FC2ブログ

松本金次郎「武士たる者の真の勇とは」

2013年01月03日 19:55

947 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/02(水) 20:30:16.85 ID:mctkPQt/
徳川家康の家臣に松本金次郎という者がいた。
容貌はさながら婦女子のようで言語もとても柔和であった。
そのためか人々からは武人としての資質も無いと侮られてた。
当の金次郎はその事をまったく意に介さず、時に微笑むのみだった。

小牧・長久手の戦いの際に金次郎は朱柄の長槍を持って従軍した。
それを見た人々は互いに顔を見合わせて笑った。
朱柄は、数度の激戦に臨んで
敵の鮮血で槍の柄が赤く染まる程の武功を挙げた勇士にのみ許される。
しかし金次郎にはそんな武功などない。
衆は嘲って言った。

「やれ女武士が妄りに朱柄の長槍を提ぐなど笑止笑止www」

しかし金次郎はまったく聞こえぬ顔して徐に先陣に出た。
両軍が戦い交えると、金次郎は単騎で敵陣に躍り入り
縦横奮撃に敵将を斬り、敵兵を数知れず倒した。
敵軍は金次郎の戦い振りを見るにつけ圧倒されその後挑む者も無かった。
金次郎は馬首を返してゆっくりと自陣に戻った。

その夜、金次郎は同僚に言った。

「武士たる者の真の勇とは、戦場においてのみ用いるものでしょう。
酒席や日常の席でささいな武勇を誇ったり、奮然とした相貌を装ってみせたりするのは
付け焼き刃たる勇に過ぎませんよ。
人には各々得意、不得意があります。
座上で勇を誇り席上で威を張るような事は、私には不得意なのです」

金次郎の言葉に一同は粛然とした。

(『武人百話』)




948 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/02(水) 21:36:49.60 ID:iFixbaTi
母里友信「槍は酒の席で獲るものぞ」

949 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/02(水) 21:52:56.63 ID:FXzR3J1h
少女マンガに出てきそうなイケメンだな

950 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/02(水) 23:03:28.15 ID:oblQ8CwN
金次郎さんマジかっけえー
人は見かけで判断してはいけないな…

951 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/02(水) 23:28:01.04 ID:GzmTvva5
        ※    ドドド・・・


       \●/
         ● X ●   ドドドドドド・・・・・
       /●\



      \. .●. ./
       \  /
      ●   X   ●   ┣¨┣¨┣¨┣¨・・・
       /  \
      /. .●. .\

952 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 05:41:03.30 ID:pGc6Ni5S
信玄「どれ我が軍に入ってみないか?」
義隆「厚遇するぞ」

953 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 07:28:32.36 ID:5sy3ZBGG
むしろ「後遇するぞ」だろう

954 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 11:23:07.61 ID:r60mrVNy
>>947
・・・惚れた

955 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 11:25:40.80 ID:0vjAze3/
どっかの姫和子さんの初陣を思い出す

956 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 13:05:57.01 ID:5jJ7nO0i
こうして見ると、小牧・長久手の戦いって徳川にとって
ものすごく収穫のある戦いだったんだな

井伊、成瀬といった次の世代を担う若者が軒並み活躍している
これでスムーズに世代交代ができるようになったのかな

957 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 13:11:04.77 ID:fu8J2+ng
小牧長久手みたいな乾坤一擲の戦いでそういった若手を抜擢しているんだから、家康も勇気あるね。

958 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 13:25:08.01 ID:XLLsn5J4
ベテランから若手までフル活用しなければいけないほどの激戦だったという事かも

960 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 15:17:18.79 ID:tF0oBGzS
>>947
直政「敵の鮮血で赤く染まる程の武功って某の朱具足のことだな」

>>952
金次郎「なんか心底、徳川で良かった、私…」

961 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 15:19:59.65 ID:fu8J2+ng
徳川家は井伊直政と言い、意外と美形の家臣がいるな。水野勝成もイケメンだったらしいし。

973 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/04(金) 01:12:04.21 ID:OEGQPqs9
>>960
長可「ならわざわざ赤色の具足なんか着けずに黒でいいじゃねぇか」
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    松本金次郎さん、実在するのかな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    徳川の家臣に「金次郎」という人物は実はかなりいるし実在するでしょ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    手柄ないのに朱柄の槍もっていいのか?

  4. 人間七七四年 | URL | dHDL/D36

    水野勝成はイケメンでも大内さんも武田さんもいらないと思う。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    小牧・長久手は世代交代の戦いだったね。
    忠次とか数正は抑え、大久保鳥居は国許で実際戦ったのは徳川三傑だった。
    この点で秀吉と比べずにはいられない。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    この戦いの後に秀吉が忠勝、直政、康政の3人を称して徳川三傑と名付けたんだよね、確か
    ここに出てくる金治郎さんは朱柄の長槍を持っていたというから
    井伊隊の与力だったかもしれない

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    井伊直政の場合は欲しくててかっさらって来たら寝首をかかれそうだな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    しかしろくに武功もないのに朱い槍持ってきた奴に大暴れされるって、羽柴勢赤っ恥?味方にも武勲が知られてないくらいだから敵軍が知ってるわけないか。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    忠次は羽黒で大活躍してますが

  10. 人間七七四年 | URL | -

    あーかやーりかーついだきーんじろうー♪

  11. ぐぬぬ 心までイケメンとは……。もはや嫉妬するほかない。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >容貌はさながら婦女子のようで

    半兵衛「呼んだ?」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    この時代の婦女子のような容貌とはイケメンとはまたちょっと違う気がする
    ここでも侮られているし半兵衛も顔に小便を掛けられたし

  14. 人間七七四年 | URL | -

    腐女子でないだけマシだろう?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    先祖の話も出て来てないから、朱槍は自分で用意したんだろうね。
    多分腕前に自身が有るから、此度の戦で手柄を上げようと言う意気込み
    を見せたかったのかもしれない。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    米13
    俺は尊氏の弟を連想した>イケメン
    チラ裏スマソ

  17.   | URL | -

    徳川家康の家臣というからには直参なんだろうけど、
    勝手に本隊を抜け出て諸隊を掻き分けて先陣に踊り出し、
    首級を持って帰れるもんかね(家康からの労いも無いし)。

    まぁ、普段から虐められていたので自暴自棄になり、
    許可も無しに朱槍をしつらえて敵陣に突っ込み、
    めでたく武勲を得られたということか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7172-47bd5d99
この記事へのトラックバック