FC2ブログ

浅野長政の家臣と「ニッカリ青江」

2012年11月28日 19:46

514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/27(火) 21:45:36.79 ID:cXcv4PNS
浅野長政の家臣が、夜道を歩いていると若い女が佇んでいてこちらに
ニッカリと笑いかけてきた。
この男はこんな夜中に若い女がいる訳が無い、これは物の怪の類に違いないと思い
一刀で女の首を刎ねた。

翌日、同じ場所を通ったが女の死体はみあたらず、そこには首の無い地蔵があったという。

この男の刀は備中青江貞次作のもので以後は「ニッカリ青江」と呼ばれたという。(常山紀談)




515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/27(火) 21:47:09.43 ID:CgL4870A
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2959.html
こっちには異説が

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/27(火) 21:55:55.27 ID:cXcv4PNS
>>515
ニッカリ青江の話はいくつかパターンがあるが
今、丸亀市立資料館にあるニッカリ青江は脇差なんだぜ

http://www.city.marugame.lg.jp/institution/culture/01.html
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    伊達政宗「大の仲良しの従弟の義宣君が言ってたけど、名刀を磨り上げるなんてろくでなしのすることだと思います」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    島津忠恒「家宝の刀は粗略にせず、大事に保管すべきですよね」

  3. 人間七七四年 | URL | YqzQT8Bs

    装甲悪鬼村正にも出てきたな>ニッカリ青江

  4. 人間七七四年 | URL | -

    カテゴリで「刀」とか「銘」ってのもいいかと。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    鬼や妖怪の類を切った刀が実在してるのは
    なんだかワクワクするな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    待て待て

    翌朝女の死体が無かったからやっぱり妖怪だったって、それ誰かが後始末してくれただけで本当に普通に女殺しただけじゃないのかよ。

    ってつっこむべきではないか?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    この逸話だけなら、もしかしたら「ただ夜道で女性が笑いかけただけで斬った」
    悪い話だけど。他の逸話でも怪異の件が有るから問題無いでしょう。
    世の中、酒を買っただけで斬られるスッポンも居るんだからw

  8. 人間七七四年 | URL | m.2.LkcQ

    異説の京極版の方はまるっきり『妖怪・産女(うぶめ)』のエピソードなんだが、
    そのまま赤ん坊を奪い取ってきた卜部季武とは比べ物にならないな。
    名刀なんか無くても妖怪を圧倒する頼光四天王、どんだけ強ぇんだよ。
    ちなみに女が男に向かって「子供を抱いてくれ」と言うのは
    「この子はアナタの子だから認知してくれ」って意味で、
    ソレを抱くってコトは「自分の子だ」と認知したって意味らしい。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    なるほどね、産女の話は数あれど女に抱いてくれと頼むパターンがない理由が解ったわ
    ・・・・というか、その話だと卜部季武さんは認知する気満々だったってことになるなwww

  10. 人間七七四年 | URL | -

    しかも抱いたまますかさず馬に乗って走り去るから、子供引き取る気満々だってことにwww

    ただ※8の話を踏まえると産女系の話の元には武士に子供の認知を迫って斬られた実話とかあるんじゃないかという悪い話に転じそうではあるな・・・

    ・・・・・・あと515の異説の「私も抱いて」と迫ってきたので~ でけしからん想像したのは俺だけでいい orz

  11. 人間七七四年 | URL | -

    世に名刀妖刀の類は数あれど、名前のインパクトは随一だと思う>ニッカリ青江

  12. 人間七七四年 | URL | -

    違う時代の擬態語擬音語は印象が強烈

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7063-75d3b79b
この記事へのトラックバック