FC2ブログ

冷泉隆豊の最期

2012年11月29日 19:50

545 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/29(木) 18:05:53.89 ID:iGTjITmr
大内義隆が無念の死を遂げた大寧寺の変の際、冷泉隆豊は最期の戦を
奮戦して敵に目に物見せてやろうと、五郎入道正宗がうった乱刃の
抜けば玉散るばかりの太刀三尺二寸を軽々と掲げ、多勢の中に打って出た。

隆豊は活人剣、殺人刀、向上極意の妙剣、十字手裏剣、沓ばう身などの
兵法の術を尽くして斬り廻ったので、もはや手先に向かう兵もいなくなった。

隆豊は「もう相手になる敵もいないか。雑兵なぞを太刀汚しに殺しても仕方ないな」
と立ち帰り、仏前で鎧を脱ぎ短冊を一枚取り出して
「見よや立つけぶりも雲もなか空にさそひし風のあとも残らず」と辞世を残す。

黄門定家卿の末流とはいえこのような時に歌を詠むとは思いもよらなかったが、
歌道に入魂したのでこのように口ずさんだ。優美な心である。

かくて隆豊は腹を十文字に切り、返す太刀で胸もとを突き立て夕の露と消える。
その死を惜しまない人はいなかった。

――『室町殿物語』





546 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/29(木) 18:31:49.44 ID:MIYs+5wb
囲いを突破してきたなく生きて再起を図ればいいのにな

547 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/29(木) 18:59:30.64 ID:CG4P9gBD
定家の子孫ってことは公家なのかこの人?

548 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/29(木) 19:22:44.14 ID:oQXW4n1B
公家→武家のパターン
一条さんとこと同じ

549 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/29(木) 19:34:57.38 ID:oQXW4n1B
>>546
中国にはそのタイプの英雄が多いな。
まあ、広大な大陸だから逃走しながら闘争する戦術使いやすいのだろうな

550 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/29(木) 19:42:51.96 ID:ynFq+kSp
母方に冷泉家の出身者が居た程度じゃなかったっけ

551 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/29(木) 19:52:20.56 ID:dqla+REu
>>546
しかし再起を図ろうにも
周囲は大友・毛利・尼子だぞ?
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | YqzQT8Bs

    モツを敵に投げつけたって話もあるよね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    父親の母が冷泉家の出で、その縁で苗字を大内から冷泉に変えたのか。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    苗字からして公家?と思ったが、あながち間違いじゃなかったか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そこまで勇敢なイメージではなかったが
    印象が変わった

    やっぱり公家っぽい名前だとどうにも

  5. 人間七七四年 | URL | -

    逸話だから誇張は大分混ざってそうだが立派な人だったことには間違いなさそうだな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    Wikipedia見たら、妻の弟が三年寝太郎のモデルだって。おもしろいな。

  7. 人間七七四年 | URL | m.2.LkcQ

    「勇者は命を惜しまず名を惜しみ、智者は時を失わず、忠臣は主の名を汚さず」と言うが、この人はまさに勇者にして智者で忠臣だな。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    公家や社家って現代だと文化人のイメージだが、実際は剣術の達人多いからな。
    言ってみれば武家ももとは桓武天皇、清和天皇の皇籍から臣下した平氏、源氏の末裔を中心にした集団だ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    駄目だ、公家と言うと麻呂しか思い浮かばないw

  10. 人間七七四年 | URL | -

    まあ実際には大内一門だから、純粋な武家だけどね。

    ※8
    個人的武勇に関しては荘園もなくなって時間が余ってる公家の方が上かもね。
    戦闘で采配=武家を使うってなると、同じ武家の方が上になっちゃうけど。

  11. 人間七七四年 | URL | YqzQT8Bs

    南北朝では北畠顕家だの懐良親王だの化け物クラスがいたしな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7066-bbe1dabc
この記事へのトラックバック