FC2ブログ

津野親忠謀殺

2013年02月03日 19:00

387 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/02(土) 20:04:25.15 ID:Yp8Hd7hg
関ヶ原の敗北から土佐に帰り着いた長宗我部盛親は、家臣を集め、家康への謝罪のための上阪について相談した。

「とにかく大阪に上がると決めた上は、片時も急がなくてはならない。
供の人数が多いのは良くない。士が80人ほど、雑兵180人ほど、日限は10月1日である」
と決定し、皆その準備のため退出しようとしていた所、久武内蔵助(親直)が進み出て申し上げた

「今度大阪に御上りされるのなら、その前に津野殿(津野孫次郎親忠)を殺されるべきです!
何故かといえば、津野殿は藤堂和泉守(高虎)殿と御入魂であり、今度我々が反逆に与したのを幸いに、
土佐のうち半国は津野殿に宛てがわれるように、取持ちをすること疑いありません!
その時になって後悔しても後の祭りです。急いで孫次郎殿を謀り呼び寄せ、詰め腹を切らせるべきです!」

これを聞くと盛親は顔色が変わり
「これは内蔵助の言葉とも思えない!この盛親は庶子ではあったが、長男の弥三郎殿(信親)は討ち死にされ、
五郎次郎殿(香川親和)は不幸にして早死され、孫次郎殿は他家を継がれていたために、私が家嫡となったのだ。
これは、実際には亡き父上の、私に対して慈愛が深かったためである。

それに、今回謀反に与した上は、公儀よりの御赦免はただでさえ計り難いものである。
その上に津野殿に腹を切らせては、重罪を逃れることは出来ない!
この事が、例え露見しなかったとしても、兄を殺して自分の身を立てるなど、出来るものか!」
そう苦々しく言い捨て、これには久武も、返す言葉も無く退出した。

ところが久武内蔵助は自宅に帰って思案し
「今回の私の進言が津野殿に聞こえれば、きっと深く恨まれるだろう。そうなっては、どんな事をされるか
解ったものではない。よし、たばかって討ち取るのだ!
盛親公とて今はあのように言っているが、いざ所領を分割されれば必ず後悔するだろう。
しかし、私一人でこの事は出来ない。」
と、かねてから親しくしていた津野藤蔵を急ぎ呼び寄せ、暗に自分の計画を伝えると藤蔵も同意し、
この事は時間をかけてはならぬと、その場から津野親忠の元に、盛親からと称して直に使いを立てた。

使いは「今回の(関ヶ原での敗戦の)件に関して、ご相談したいことがあります。
赤岡にてお待ちしておりますので、どうか急ぎお越しください。」と伝えた。

これを聞いた津野親忠は、「家の安否はこの時である」と、取るものもとりあえず手勢少々を引き連れ
赤岡に向かって急ぐとこにに、久武内蔵助は人を遣わして、先ず岩村の吉祥寺に入るよう伝えた。
一行がここでしばらく休憩していると、久武と津野藤蔵が数百騎を引き連れ押し寄せた。

「土佐守殿(盛親)の仰せである!孫次郎殿、急ぎ御腹召されるべし!我ら二人、御介錯のため罷り越しました!」

この突然の自体にも。津野親忠は少しも騒がず
「一体何の罪によって、この親忠を謀り寄せて、討ち手を差し向けたのか!?
血の繋がった兄を殺して、自分が安泰になどなれるものか!天罰たちまちに来て、すぐに思い知るであろうよ!」

そう吐き捨てて直ぐに切腹しようとするのを郎党たちが押しとどめ
「これはなんと口惜しいお振る舞いでしょうか!?何の罪で、おめおめと御腹を召されるとのでしょう!?
ここは寄せ手の奴原を追い散らしてやるべきです!」そう、打って出ようとした所、津野親忠

「お前たちの志は誠に神妙である。だが、もはやとても逃れられぬ状況だ。
この親忠は自害する。だがお前たちは、何方へも立ち退き、妻子を養ってやれ。」
そう言うやいなや腹を十文字に掻き切った。

