FC2ブログ

小田原に住み着いた唐人たち

2012年11月12日 19:56

372 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/11(日) 22:06:41.38 ID:ljQD2uKs
永禄9年(1566)の春、北条氏支配下の三浦三崎の浦に唐船が入港した。
この船は錦の織物、様々な焼き物、沈香、麝香、珊瑚、琥珀の玉など、あらゆる商品を持ち来ていた。
その頃関東は富貴であったので、それら商品は尽く諸人買取り、唐船は売買の利を得て帰国した。

その中に唐人が多数この関東に留まり、目出度き所にこそ住むべきだと、帰国せずに、即ち小田原に居住した。
そこで町家を給わり商人となって、今もその子孫が多数、小田原に有るのだという。
(關侍傳記)

小田原に住み着いた唐人たち、というお話




374 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/11(日) 22:26:20.72 ID:7MWZQl4Y
ういろう家が小田原に行ったのはそういう下地があったのか?

375 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/12(月) 12:54:38.83 ID:UPBETAUx
伊藤一刀斎にボコられた唐人も三浦に来てた人だったよね
けっこう定期的な入港があったのかも

376 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/12(月) 15:21:35.21 ID:Jl8rqVN2
定住したとこからして定期的な漂流船だろうな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    八王子城の御主殿跡から唐代の多数の青磁器や陶器が見つかってる事から、後北条氏は中国との独自貿易ルートを展開してたって学説があるけど、この逸話はその裏付けになる興味深い話だね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    定期的な漂流船ワロタ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    小田原に中華街があったのか。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    小田原市浜町の唐人町のことかーーーー!

  5. しの茶 | URL | -

    代々北条家は領民思いで年貢は軽いし小田原は清潔だったらしいから、居心地よくて中国人は住み着いたのかな?

  6. ふ | URL | -

    小田原には唐人町という地名がありました。今は地名変更されてしまいみしたが、地元民はまだ唐人町で通じます。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    バス停の名前として残ってるしね、唐人町。
    足して言うなら今は廃れた小田原弁だけどそっから転じて訳わからん人の事を
    『お唐人さん』って蔑称で呼ぶ事もあった(要するに言語が違う→何言ってるか分からんってのが転じた)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7012-bae11ef7
この記事へのトラックバック