も出陣してるのに引きこもって
    最後の最後で命乞いしてきた秀頼見て
    だめだこいつ…て助命する気なくしたのかもしらんが
    その意味でも出陣した方がよかったと思う

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/6922-6dcc0810
この記事へのトラックバック