これを郎党の久松源蔵が介錯し、その太刀を持ち直し、自分の喉笛に突き立て、主君の死骸にうち重なって死んだ。
津野親忠、享年29歳。戒名は教山寺雪庭宗筝と号した。これにて、土佐津野氏の正統は18代にて
断絶したのである。

この久武内蔵助親直の父・肥後守則義、兄・内蔵助親信は、性格柔和にして、信頼厚く
忠義を専らにし、主君の不義を諌め佞奸を退けたため、人々は皆彼らを敬ったというのに、
今の内蔵助親信は、親にも似ず兄とも違い、奸佞にして邪智深く、人を滅ぼし身を立てようとする人物であった。
このような悪人が威を振るえば、どんな事が起こるのかと、心ある人々は嘆いていたが、
彼は蓮池、此江山を始め武功の者たちを讒言し、今またこのような悪事を行って、
結局は長宗我部家を滅ぼしたのである。
(土佐物語)




388 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/02(土) 20:11:10.62 ID:NAZeXtiQ
そういや盛親って、無位無官だよなぁ

389 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/02(土) 21:18:44.06 ID:7eErHXlA
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4870.html
この逸話?
長曾我部宮内少輔と書かれているが

390 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/03(日) 01:19:56.57 ID:lidqeqCk
いや元親は正式に叙任されてるけど、盛親は自称でしかないんだよ。

391 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/03(日) 08:01:01.44 ID:wW0No1gv
豊臣政権下の国持大名が無位無官って不思議だね?

392 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/03(日) 09:37:06.73 ID:EVY1IRcA
実効支配を黙認されてるだけで正式な承認は受けてなかったんじゃ

393 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/03(日) 09:44:22.58 ID:Rvo8ZQwG
代替わりでゴタゴタがあったんだっけ
確か秀吉が元親の後継者として指名したのは他の人物だったとか

394 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/03(日) 10:58:27.33 ID:lidqeqCk
軍役は慶長の役を含めて一貫して土佐侍従(元親)宛に出されてる。

元親の死去が秀吉死後だから、ゴタゴタしてたんだろうなぁ
領知宛行状も出てない筈だし

395 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/03(日) 11:01:07.97 ID:sbncRgEz
豊臣政権下は武家官位が重要視されてたということだから
前ちょっと出てた公家成、諸大夫成とかいうのだよな
国持大名でありながら諸大夫成でもなかったのか

396 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/03(日) 11:30:16.01 ID:lidqeqCk
世子が元服した時点で諸大夫成するのは、清華として扱われてる家くらいかと

397 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/03(日) 11:36:10.14 ID:lidqeqCk
間違った。清華は元服した時点で公家成だな。

398 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/03(日) 11:40:50.34 ID:sbncRgEz
>>397
誰がいるの?

399 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/03(日) 12:22:24.68 ID:lidqeqCk
>>398
徳川秀忠、宇喜多秀高

微妙な例としては、毛利秀元が秀吉に輝元の後継と認められた時点で侍従になってるのと
前田利長が前田家が清華になる前に侍従になってる。


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この人物本当に評判悪いですね。津野さんだけでなく、吉良親実さん
    の死にも関わってるから更に悪者扱いだし。

    ただ、もし本当に父兄が「用いちゃ駄目」と言う進言してたのなら、
    結局この人物を重用した主家の責任でも有りますね。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    あれ?これって謀殺されたのって津野さんの方だよね?
    でもタイトルが香川さんになってるけど・・・早死にって
    ちゃんと書いてあるし。どう言う事?

