FC2ブログ

佛照寺の鞍替え

2012年12月26日 19:55

蓮如   
873 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/26(水) 00:30:33.54 ID:P1EoTL2m
 淀川沿いの溝杭の目垣という地に佛照寺という立派な寺があった。本願寺蓮如が淀川を渡って
河内の光善寺に向かう途中、その佛照寺の近くを通るとそこの住職の教光の評判を耳にした。
佛照寺は蓮如の派閥とは異なる佛光寺派の大きな寺として当時有名であったが、佛照寺の
教光住職は和歌に好むあまり、肝心の念仏がおろそかになっていた。
 ある日、蓮如は目垣の近くまでやってきて自作の三首の和歌を書いた紙をわざと落とした。
 その紙を拾ったのは佛照寺の教光住職である。紙には以下の和歌が書かれていた。

ひとたびも 佛をたのむ心こそ まことの法(のり)に かなう道なれ
罪深く 如来をたのむ身になれば法(のり)の力に 西へこそ行く
法(のり)を聞く 道に心の定まれば 南無阿弥陀仏と唱えこそすれ

和歌に詳しいはずの教光住職であったが、この三首の和歌の意味が全然理解できなかった。
そこで教光住職は落とし主の本願寺蓮如に歌の意味を聞きに行った。蓮如はわざわざ聞きに
来てくれたことを喜び、丁寧に歌の意味を説明し、ついでに親鸞聖人の教えも説いた。
 これがきっかけとなり、教光住職は本願寺蓮如の弟子となった。そして、佛照寺はこれ以後、
佛光寺派を離れて本願寺派へ鞍替えしてたのであった。
 



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    和歌の意味が分からない、という部分が不思議。
    蓮如は単に信仰心を素朴に歌にしただけっぽいし、
    仏教の細かい知識を前提としているわけでもなさそうだし。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    また寺が打ち壊しに合う話しかと思いきや、平和的併合でよかったという良い話

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    教光「その発想はなかったわ」
    ってことじゃない?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    おそらくだが、元々この和歌住職は鞍替えをしたかったんじゃないかな?
    で、それを知った蓮如がきっかけ作りのために和歌を落とした。「これ使って適当に理由作って会いに来い」と。和歌にした理由は和歌好きの住職なら和歌の内容だけじゃなくて「そもそも何故和歌を落としたのか」まで考えてくれそうだったから、とかで。

  5. 人間七七四年 | URL | I9hX1OkI

    南無阿弥陀佛と唱えれば衆生皆極楽往生という浄土真宗の他力本願成仏を理解してない他宗の僧侶だと和歌は理解出来ないと思う(笑)修行するから成仏出来るはずなのに浄土真宗は阿弥陀佛に皆救われる事になってる(笑)だから本来退者無限地獄なんて有り得ないんですが(^_^;)ちなみに私は浄土真宗

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7147-5223d4da
この記事へのトラックバック