FC2ブログ

イチョウの漢字を御存じないのか?

2013年01月28日 19:52

317 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/27(日) 20:14:38.40 ID:awzvNXJe
1525年、六角家臣・蒲生高郷(氏郷の曽祖父)は、
当主の座から追った甥・秀紀を毒殺した(http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-1276.html)。

蒲生氏は京の将軍家とも関係の深い家だったため、秀紀毒殺について将軍家から六角氏に追及があり、
六角義賢(※)は毒殺犯の僧・善知客を捕え、五十五度もの拷問にかけ真相を白状させようとした。
しかし僧は拷問に耐え抜き、自白しないので処刑するわけにもいかず、
とりあえず獄舎につないでおいた。

しばらく後、義賢は銀杏の紋の入った鞍を他国へ遣わそうとしていた。
しかし担当の者は無学だったので、漢字でイチョウをどう書くのか知らず(送る物の品目を書く
必要があったのだろう)
更に周りの者共にも聞いてみたが、誰一人その漢字を知る者はいなかったのである。

「ま、まさか仮名書きで書いて送るわけにもいかないだろ…どうすりゃいいんだ…?」

どうすべきか話し合っていると、獄中の僧がこれを聞きつけ、
「イチョウの漢字を御存じないのか? 銀杏と書き、鴨脚という異名もある。」

と教えたので、義賢は「良いことを申したものだ。これで今回は恥をかかずに済んだ…」
と深く感じ入り、僧を助命したのであった。


(蒲生軍記)


(※)原文では義賢だが、義賢は1521年生まれなので父の定頼の間違いのはず




318 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/27(日) 21:08:09.76 ID:GK/Zq8Q+
結局、毒殺の真相はどうなったんだ?。
それにしても55回の拷問に耐えるってのも凄いな

319 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/27(日) 21:39:54.17 ID:nTGBlkvA
>>318
良く生き延びたよな
それとも僧侶相手だから直接痛めつけない拷問だったんだろうか

寝かさないとか

320 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/27(日) 22:11:07.94 ID:fsrXLPkh
クッションの刑とか安楽椅子の刑とかの恐ろしい拷問を…

322 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/27(日) 23:52:34.90 ID:ZU0288WA
当主毒殺の疑いがあるので僧を拷問することにした。
他人の目に触れるとまずいので家に連れ帰る事にする。
嫌がる僧を風呂場に連れ込みお湯攻め。
充分お湯をかけた後は薬品を体中に塗りたくりゴシゴシする。
薬品で体中が汚染された事を確認し、再びお湯攻め。
お湯攻めの後は布でゴシゴシと体をこする。
風呂場での攻めの後は、全身にくまなく熱風をかける。

その後に、乾燥した不味そうな塊を食わせる事にする。
そして俺はとてもじゃないが飲めない白い飲み物を買ってきて飲ませる。
もちろん、温めた後にわざと冷やしてぬるくなったものをだ。

その後は棒の先端に無数の針状の突起が付いた物体を左右に振り回して僧の闘争本能を著しく刺激させ、
体力を消耗させる。
ぐったりとした僧をダンボールの中にタオルをしいただけの質素な入れ物に放り込み
寝るまで監視した後に就寝。

323 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/28(月) 00:00:35.99 ID:WtrO6cYH
>>322
井伊直孝、島津義弘「まさかおぬし、そのような拷問を猫に対して行なっているのではあるまいな」

324 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/28(月) 01:02:22.84 ID:c1txSWuX
僧の玉を抜くとき聞いたところ
お湯攻めの後は熱風ではなく冷風がお勧めだそうじゃぞ。
でも冷風だと捗らないんですけど。

325 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/28(月) 01:27:02.00 ID:lbee8xBg
>>324
>>僧の玉を抜くとき聞いたところ

それが一番の拷問や(; ;)
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代の識字率からすれば、かなでも全く問題ない気が。
    「銀杏の鞍……ぎんあんずとは大層な宝物に相違なし。その鞍とは何だろう」
    「倉のことだろう。倉ごと贈るとは、上方の豊かさは聞きしにまさるな」

  2. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    ※1
    他所に対しては見栄を張りたくなるものですし

    ただまぁ、漢字で書ける人が名門六角家にすらいないなら他家にもいなそうではある

  3. 人間七七四年 | URL | -

    話が違うけど、銀杏の学名は、面白い経緯をたどっている。
    ぎんなんは、銀杏の読み方である「ギン+あんず」がなまってぎんなんになった。
    さらに、これを「ぎんきょう」と音読みする場合もあった。
    ところが、これを日本経由でしったドイツの植物学者のケンペル(「日本誌」の筆者)が、ginkyouをgingkoと間違えて、記録してしまったところ、のちのち銀杏の英語名がgingkoになってしまったとか。
    で、銀杏の学名もGinkgo bilobaという。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    こんな所でネコ虐待コピペの改変を観るとは・・・

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    更に話が逸れるが、英語で醤油が『soy sauce』になった由来の話思い出した

    ※4
    天庵様「ぬこはだいじに、精神で行こう!」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉「俺ぐらいになると当て字で全て解決」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    当て字のお蔭で読みが解る事もあるから
    ありがたい側面も

  8. 人間七七四年 | URL | -

    全登「私も、誰か当て字で残してくれていれば後世の方に正確な読みが伝わったのに…」
    護良親王「涙拭けよ…」

  9. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    伊達政宗で有名な伊達も、正しい読みは「いだて」だしね。
    ローマ法王宛の書簡にもローマ字で明記されてるし、
    少なくとも明治頃までは「いだて/いだち」と読んでいた。
    どういう理由で略すようになったかは知らんけど、これも日本語の乱れだね。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    米3
    単に字が汚くて、
    Ginkyo→Ginkgo
    となったって聞いた
    まえの家康(ジチヤス)じゃないけど、日本人の固有名詞とかで、
    宣教師の字の解読に失敗したケース多そうだ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    言語学でいう語頭消失現象で説明はできるけど、それまで普通にそう声に出されていたものが明治以降になって急に消えたっていうのは不思議だよな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    イチョウは中国南部を原産としており、葉が鴨の脚の形に似てるから鴨脚、カタカナで発音を書くとイーチャオと呼ばれた
    その後長い時間が経って銀杏という漢字にギンナン、イチョウの両方の読みをあてる事だけが残ったと目がテンで見た

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※11 想像でしかないけど,電話orラジオといった音声通信が原因かも 東西問わずフォネティック・コード(イロハの「イ」的な)があるぐらいなので,消失しやすくなる環境になったのではないでしょうか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7245-a4edd70e
この記事へのトラックバック