FC2ブログ

相田吉左衛門が、神埼の長者林を通りかかると

2012年11月29日 19:51

521 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/28(水) 19:30:19.40 ID:vZJ3EBrF
中野内匠の家来、相田吉左衛門が、
夜、神埼の長者林を通りかかると、
突然に大男が立ちふさがり、
「裸になり、持っている物すべて置いていけ」
と言うと同時に、大力で相田が刀を抜けぬよう両手首を抑えた。
相田は、
「裸になるから、どうか命だけは助けてほしい」
と力なく言うと、大男は両手を放した。
すると相田はまず大小を大男に渡し、
つぎに衣服をいそいで脱ぎ渡し、
おそるおそる立ち去る様子を見せながら、
すれ違いざまに、大男が取り上げた刀の柄を握り、
立ち去る方向に抜き、そこから反転し袈裟がけに斬り殺した。
相田はそれから神埼へ行き、事の次第を届け出た。
何のお咎めもなく済むかと思われたが、
しばらくしたある日、鍋島紀伊守様が佐賀城へお越しになり、
「わたしは足を一本折ってしまいました」
と、いきなり勝茂様に申し上げた。
普通に歩行しているが、なぜそんなことを言うのかと勝茂様が尋ねると、
「普段から可愛いがっていた、
数人分の大力を持ちよく働く駕籠かきがいたのですが、
それを中野内匠のところの者に斬り殺されたのです。
ですからすぐにその者に切腹をお命じください。」
と訴えた。
勝茂様は事情を紀伊守様に説明したのだが、
最後はやむなく、相田に切腹を命じることになり、
これは何とも残念なことであった。

切腹の当日、中野一門が総出で相田の見舞いに訪れた。
相田はそれを殊更喜んで、
「わざわざのお見舞い、誠にかたじけなく思います。
お礼に、日頃練習していた仕舞をお目にかけましょう」
と、子供たちを呼び拍子をとらせ、
ゆうゆうと仕舞を舞い終わると、
甥の相田権兵衛が介錯をつとめ最後を遂げた【葉隠】




522 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/28(水) 19:34:29.08 ID:zt5JlkmR
なにがどうしてやむなくになるのかわかんねえ…

523 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/28(水) 19:37:58.99 ID:aCLMo1m9
喧嘩両成敗とか屁理屈ゴネられたんじゃない?

524 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/11/28(水) 19:41:46.70 ID:wAyX7EF7
全裸でも鮭さまとか幽斎さまとかだと返り討ちにできそう
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    何?追い剥ぎしでかした家臣が返り討ちに遭ったのを逆恨みして主君にチクッたのか。

    と読んだのは正常でしょうか?

    正直とても葉隠を生んだ地とは思えない裁定に見えるが…相田吉左衛門は天晴れと言うつもりで書いたのか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この紀伊守というのが鍋島元茂のことなら、勝茂が背徳心から気を使ったというところかな

    部下の追い剥ぎ行為を諌められないような人物なら、廃嫡されたのも同情する気が起きんわ・・・あくまで、紀伊守が元茂だったらだけど

  3. 人間七七四年 | URL | -

    米2さん
    この紀伊守は仰るとおりで鍋島紀伊守元茂です

  4. 人間七七四年 | URL | -

    全裸で返り討ち…あぁ勝成ですね
    しかし明らかに追い剥ぎした方が悪いよな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    逆に廃嫡の正当性を示すために作られた話とも取れる
    そんなこと言い出したらキリがないけどね。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    息子が相手でも負けてるのか勝茂。
    これは押し負けてないでちゃんと説教しようよ・・・。

  7. 人間七七四年 | URL | 3/VKSDZ2

    鍋島元茂の印象が一気に悪くなってしまったなー
    まあ良い面も当然あるのだろうがなんかなあ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    いい面
    ・手癖の悪い駕籠かきでも一門の仲間である以上は仕返ししてくれる親分肌
    悪い面
    ・倫理や秩序より、情と武士の掟が先に行き過ぎる

    全体のバランスを見る必要のある大藩のトップ向きではないな。部隊長としては適材かも

  9. あまりに酷い。
    どこに道理があるのか。
    三河では考えられない裁定である。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ここはどう考えても「見事天晴」と相田さんを褒め称える所でしょうに!
    逸話とは言え、本当に何考えてんだと腹立だしくなった。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7069-e8a66fc5
この記事へのトラックバック