FC2ブログ

「普尊」平井貞利

2013年02月19日 19:52

460 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/19(火) 14:57:33.00 ID:5xyDwjl/
赤松広秀の臣・平井備中守貞利は、主家の移封に従って播磨の龍野から但馬の竹田へ移ったが、
鳥取城の一件で広秀が自害に追い込まれ、赤松家が改易となると、故郷の龍野へ戻ってきた。

龍野赤松家の旧臣の中には、円尾孫右衛門横山五郎兵衛宗信片岡治兵衛など、龍野に残って
醸造業を営んでいるものがあり、
平井貞利もまた、醸造業「石橋屋」を開業したのである。

醸造業者となったとは言え、貞利は家康によって処断された大名家の旧臣。
役人がたびたびやってきては、赤松家のことを詮索していった。
しかし貞利は、他の者たちのことを慮って「赤松のことは存ぜず」としか答えず、
死ぬまでそれを貫き通したのである。
そんな彼はいつしか「不存」と名乗るようになり、戒名もまた、不存にちなんだ
「普尊」と付けられている。

なお、龍野赤松家の旧臣たちが始めた醸造業は、円尾氏が発明した淡口醤油によって
その名を轟かせることとなる。
また、片岡治兵衛の開いた「幾久屋」が合併等の変遷を経たものが、今のヒガシマル醤油である。





462 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/19(火) 20:15:05.31 ID:j/KRVdar
>>460
旧臣等はなんでみんな醸造業を営んだんだろうな。
ところで、ヒガシマル醤油って関西の方だと有名なの?

463 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/19(火) 20:38:02.16 ID:TN0rvxxE
>>462
ヒガシマルは全国シェアでもトップ5に入るメーカーだよ。
関西は、関東じゃあまり造らない淡口(うすくち)しょうゆの需要が多いしね。

464 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/19(火) 20:42:54.47 ID:2PJn0+PE
鴻池「醸造業といえば、山中鹿之介の子孫であるわれわれだろう」



スポンサーサイト





コメント

  1. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    おお、地元の話
    ヒガシマルのHPを見ると宮中から菊屋の屋号をもらったりしてるみたい
    この醸造業って酒だったのかな?それとも最初から調味料だったんだろうか?

  2. 人間七七四年 | URL | paD8j7Yc

    最初は酒だったけど、揖保川の軟水は酒造りには合わず、あまりいいものはできなかったみたい。
    反面、醤油を作るには抜群の水質だったのでそれがメインになっていったと、醤油組合の刊行物に載っとったよ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    現代まで代々と続いている事も凄い。
    まさに歴史を感じますね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >本スレ※464
    あんたとこは早い段階で酒造辞めて両替商になっているだろ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7309-e33e6f3e
この記事へのトラックバック