FC2ブログ

吉村宣充は落魄中

2012年12月24日 19:53

866 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/23(日) 23:57:08.25 ID:x9+yeZTt
吉村宣充は落魄中、追々家士従僕にも暇を取らせ、子供を一族に託し、
今は馬一頭だけが残っていた。

時に馬の売買・仲介を業とする人が来て「馬を売り払い給へ」と言う。
それを聞いて宣充は「只今まで用に立ってくれた馬だ。この上、売り払う
なんて可哀想だ」と、馬を阿部野へ解き放った。

――『名将言行録』




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    なんかスレタイだけ見ると、ラノベのタイトルみたいにみえてフイタww

    ≫吉村宣充は落魄中

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ひねくれすぎ

  3. 人間七七四年 | URL | 0Q3WCu86

    「○○は××中!」ってパターンのタイトルはたしかにあるが、その発想は無かった

  4. 人間七七四年 | URL | -

    野生馬っていつくらいまでいたんだろうね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    前に出た逸話ではなかなかの武士と思ったけど、こりゃダメだ。意地張って馬を残すならともかく馬売りに売りたくないから逃がしやがった。武勇はあっても限りなく小者臭が漂う人材だわ。

  6. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    いっしょに戦場を駆け抜けた馬なら、相棒とか戦友って思ってたんじゃないか?
    そいつを商品にしちまうのは可哀想だっていうのは、わかる気がする。
    そういう心情を理解しようともせずに、簡単に人を小物呼ばわりしちゃうのはどうかと思う。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    馬、武具を残すならわかるんだが…

    前回といい意味不明な行動が多い人だな。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    この人トコトン戦国脳ですね。
    お金の話と言い、今回の馬と言い、落ちぶれても武士
    と言う態度がありありと見せ付けられる気がします。
    でも、絶対家族には欲しくないタイプですねw

  9. 人間七七四年 | URL | -

    とりあえず※5の小物臭が半端ない

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7142-011b2e18
この記事へのトラックバック