  3. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※2
    うわー、こちらのミスです。直しておきましたー

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    実際には元親の命令を忠実に執行していた有能な官僚なんだけどねえ。
    長曽我部の家臣団も元親に文句言えないから、必要以上にこいつに対して
    バッシングしている部分がある。まんま梶原景時やね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    劉備「いいか、馬謖を使うなよ」

    孔明「よーし、馬謖、任せたで!」

    王平「・・・・・・・・・」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    長宗我部盛親が無位無冠なのは実は豊臣政権が長宗我部盛親の家督相続を認めておらず、
    元親死後は実質的な国主に過ぎなかったって話もあるよね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    なぜ認めなかったんだろ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >1より
    米4・5両氏
    そうなんですよね。
    この逸話の進言をどう言う形でしたのかは、確かに物語や逸話内でしか伝わらない
    から、余計に回りは内蔵助さんに罪を着せたがる。

    登用して大役押し付ける癖にババを引かされるのは実行役ばかり。
    汚れ役をする側としては、主家の後ろ盾が有ればこそですしね。

    内蔵助さんも、戦で渡河のタイミングを進言したり戦でも活躍してる。
    本当に評判の悪いだけの人なら、加藤家も千石なんて大禄出さんでしょう。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    信親が討死した時に、二男の香川親和が相続するよう朱印状を出したけど
    元親が勝手に盛親に継がせたかららしい。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    本文最後の段、親信と親直が逆になってるぽ

  11. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※10
    ご指摘ありがとうございます。直しておきましたー

  12. 7 | URL | -

    ※9
    ありがとう
    元親も子の好き嫌い激しいよなー
    秀吉に対する反発もあっただろうがそれで盛親に官位が与えられないんじゃな…

  13. 人間七七四年 | URL | /uHYxkhw

    まあ人間だから自分の子供でも好き嫌いはあるのかもしれないけれど、それ以前の問題として長宗我部家の場合次男三男は他家に養子に出してるんだからその時点で長宗我部家を継がせるつもりは無かった訳で、こういう場合に家に残っていた末息子が家督を継ぐと云う事はそんなに珍しい事でもないんだよな。

    江戸時代だと当主より先に跡取り息子が死ぬ事もちょいちょいあるんだけれど、そういう時に跡取り息子に男子がいなかったら後継者は家に残っている(養子に行かなかった)息子から選ばれるし。
    養子に行った息子は実家の家督相続人の対象から外される事の方が多いから、長宗我部家の場合もそんなにおかしな選定では無いと思うけどな。

    武家の定法と云う点から考えると、豊臣政権の方がおかしいのでは無いかとは思うがね。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    香川氏は四国征伐の時点で改易されてるから、さほどおかしい措置でもないけど。

  15. 13 | URL | /uHYxkhw

    >>14

    確かに香川家は改易されてるけど、家が断絶した訳じゃない。
    香川兵部大輔・五郎次郎親子は天正十四年に長宗我部家から土佐國幡多郡山田郷一帯に所領を宛がわれたそうだから、大名家としての香川家は消滅したけど、長宗我部家家臣としての香川家は存在している(長宗我部家家臣として生き残ったとも云える)。

    香川兵部大輔の歿年は不明だけれど、戸次川合戦で討ち死にしたと云う説もあるので、もしそうならその時点で香川五郎次郎は香川家の当主になっている訳で、だとすると次男三男は家臣の家を継いで臣籍に降りた訳だから、部屋住の四男に本家を継がせるのは不思議でも何でもなく、筋としては通っている。

    まあもしかすると、将来を嘱望していた期待の長男を豊臣政権の命令で出兵した戦場でむざむざと討ち死にさせてしまい、悲嘆の内に暮れていた処に豊臣政権から頭越しに次男後継の朱印状が飛んで来たので、向かっ腹を立てて筋論の四男後継を押し通したのかもしれないけどね。
    次男三男は大坂に人質に出していた事があるから、豊臣政権としてはそっちの方が都合が良いと勘ぐった可能性も否定は出来ないし。

    まあ、後継者の選定は基本的に当主の専権事項だから、たとえ中央政府であっても当主の了解無しに後継者を指定するのは筋が違うよ。
    勿論当主に、此方の後継者を選ぶ様に圧力を掛ける(特に非公式に)事は往々にしてあるけどね。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    豊臣政権側からしたら嫡男信親が実質的な当主になっていたから次弟親和と三弟親忠を
    長宗我部家の実質的な嗣子として人質に出してもらってるわけで、信親が討死した以上、
    嗣子たる次男親和に朱印状を出すのは当然と思うわ。

