FC2ブログ

徳川頼宣の初陣・いい話

2008年12月06日 00:05

66 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/05(金) 20:09:32 ID:wKEAWBhZ
前スレにあった、結城秀康の初陣の話で思い出した、紀伊家初代、徳川頼宣の初陣のお話

1615年4月、大阪の陣の群議の席で、当時14歳の頼宣が泣いていた。
松平正綱が、どうしたのかと聞くと、

「先日の交戦の折、先陣を望んだのに許可していただけず、人に聞こえるような働きが
出来なかった。それが悔しくて泣いているのです。」

正綱は、そんなに落ち込まないでください。あなたはまだ若い、先陣の機会も
この先も何度かあるでしょう、と、慰めるが

頼宣、涙を拭いて正綱をにらみ
「何を言われるか!この、14歳の私は、今しか無いではありませんか!」
と言った。

これを聞いた家康は、「頼宣殿、今の言葉が槍だ」と、褒めたという。




家康の息子って、やっぱり似てるなw




67 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/05(金) 20:21:33 ID:uj7Q4LOq
>>66
初陣に恵まれたのは信康と忠吉と秀忠ぐらいか

秀忠は徳川主力を温存するという前代未聞のすばらしい武勲を立てたし、
忠吉は抜け駆け一番槍の功績に恵まれた

流石は神君のご子息だけあるなぁ


68 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/05(金) 20:24:35 ID:h4sFkDte
お前皮肉がきついぞ



参考
結城秀康の初陣と秀吉・いい話
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/709-8b374535
    この記事へのトラックバック