FC2ブログ

近衛信尹「輝元も政宗も殿下も…」

2012年12月11日 20:11







714 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/10(月) 20:30:38.25 ID:GYalCcg6
先ず最初に身体の欠損が悪い話ではありません

近衛信尹の日記には修正部分が多いが、その中の透けて解読できる部分、天正19年3月の部分に
毛利輝元は片目である、伊達政宗も片目である、殿下は(以前)小者だか今は勿論殿上人で彼も片目である」
と記されている
この殿下は秀吉に相違なく、ここでは輝元と秀吉が片目だったとしている

信尹の日記は他にも欠損部分が多く、例えば関ヶ原合戦前後は丸々無くなっている
日記も正直に書きすぎると抹消されてしまうのである




722 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/11(火) 01:35:00.24 ID:PpWtN/9B
>>714
独眼竜TERU
やだカッコイイ

723 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/11(火) 01:45:30.97 ID:GjqladoG
独眼竜の父親もTERUなわけで
将軍からの偏諱だからかぶるのは当たり前だが

727 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/11(火) 12:49:38.82 ID:hyrqZ8PA
>>714
TERUが隻眼なんて初めて知ったわ
スポンサーサイト





コメント

  1. TERU「片目でも人妻は見逃さないお!」
    隆景「やっぱりもう片方も潰しておくか。念のために。」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    どう言った意味で片目なんだろ?
    何らかの視野が狭いって意味にもとれるけどな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    戦国武将なのだから、体の一部が傷付く事なんて当たり前の事。
    むしろ、忠勝の様に無いと言われる人の方が珍しいでしょう。
    だけれど、秀吉・輝元の目に関しては初めて聞いた。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    さすがにこのクラスの人間が実際に隻眼だったら他の記録に残らないはずがない

  5. 人間七七四年 | URL | -

    しかし実際隻眼と知られてる人ってみんなそのことが自慢というか
    アイデンティティになってそうな気がする
    別にまーくんやさくざさんだけのこといってるんじゃないよ

    あれ家のまわりに薪と鉄砲隊が

  6. 人間七七四年 | URL | -

    政宗はけっこうコンプレックス有ったと思うが
    表面上だけでも割り切らなきゃやっていけなかっただけで

    個人差はあるだろうが中途の障害は慣れはしても芯からの受容は厳しい

  7. 人間七七四年 | URL | dHDL/D36

    政宗の場合、戦傷じゃないってのと多感な時期だった、というのがコンプレックスの要因な気も。
    義姫との話はともかく、家中に弟を後継者に推そうという動きはあったんだろうし。

    たたき上げの秀吉はどっかで戦傷を受けて隻眼になっててもおかしくないと思うけど、
    輝元ってそんな最前線で戦ったのかな?むしろ視野が狭いってあてこすりの可能性も…笑

  8. 人間七七四年 | URL | -

    実際に片目だったんじゃなくて
    なにかの暗喩だろ

  9. 人間七七四年 | URL | LMs.iqQA

    >>8
    "2"さんの言ってる通り、視野が狭いということじゃなかろうか
    野蛮人(公家から見た武家)の分際で中途半端に芸事に自分の美意識をひけらかすを皮肉ってるとか

    まぁ、TERUは大江朝臣だからまだ公家とは近しい仲と言えんこともないだろけど

  10. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉の戦傷って、斯波攻めの時の足の矢傷だけでなかった?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    年を取って白内障にでもなったんじゃね?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >身体の欠損が悪い話では無い
    って、他の人が言っている通り「揶揄」なのかな?
    うp主の書き方が中途半端でどちらとも取れちゃう。

    正直に書くと、とあるから表現の方かな?
    にしても分かり難いよコレは。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    フィリッポス2世「ま、実際、作戦指揮には支障ないですな」
    ジョン・チャンドス「白兵戦でも問題ないですわ」
    夏侯惇「いやまったく、目玉なんぞ腹の中ですわい」
    ダヤン「近代戦でも問題ないよ」
    鎌倉権五郎「坂東武者にとってはかすり傷ですな」
    ネルソン「信号旗がみえないのでコペンハーゲンを攻撃しました」
    クトゥーゾフ「隻眼でもナポレオンに勝てます」
    バイバルス「モンゴル軍にも勝てます」
    ヤン・ジシュカ「神聖ローマ帝国、十字軍にも勝てます」
    ハンニバル「みんな怖いなあ(棒読)」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    3人の共通点は派手好きだからそういう傾向の人を指してるのでは?
    昔は小者だったが今は殿上人で片目って文章自体が変だし。
    あとTERUが隻眼だったら流石に身内宛の手紙に書いてると思う。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    達磨みたいな例え話じゃないの?

  16. 人間七七四年 | URL | -

    三河者も固めである。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    政宗以外の人間が本当に隻眼だったかどうかは別にして、昔は今よりタブーや禁忌がいっぱいあったよね。

    当時でもある一定数の割合で生まれたであろう、双子や三つ子の類は逸話としては漏れ伝わっている事もあるが、特に高貴な家の場合は公式には認知してる例はまずない。
    話によると、双子や三つ子が生まれると一人を残してすぐに屋敷から外に出して寺や然るべき場所に預けたとか、あるいは下級の庶民の家だと水に流す事もあったとかなかったとか・・
    当時は双子や三つ子(勿論それ以上の場合も)は「畜生腹」と言って忌み嫌ったとかって話もある。
    歴史の表に出てこない話はいっぱいあったと思う。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    >>17
    結城秀康も実際は双子だったらしいしな

    ただこういう話を聞くとリアル双子な自分はいい時代に生まれたなぁと思ってしまう

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※18
    秀康の双子説は与太話の類

  20. 人間七七四年 | URL | -

    >13
    最後、おまえが言うなw
    こうしてみると隻眼の歴史上の人物って化物レベルが多いなァ。
    まーくんが非常に可愛い人物に見えてくるのはオレだけ?

  21. 人間七七四年 | URL | -

    宗茂「俺の飯も固め、勝手に粥にすんなよ」

  22. 人間七七四年 | URL | -

    晩年の秀吉はある意味全痴全盲のラスボs…おや、誰か来たようだ

  23.   | URL | -

    米22どこのアザトースだよ
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-957.html
    だとヨグ・ソトースだけど

  24. 人間七七四年 | URL | -

    晩年の秀吉はSANチェックに失敗してるよね

  25. 人間七七四年 | URL | gw3CiMFk

    明き盲って意味じゃないのかな?

  26. 人間七七四年 | URL | LUkN6nkM

    実際に目が見えないから消されてたんだと思うよ
    タブー的な意味合いとか昔はうるさいからね
    最初から知られてるならともかくそれ以外の場合衝撃が大きいと思う

    政宗以外は成人後の眼病とかでほぼ見えないとかじゃないのか
    一見してわからないけど近衛には言ってた、内内に知られてたとか
    知り合いも片目ほぼ見えないけど言われた人以外は誰も知らないと思うわ

  27. 人間七七四年 | URL | -

    近衛さんの日記だし、比喩とかブラックジョークの類いだったんじゃないかなあ

    関ヶ原近辺の客観的な日記…。
    読みたいなあw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7106-4c156a25
この記事へのトラックバック