FC2ブログ

日根野は甚だしく貧しいために

2012年11月21日 19:53

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 17:21:25.71 ID:E76JNPm/
高麗陣の時、豊臣秀吉は日根野備中を高麗へと遣した。
しかし、日根野は甚だしく貧しいために支度もままならず、
三好新右衛門を介して黒田如水から銀百枚を借りることになった。

日根野は帰国すると三好と一緒に如水を訪ねて御礼を述べた。
この時、借りた銀百枚とは別に利息にと思ってさらに十枚を持参していた。

ところが、対面した如水は人を呼んで「さきに貰った鯛を三枚におろして
その骨を吸物にせよ。それから酒も出せよ」と命じたので、二人は心付けが
足りないと思い、酒を飲み終えた後、三好がさらに銀を取って来て礼を述べた。

だが如水は「いやいや最初から貸す心ではなく合力の心で渡したのだ」
と、再三勧めても受け取らなかったので、二人は大いに感銘を受けて
帰ったのだという。

――『老人雑話』




517 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 17:43:54.63 ID:tcbs2ICO
如水「タイは骨が一番美味いんだよ~」

518 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 17:47:08.81 ID:ghlFElqr
如水はけちなイメージがあったけど出すときには出すなぁ

519 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 17:59:59.78 ID:QQIR8oW3
犬千代さんの悪口はやめろ

521 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 18:52:08.55 ID:c7G30z+z
鯛って結構高級だったのかな

522 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 18:58:03.43 ID:eJATltdU
ここぞというとき攻めるために貯めるのが普通の武将
「こいつだけは裏切らない」という気持ちで身分を失ったときのために貯めるのが犬千代

523 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 19:40:53.92 ID:fLOM1lt/
>>516
本筋からはずれるけど、こういう料理絡みの話は好きだわ
大大名が調理に通じてるってのが何かうれしい

524 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 20:04:50.64 ID:dMqQwsD5
>>497
晴純を逆に討たずに踊って帰ったところがいいね

525 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 20:26:15.31 ID:6pAeQzF3
>>523
主人自ら調理作って風呂沸かして饗すのが当時の最上級のおもてなしだからね
大抵の武将は料理心を持ってる時代

526 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 20:38:02.08 ID:258mDYVm
>>525
室町時代の武家礼式でも、一人前の武士のスキルとして料理の出来る事が挙げられてるね

533 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 10:47:10.83 ID:V6DmeAAv
>525、まーくんとか幽斎さまとかだとうまいだろうな・・・逆にまずそうなのは誰だろ?

534 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 11:56:07.81 ID:KoqGrZhw
>>533
直家様直々の御招きぞ、有難く御受けなされませ。

535 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 15:54:58.75 ID:R4HQtNgt
>>533

小野忠明とかめっさ下手くそそうw

536 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 16:02:38.99 ID:xNHdELY1
>>534
毛利両川「だが断る」

一方我等が羽柴様は・・・

537 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 16:09:04.81 ID:RwTP090j
ラスボス「貧乏人は麦飯がごちそう」

538 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 19:19:38.88 ID:V6DmeAAv
????「日々是節約だ」

539 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 20:38:43.51 ID:y9yrGL9t
>>536
おいしくいただきました(ペロリ
八郎殿は某にお任せあれー

540 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 22:48:35.63 ID:xk5ZPyRV
>>536
兄者はご馳走を断らなかったばかりに、身罷られたからな。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    日根野さんにはなつかれたくないなぁ…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    クロカンのいい話であり犬千代の悪い話でもある。
    アレ?日根野さん…?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ノブヤの日野根さんときたら……

  4. 利家「金は命より重い」

  5. 人間七七四年 | URL | 3/VKSDZ2

    >「こいつだけは裏切らない」という気持ちで身分を失ったときのために貯めるのが犬千代
    なんかグッときたなあ…
    最初は猪武者だったのに世渡りを身につけて金の亡者になってしまったんだよなあ

    帰参が認められるまでめちゃめちゃ苦労したし
    たくさんの人に手のひら返されてつらい思いをしたんだろうなあと思ってしまう

  6. 人間七七四年 | URL | -

    お金は何時の時代でもやっぱり怖いですよ、って事を思う。
    あ・クロカンさんも男気がある話だと思いますよw

  7.   | URL | -

    日根野「裏切るつもりはないのに、主君がなぜか何度も変わってしまうんです」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    (また鮭か・・・)

  9. 人間七七四年 | URL | -

    「骨がうめーんだよ骨がァ~~~ッッ!!!」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7046-daac4928
この記事へのトラックバック