    逆に盛親の相続を認めたら、じゃあ嗣子でもない(=家中での重要度が高くない)二人を
    人質として出していたのは何だったのか?って話になるでしょ。

  17. 13 | URL | /uHYxkhw

    >>15

    最上家だって清水家を継いだ三男を人質に出してるけど、嫡男の後継者に比定した形跡は見られないし、毛利家だって後継者は人質に出してない。
    真田家も人質は次男で長男の跡を継ぐと目されていた訳じゃないし、南部家も嫡男を人質に出した形跡は見られない。
    徳川家だって次男を人質に出してるけど後継者は三男で次男は後継候補から完全に外されてる。

    まあ、後継者の年齢や次男三男がいるのかいないのかといった諸条件に左右されるから、一概に言い切る事は出来ないけど、少なくとも次男三男が長男の実質的嗣子と見なせるかどうかは微妙だと思う。
    それに長宗我部家で嫡男が実質的当主になっていたと言うけど、二十歳を過ぎたばかりの嫡男が五十にもなっておらず病気でもない父親に成り代わって実質的当主を務めていたとは正直考え難い。十年後なら兎も角。

    跡取り息子を人質に出すとは限らない以上(一族や家老を出す事だって少なくない)跡取り息子が討ち死にしたからと云って人質に出していた次男三男が代わりの後継者になるのが当たり前と云う訳でもないし、ましてや次男三男は他家に養子に出している訳だから、後継者の選定は当主の専権事項だと云う事も踏まえれば、次男を後継指定の朱印状は豊臣政権の勇み足(と云うか正直要らざる差し出口)だと思うがね。

    仮に豊臣政権が次男を後継候補にしたかったのだったら、頭ごなしに朱印状を送りつけるんじゃなくて、当主にそういう風に奨める事から始めるべきだったね。

  18. 15 | URL | -

    ※16
    信親は実質的に当主だよ。四国征伐後は明らかに信親名義の書状が増えているし、
    何よりも信親討死→秀吉から朱印状が来るっていうのも、豊臣政権も実質的な当主として
    信親を認めていたからこそなんだから。

    徳川の後継者が秀忠に決まったのって1584年のことじゃなくてもっと後のことでしょ。
    それに最初から秀吉に臣従していた大名の人質と対立してた大名の人質の格は違うのは当然。
    そして秀吉に対立した上で臣従した大名、徳川、長宗我部、伊達、島津で見てみると、
    徳川→秀康は当時唯一元服していた男子で、最年長
    長宗我部→親忠は実質的当主で嫡男のいない信親の次弟
    伊達:秀宗は当時の政宗の唯一の男子
    島津:当主義久に男子がなく、久保は亀寿と縁組している
    と、全部が後継者と思しき人物を人質に出している。
    特に島津は義久の甥の中で一番年上の豊久じゃなく、後継者となる久保を出している。
    こっから見ても、親忠は暗黙の了解か明示的な指示があったのかは別として、後継者として
    人質に出されたと解する方が適切と思う。

    逆に「後継者の選定は当主の専権事項」ってのはどこで決まってるの?
    このちょっと後の江戸時代になれば幕府が認めなきゃ後継者として認められない時代になるし
    実際に久保死後の島津家に対しては秀吉の上意で忠恒に決まっているんだけど。

  19. 人間七七四年 | URL | UR59qzhU

    この親直視点から長宗我部の物語を描いた小説があったような

  20. 人間七七四年 | URL | -

    そう考えると人質にも出さなかった奴が後継者とはどう言うことだ、てなるな
    朝鮮征伐や秀吉死後のごたごたがなければ10年早く滅んでたかもしれないね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7263-79fa0126
この記事へのトラックバック