FC2ブログ

秀安は忠家の気質をよく知っていたので

2013年01月30日 19:50

222 名前:人間七七四年[] 投稿日:2013/01/30(水) 07:46:43.69 ID:ro4mP+NL
ある時、宇喜多忠家は直家の家老・小野田四郎右衛門を討ち、これに直家は激怒した。
忠家は怖れて居城・富山城(とみやまじょう)に引き籠り、直家の呼び出しにも応じないため
もはや叛意は確実と見られた。
ここで岡家利・長船貞親らは日頃忠家と仲が悪く、これ幸いと直家に討ち果たすべしと讒言した。
戸川秀安は忠家の乳母の子だったのでこれを嘆き、某にお任せくだされと願い出て
富山城へと向かった。

富山城に着いた秀安だが、説得など一言もせず城攻めの用意を始め、
仕寄を設け井楼を用意し、これでもかと城攻めの気勢を見せつけたところ、
忠家はこの勢いに恐れをなし、起請文を出して降参してしまった。
これを秀安がうまく取り繕ったので和睦となったのである。

秀安は忠家の日頃臆病な気質をよく知っていたので、こんな方法を取ったそうだ。

(戸川記)


戸川秀安、無言の脅迫で乳兄弟を救ったいい話。





224 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/30(水) 08:58:32.27 ID:7XZCZzFN
・・・で直家に詫び入れるときは鎖帷子を着込んで登場ってわけですね

227 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/30(水) 21:43:21.71 ID:4c/Ysv3g
戸川△
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    宇喜多忠家「この伝説のくさりかたびら+2(AC3)があれば、兄者の前でも安心安心!(震え声


  2. 人間七七四年 | URL | -

    前々から、暗殺するほうがその気になれば屁のつっぱりにもならんのに、何故鎖かたびらなんぞ着てるんかなぁと思ってたんだ
    単に臆病なだけだったか……
    あの直家の下でここまでやっといて天寿を全うしたんだから、有能ではあったんだろうが

  3. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    (●∀・)「お互い不出来な弟がいると苦労するな」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    持つべきものは出来た乳兄弟ですね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    長可「本当に、弟には苦労させられるよな」
    忠興「不出来なのが妹でも苦労しますよ」
    悪久「うちは兄貴の方がアレでしてね…」

  6. 名無しさん | URL | -

    何が原因で家老を討つことになったんだろう
    家老なんだから
    この長船戸川岡花房とかに準ずるくらいの地位にはいただろうに

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    小野田って、どういう位置づけなんだろうかとググってみたら

    忠家さんは、このときも着籠してて脇差で反撃されたのに
    薄手だったとかいう話が出てきたw

  8. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    ※7
    忠家さん、兄に会うときのみならずいつも鎖帷子だったんじゃ…

  9. 人間七七四年 | URL | -

    つまり・・・忠家さんはロックな人だったと

  10. 人間七七四年 | URL | -

    なんだろう…この稲富臭はよ!重装で着込むところとかソックリだし

    どちらも後世に、名を残した一角の人物であるのは間違いないのに
    末世のーこの時代の人々の中では 血の通った生々しさ が半端じゃねーよ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    臆病ねぇ。その臆病な性格の人物が謀略大好きなお兄ちゃんの元で
    ずっと支え続けて、甥の変わりに総大将として出陣したりするかね?

    家老を切った割には話題にも出て来ないし、後世で誰かの間違いでは?
    と思ってる。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    宇喜多は一次史料が少なくて軍記物ばかり残ってるから実際の所は謎ばかり。
    家臣間の書状とか地道に積み上げてくしかないだろうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7250-a0e53e62
この記事へのトラックバック