FC2ブログ

秋田氏の転封顛末・悪い話

2008年12月09日 00:03

136 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 02:02:09 ID:rPz5o/KT
秋田は初代の「女の子な安東愛季」スレで触れられたが戦後処理で鮭様にハメられたんだよな。

スレがまとめも無くて●なしではサルベージ出来ないが。



138 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 03:24:46 ID:kXxf3Sv8
一応言っておくが、佐竹は元々出羽では15~20万石を知行する予定だったのだ。

佐竹が転封されようとしていたとき、その噂を聞きつけた細川精神年齢三斎が、
本多上野介正純に意見した。
「佐竹は昔っからの武家だし、郎党も多いんだから、せめて出羽一国くらいは
あげたほうがいいんじゃないスか?(こう言えば俺の株もあがるかも知れねーぜ、フハハ)」
しかし正純は即反論した。
「アンタ出羽一国じゃ石高が常陸一国とかわらないじゃない、ばかなの?しぬの?」
「あ、やっぱりそうですよね。ホントはそう思ってたんス(´ω`)y─┛…おまえが死ね)」

時勢も変わり、知ってのとおり宇都宮釣天井トラップに引っかかった正純は
1622年に出羽国横手に流罪となり、捨扶持1000石を与えられた。
「こんなことになるんだったら佐竹に出羽一国あげとけばよかったス、馬鹿ス、死ぬス」
横手では日頃このように話していたという。
そして配流された15年後、正純は復帰することなく横手で死んだ。

いっぽう佐竹は、いつのまにか宇都宮に5800石を加増されていた。

つーわけで
秋田の所領である檜山郡(=近世の山本郡)と秋田郡(純粋な秋田郡のみと思われる)は、
佐竹の所領である秋田三郡(=檜山郡+豊島郡+秋田郡)と
仙北三郡(=中世の山本郡+雄勝郡+平鹿郡)とは違うのだ。
したがって、よく言われる秋田の所領「実質20万石」は全くの勘違いで、
佐竹の所領はもとの秋田、戸沢、小野寺等々所領を合わせたものなのだ。
よく佐竹は秋田の所領にそのまま国替えされたと思っている人がいるから注意な。



139 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 05:57:38 ID:MbQyu129
精神年齢ワロタw



163 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 22:24:01 ID:sRDzXhb5
>>136

慶長五年夏、会津討伐にそなえて奥羽諸侯が山形城に結集。
上杉攻めのため、最上義光を総大将とし誓詞血判を提出しました。
しかし急遽家康が反転し関西へ向かったと聞いた諸侯は、
血相をかえて自領へ反転、最上家はほぼ単独で二万の上杉勢を相手に
する羽目に。追いかけるぞと最上家臣たちは激怒しましたが、
義光は「いざとなったら逃げる奴らなんか当てにならん」と
追跡しませんでした。

秋田実季は「もう最上は駄目です」と徳川家臣榊原康政に書状を送信、
撤退の許可を得ました。
伊達政宗は「よーし独眼竜は日和見しちゃうぞー」と動かない。
それどころか味方の南部領で一揆をあおった。まあ、一応
伊達は援軍もちょっとは出したけれども。

だがしかし奇跡は起こった。最上家はなんとか上杉を退けたのです!

「あいつら…、よくも最上を見捨てたな。ゆるせねえ!」
やっと義光のターン、逆襲が始まります。まず義光は政宗が南部で一揆を
煽動していたかどうか聞かれたら「そうみたいですよ」
と幕府に返答! 政宗はなんだかんだで百万石のお墨付きをパーに。

そして秋田家反転を蒸し返し、さらに西軍・小野寺輝道との間に盟約があった
(最上と同盟して一緒に小野寺を攻めてるって)、
実季の手柄である城攻めは関ヶ原合戦以後(そんなこたーない)、
実季は上杉家臣の酒田城主・志駄義秀と密約があった(?)と密告したのです。

秋田家は焦って弁明につとめ、そりゃ嘘と誇張ばっかだからの最上家臣も
逆に質問されたとき答えにつまったりしてしまいます。
「一体どういうことなんですか?」
「こうなったら裁定で白黒つけようじゃありませんか」
そして江戸城での裁定の日を迎える…ところが!
当日家康と義光は鷹狩りに出かけていました。
こんなんで裁判もなんもあったもんじゃありません。
後日、秋田実季は常陸に転封が決定しました…。

まあしかし。最上家も関ヶ原合戦後一人勝ちしなければ、
あそこまで幕府に警戒されず、改易もなかったかもしれませんが…
歴史は皮肉です。




164 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 23:23:49 ID:MbQyu129
政宗自重w

165 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/08(月) 23:38:10 ID:8NBWkhFh
ちとやりすぎたな、最上
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    因果応報、悪銭身につかず
    最上は滅びるべくして滅んだんだな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    日頃の恨みを晴らそうとしたんだろうが、間違えたのは
    ①長男の殺害(親子の確執が息子の死によって解けた)
    ②家臣の内乱(中央集権の失敗)
    ③周辺国への配慮(関ヶ原の恨み)
    ④そして後継者の不確定(四男ェ・・・)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    いやこれは秋田の自業自得やろ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/730-b8bd4ed6
この記事へのトラックバック