FC2ブログ

高虎は死に臨んで直孝を招き

2012年11月23日 19:52

547 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/23(金) 18:19:42.11 ID:wu7IoVQ1
二条城において福島氏改易の処置を論じた一件以来、藤堂高虎井伊直孝
含むところがあって直孝とは不通となっていた。
>>541の直前?http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3838.html

この時、改易は京都で伝えると結論が出ていたのだが、高虎は
若年ではあるが末座の直孝へも話すべきではないかと秀忠に言った。
しかし召された直孝は江戸で伝えるべきだと再三言うので、高虎は直孝に
反対してついには若造は黙れとまで言ったのである。

後に高虎は死に臨んで直孝を招き「今までは京都でのことがあったので
互いに不通のまま打ち過ごしてきましたが、此度大病のために既に
露命も窮まりました。ですからどうか倅の大学のことを頼み入り申す。
万事よろしく御引廻しくだされ」と念入りに頼んだ。

直孝も「大学頭殿のことは絶対に手抜かりのないように承知しております。
懇意に通じていきますとも」と返答した。これより両家はかつてのように
心安く出入りするようになった。

――『名将言行録』




548 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/23(金) 23:50:04.87 ID:nHSjt1hS
国許で改易を伝えたら合戦になってたな

549 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/24(土) 16:36:38.14 ID:N6nvx2T2
大坂落城後、重臣の進言通り、備後を返上していたなら
福島家は存続してたのかな?
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    鳥羽伏見の戦いでは両家結束するわけですね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    *1
    嫌味っぽいw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7053-5da8424c
この記事へのトラックバック