FC2ブログ

北条氏綱、小弓公方足利義明への対応

2013年01月13日 19:24

82 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/13(日) 17:48:04.14 ID:TalaATdP
上総の真里谷武田氏は原氏や千葉氏に負けてばかりであった。
そこでこの状況を打開せんと、古河公方高基の弟・足利義明を大将軍として
軍兵を催した。

この義明は累代武将の家に生まれ、心はどこまでも大胆でおそれを知らず、
力強く骨太で武器に熟達した当代無双の英雄である。

そのため、上総・下総・房州の辺りで管領に背いた輩は一人残らず馳せ来たり、
義明に従った。その勢いは近国を覆い、三年の間に原氏は敗れて小弓城を
奪われた。

その後、高城越前守父子を討ち取り同下野守を追い落とし、原野次郎をも
討つと、近国の兵共は我も我もと群がって付き従った。安房の里見氏は
猛勢の大将であったが、何を思ったかこれもまた義明に従った。

義明は血気無双の人なので、やがては関八州をその手にし古河公方を
配流して鎌倉に御所を立て、関東の公方になるという野心を抱いていた。
彼はこの志を公言することを思いとどめようとしても、すぐに表情に出して
ほのめかすので、付き従う血気の若者たちは皆その願いが叶うようにと励んだ。

そのような情勢だったので古河公方に一味する人々は心穏やかではなかった。
北条氏綱も足利晴氏の舅なので内心苦々しく思っていたが、大敵の上杉と
敵対していたので義明とは無事を保ち、互いに使者を交わして捧げ物を送る
こともあった。これも一時の智謀である。

――『異本小田原記』




83 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 08:21:17.84 ID:GvNXoUuS
ええ話や・・・って、どこがやねん!

84 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 09:06:25.84 ID:FuS3BPN2
足利義明でググると義昭のウィキペディアが一番上に。
変換間違いだと思われてるんだろうなあ

85 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 09:32:02.13 ID:u4eFfa2J
義明公は脳筋で里見に呆れられて死ぬんだよなあ
そしてそんな義明公の奮戦する錦絵が船橋の図書館にある(はず)
自分の嗜好で図書を入れたり捨てたりしてたおかしな司書がいたとこだからなあ
いまはどうなってんだろ

86 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 14:49:24.97 ID:HqULihVI
名前で検索すると地球皇帝の件ばかり引っかかる、
二代目堀越公方様と良い、マイナーどころはどうしてもなぁ

87 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 15:58:06.00 ID:2ox1t7MA
>>86
元ネタの人物しか知らない人が見たら吃驚するだろうなぁこれ

93 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 23:59:12.34 ID:zA74Q8MM
>>85
あれって船橋市だったのか
考えたら怖くなってきたw

95 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/15(火) 20:41:34.42 ID:L75Ix7Q/
>>93
市川・船橋って近代でも戦場になってたぞ、地味に
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    (自称)小弓公方の誕生ですか。

    でもこれ、高基さんがあちらこちらと不和になってるから
    、この行動からも隙が多い人だったのかも?

    >里見氏
    >何を思ったか
    でも結局結果を見ると、利用するだけ利用して見捨てる感がある。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    武勇に秀で、大軍を率いても討ち死にするんだから、なんというか、もうねぇ。
    それでも、足利氏じゃここんちだけが、江戸時代に大名やってんだから、ますます世の中わかんないもんだよ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    環俗した足利を立てて勢力を拡大しようとした織田と真里谷。
    一体どこで差が付いたのか

  4. ※3
    将軍家と、分家の分家の格を比べりゃ、担ぐ効果もそりゃ違うんだろうな

  5. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    その約30年後には二条御所で将軍が無双する、と
    足利からはたまにとんでもないのが生まれるから困るw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    俺んち小弓城のお堀跡の真ん前だわ、一切関係ねえけど

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    籤引き将軍に引き籠り将軍、剣豪将軍、空気将軍、そして最後は文通将軍...
    確かに足利将軍家は極端な人が多い(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7199-5546805e
この記事へのトラックバック