FC2ブログ

大阪落城の原因は

2013年02月17日 19:26

619 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/17(日) 15:33:31.77 ID:ED2zy0Da
大阪夏の陣で大阪が落城したあと、逃亡していた長宗我部盛親も潜伏先の京都八幡の葦原で発見され捕縛。
その身柄は二条城へと運ばれた。

盛親はここで板倉伊賀守(勝重)の尋問を受ける。
そこで勝重は、このようなことを聞いてきた

「あなたはこの度の合戦において戦われた東国勢の中で、何れが最も軍功優れていたとお考えですか?
また、大阪方の敗北の責任は、誰にあったとお考えでしょうか?」

これに盛親
「東国勢では井伊掃部頭(直孝)の軍功を第一とすべきでしょう。
そして大阪の落城は、この盛親が原因です」

「あなたが?」

「はい。その理由ですが、あの八尾での合戦において、関東方の先手は藤堂和泉守(高虎)と井伊掃部頭、
そして大阪方は木村長門守(重成)と、この盛親でした。
長門守は掃部頭に当たり、私は和泉守と対戦しました。

私は見事高虎を討取り、秀頼公への忠勤に備えようと思っていた所に、長門守が不意に討死をしたためその部隊が崩壊し、
井伊勢が我々の横合いから攻めかかってきました。
このため、我が方はついに敗北したのです。

一陣が敗れた上、残党を無事に回収できなかったのですから、大阪方が敗北したのは、第一にこの盛親が
原因だったというべきでしょう。」

これを聞いた勝重は、大いに感じ入ったとのことである。
(土佐物語)





620 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/17(日) 18:43:03.58 ID:eP7uYQxR
「徳川の勝因は盛親を破ったこと!大阪の敗因は盛親が敗れた事(キリッ」の元ネタはこの話か。

621 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/17(日) 19:55:01.38 ID:RP78d43e
この後に粗末な食べ物を足軽からあてがわれ悔しがっていることを聞きつけた直孝が
盛親を座敷に上げて大名料理で饗応して感動の涙を流したという話があったな

622 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/17(日) 20:20:03.88 ID:i6W42d/S
良い,Come onのCome in

て言って呼んだんですね

623 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/17(日) 21:02:44.10 ID:aXxE8anV
>>621
盛親さん頭いいなあ

624 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/17(日) 21:48:30.80 ID:gc7ACnQo
暗に木村重成が悪いって言ってるようにしか見えない

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    武士はこれ位いさぎが良い方が格好良い!

  2. 人間七七四年 | URL | dSzIP0QA

    ※1 盛親は大坂の陣に参戦した時点で潔くはないような

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    それを言うなら大坂方全員そうだろうに?

    この逸話は相手を認めつつも自らの力量・自信
    を示してる事こそが醍醐味なのに。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    終わった後に結果を直視出来るかが大切、ということだろ。関ヶ原の三成にだって「勝敗は兵家の常。よくぞ挙兵した」みたいな評価を残した武将の逸話があったくらいだし。
    しかし、この盛親は自虐的過ぎる傾向は否めない…。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    実際に権現様から
    幸村を討った秀康の息子と直孝が第一の功労者として評価されてるからね
    まあ、ひこにゃんの方は本陣を突こうとした真田隊の横やいを突いて
    崩したことの方が評価されてんだろうけど

  6. 人間七七四年 | URL | -

    加増を受けたのは蜂須賀至鎮、藤堂高虎、松平忠明、井伊直孝。
    松平忠直は初花だけだから、評価は低かったのかも

  7. 15 | URL | -

    井伊勢と藤堂勢が出ていることからもわかるように八尾合戦は徳川方主力との戦いだったわけで
    劣勢の豊臣方は先手を破って出鼻をくじく必要があったし、1.2万対1.5万の戦いだから
    勝てない戦いじゃなかったにも関わらず敗北を喫したということを考えると
    盛親の自身(と木村重成)が敗因という評価は大きく間違っていないと思う。

    そして自身が敗因という苦い事実をちゃんと自己評価出来るのもすごいことと思うわ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    木村「よく読むと俺の悪口に聞こえるんだが」

  9. 人間七七四年 | URL | dSzIP0QA

    育ちがいい、って感じがする
    人格者だったんだろうなって思うわ。
    大名には向いてなかったんだろうけど

  10. 人間七七四年 | URL | -

    長宗我部と井伊って元親と直政の代から何かと関係が深いよな
    昵懇で有りながら浦戸一揆とかもあったし

  11. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば、関ヶ原後に長宗我部から井伊家の配下となって
    盛親と戦った人がいたような…

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    そう言うと、どことなく泳いで参った人とか駿河の蹴鞠ストとちょっとイメージ被るな…

    寺子屋の教え子との逸話のことも考えると、余計に胸が詰まるというか、何というか…

  13. 人間七七四年 | URL | -

    自分が敗因と言ったのは
    俺はそれだけの戦力を有していたんだという自負と誇りの現れじゃない?
    勝重もそこに感じ入ったんじゃないかと思う

  14. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    そもそもこれガイシュツじゃね?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7305-c43a5417
この記事へのトラックバック